幸せ笑顔を作るアンチエイジングライフ研究所★栗山雄司

年中、健康食品やサプリメントの製造や販売に関わっている代替医療事業クリエイターのブログです。医療機関向けサプリメントを得意とし、エビデンス型の商品開発を重要視しております。健康メディア用コンテンツ提供、騙されない健康食品の選び方や競技空手・ボクシングの格闘オヤジ日記、新宿ランチ紹介も。

介護のない幸せ笑顔あふれる世の中を作ることがです。そのためには、アンチエイジングを意識したセルフメディケーション;予防が不可欠です。健康食品・サプリメントも重要なツールの1つです。
また、健康食品業界を良くしていくため、消費者を騙しながらゴミ商品を販売している健康食品を撲滅しようと奮闘中!

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーターとして、日々、健康食品・サプリメントを作ってます。
ビジネスでは市場創造を重要視しております

仕事のご依頼がございまいたら、弊社までお気軽にお問い合わせください。

ペナルティーリンク

4月のSEO対策の結果とセグメント強度

3月末に神(Google)の怒りで、弊社への取合わせが急に減ったのに気が付き、4月は、いくつかの施策を講じました。

1. 原料受託バンクからの被リンク外しの徹底
2. 原料受託バンク内での内部コンテンツの充実


結果、かなりアクセスが戻り始めました!

同時に、コンテンツの充実による間接的な影響として、既存顧客(主に受託加工工場)からの原料の問い合わせが増えました!
実は、これが一番ありがたいです。

一方、OEM問い合わせは、落ちたままです。
理由の1つは、顧客セグメントも強めたためです。
既存で抱えている案件も多いので、人的キャパとの関係です。正直、ここまでセグメントの効果が出るとは思いませんでしたが、小さ過ぎる案件は減りました。

最小ロットを理解せずに問い合わせされ、見積りやインタビューの段階で求めるロットが合わないことに気が付かれて、レスがなくなるということもなくなるので、無駄な業務が減り営業効率が上がるので、それはそれで良かったのかな?と思っております。

そして、土曜日、残っていた最後の調整を行いました。
結果、弊社の原料受託バンクでのページは、こうなっています。

1F30A1BF-46C9-4E8E-ADD5-2E958B2114E0

さて、何が変わったのでしょう?
見た目だけでは、わからないです♪
でも、かなりの時間をかけて、修正しました。今後、資料を変更する度、資料のアクセスがリセットされてしまうんですけどね・・・まぁ、それは、仕方ない・・・。

この最終施策の結果は、今月末くらいには表れ始めるでしょう。
結果に期待したいと思います。

ちなみに、スマホで見た方が、原料受託バンクはスッキリに表示されることがわかりました。
PC(エッジ)でも、こんな風に表示されて欲しいなと思います。

24時間働き続ける営業マンのメンテナンス

Webページというものは、タイトルの通り、まさに24時間働き続ける営業マンです。

ただし、きちんと教育やメンテナンスをしてやらないと、全く働いてくれません。

教育というのは、サイトの作り込み。

メンテナンスというのは、SEO対策。


そして、先週、ちょっとだけメンテナンスをいたしました。

結果、早速、効果が表れたようです。
連休中も、OEMの問い合わせが3件。
本日も1件 ♪

まぁ、新しく設けられた設定を行っただけなんですが、その効果は大きいようです。
おそらく、Googleからのオーガニック流入が増えたのでしょう。

弊社サイトも10月頃から問い合わせが復活し始めたのですが、ペナルティーリンクの可能性があるものは少しづつ外し、弊社カンパニーサイトもタイトルを変えるなど、少しづつ改善を図っていました。

メルマガも影響しているのかなぁ。
思い出したように弊社サイトを再訪問される方もいれば、滞在時間次第ですが、必然的に上位検索されやすくなります。

何れにしても、とても良い兆しです♪

どのようにして改善したかの詳細は、企業秘密です。
でも、Googleで「アンチエイジング・プロ」と検索すれば、設定変更箇所がわかるようになっています。
また、原料受託バンクや本ブログの弊社サイトへのリンク先などもヒントだと思います。

これを機に、問い合わせが完全復活すると良いなぁと思います。
まぁ、ひとまず、一旦様子見です。続きを読む

情報サイトはスマホでアクセス、スマホサイトの導線に注意

年々の傾向の変化だったのかもしれないが、今年に入り、弊社サイトや本ブログのアクセスに大きな変化があることに気が付きました。
それは、ものすごくスマホサイトからのアクセスが増えているということ。
本ブログは、6割近くがスマホ。
過去の記憶では、2割前後だったと思います。

理由は、いくつもあると思います。
最も大きな理由は、Facebookからの繋ぎ込みだと思います。
今や、Facebook閲覧の多くはスマホアプリからだと思います。その影響が出ているのでしょう。

また、何だかんだで、ちょっとした検索は、スマホで行っちゃうことって増えたと思います。
世の中の変化です。

このようにスマホからのアクセスが増えているのであれば、弊社のスマホサイトの導線っているんだろう?って思い、早速チェックいたしました。

めっちゃ、導線が悪かった・・・。
スマホサイトに変換されたら、デザインが崩れてしまうことも多々あります。

これじゃあ、問い合わせはこないなぁと思いました。利便性も悪いから問い合わせまでたどり着けない!
そして、この修正したのは8月上旬。
その修正の効果もあって、9月には問い合わせ数が回復しました。

今の時代、スマホサイトも問い合わせまでの導線をしっかり作っておかないと、顧客獲得率が落ちてしまうんだろうと学びました。

みなさまも、一度、自社のサイトがスマホでアクセスしてみて、利便性が良いか?などをチェックしてしてみると良いですよ。

ちなみに、本ブログでも、見出し画像の設定をしっかり行っていくことにしました。
でも、まだまだ弊社サイトへの導線が悪いなぁと感じています。

こういった試行錯誤は、終わりがないですね・・・。

加えて、サイトへの滞在時間も大事だったりします。
便利なサイトというのも目指していかなければ上位検索されないでしょう。
そういった意味では、スマホサイトはまだまだです。
頑張って、良いサイトに仕上げていきたいと思います。頑張ります!!
仕事のガイド
30万アクセスを超える前のノウハウを凝縮したブログ記事ガイド
ブログガイド

SEOの関係上、弊社サイトへのリンクは外しました。弊社にご興味がございましたら、是非、Googleでアンチエイジング・プロと検索してみてください!
趣味のガイド
競技空手研究
国内外を問わない空手の動画の解説や練習方法、グッツの紹介など
今のテーマはヨーロピアン空手
>> 國際松濤館 若草支部


ボクシングシューズ&コンプレッションまとめ
オススメの1足・1着を紹介!

新宿ラーメンバナー
新宿にお越しの際は、是非、参考に!
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
著書&顧問先
ヘルシー&ビューティー4
ヘルシー&ビューティー vol.4でプロテオグリカンの記事を書かせていただきました。

秘密の赤ワイン
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。


弊社顧問 吉田先生ブログ

<わたしの顧問先>
クリニカメディカ/髪のクリニックSeed
Y'sサイエンスクリニック
顧問先Y'sサイエンスクリニック
プロフィール

博士(水産学) 44歳 富山県滑川市出身  (株)アンチエイジング・プロ COO 現 東京海洋大学卒 順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

営業は天職、通販化粧品会社や広告代理店での所属経験がある異色のコンサルタント。
博士論文は海洋プラスチックごみがテーマ。
プロフィール詳細は、カテゴリー最下段より。

カテゴリ別アーカイブ
サプリに対する想いです。初めての方は、是非、読んでもらいたいです! ブログガイド 健康食品業界に20年近くいると、時代の流れというものも強く感じます。サプリメントは、市場の成熟と共に役割や環境も変化しています。社会に貢献できるサプリメント道というものを必死に模索しております。

近年、儲け主義だけで社会的貢献意識やモラルがない会社さんが増えております。そういった想いより、真っ黒な広告で消費者を騙す商品は、許せない!撲滅したい!という気持ちも強いです。
そういった背景より、真っ黒広告の撲滅活動なども行っております。
アフィリエイトプログラム
本ブログは、Amazon アソシエイト・プログラムやバリューコマースを利用しています。オススメ書籍やスポーツ用品を示すのに活用しております。+マーケティング調査のためです。

良い商品はオススメしても、本プログラムで儲けるつもりはないため、スポーツ用品などは、Yahoo!ショッピングや楽天も含め、最も安いショップでご購入いただければ幸いです。
ギャラリー
  • アクセスと問い合わせ数から予測できる市場動向
  • 植物性葉酸と合成葉酸の構造の違い
  • Googleビジネスの閲覧数変動と特性
  • 原料受託バンク原材料ランキングから見えるもの2019年5月
  • マイクロプラスチックやプラスチックごみの問題
  • 真っ黒広告に対するFacebookとYahoo!の対応