健康食品サプリメント原料・OEM製造業界 生き残り術

健康食品サプリメントの受託製造加工;OEMや原料供給を行う栗山雄司(広告代理店経験のある博士マーケッター)のブログ。原料クリエイティブからの商品設計ノウハウ、最新研究データ、機能性表示食品、食品表示法・薬機法・景品表示法、中国を始めとした海外展開の話など

機能性食品素材で介護のない幸せ笑顔あふれる世の中を作ることがです。そのためには、素材の研究開発とマーケット創造の両方が不可欠です。
本ブログでは、その理想像を追い求めながら、その実践で得られた市場での生き残り術を紹介していきます。

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーターとして、日々、健康食品サプリメントを作ってます。
近年は、機能性表示食品にも力を入れております。

仕事のご依頼がございまいたら、弊社までお気軽にお問い合わせください。

ニコチンアミドモノヌクレオチド

NMNの原料・OEM製造の市場動向

現在、NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)の案件が増えています。やっぱり、レスベラトロールを取り扱う会社だからかな?
これは、仲間達と情報交換しても、間違えない市場動向だと思います。

そして、過去は、NMN原料の支給案件が多かったのですが、ここ最近は、原料調達まで依頼されるケースが増えてきまいた。
中国向けから国内向けにシフトしてきたかな?
販路はネット系が多いかな・・・。

市場における原料の競争も激しくなってきています。

実際、原料価格は、50万円/kg前後で流通しています。
この価格を維持できるのであれば、維持した方が良いでしょう。
まぁ、もっと安く仕入れて供給することはできますが、価格の下げ合いが起こるだけなので、原則、弊社は原料流通を行うつもりがないです。

弊社のOEMでは、いくつかの原料を使い分けしています。

もちろん、顧客のニーズに合わせて。
例えば、こんなニーズに分類できると思います。

国内在庫品で少しでも早く商品化したい
待っても良いから安く商品を作りたい


その他にも、正規通関された原料じゃなきゃダメなど、いろいろなニーズがあるため、そのニーズを聞き取るため、しっかりインタビューさせていただいております。
要望があれば、厚生労働省登録機関で原料の分析も実施しています。
CoA-NMN

そして、最も適した原料を選定して、OEM製造させていただいております。
(今後、時には、原料供給状況が変化し、顧客に原料変更の提案をするケースも出てくるでしょう。)

一方、いろいろ原料選定する中で、なかなか悩ましいのは、

興人ライフサイエンスさんの特許 に対して抵触するかどうか?と採用の判断。

なぜ興人さん?と思われる方も多いかもしれませんが、酵母由来のNMN原料の特許は、オリエンタル酵母さんではなく興人ライフサイエンスさんが取得されています。
いろいろあるのでしょう。

まだ取得されていませんし、なかなか製法特許は、証明することも難しいので、いろいろな面で優位性があり、輸入者の原料メーカーさんが特許に対するしっかりした見解をしめしてもらえないと採用できないかなぁ・・・と感じています。
じゃなきゃ、販売者のお客様に迷惑をかけてしまいますからね・・・。

発酵法の原料って、(通関時に開示しなきゃバレないけど)どうしても遺伝子組み換えの問題もあったり、判断が難しい。
原料の裏側を知っていないと、こんな心配をする必要もないのだが、いろいろな原料を取り扱っていて、裏側も知っている以上、採用ハードルも厳しくなる。自分で自分の首を絞めている感もある。

まぁ、いずれにしても、NMNの市場は、成長していると思いますが、どこまで成長するか?は未知数 の部分があります。
過去にも話しましたが、ブームが起こる前に、価格競争が激化するなど、アホなことも起こっていたりもします。

ちなみに、現在、NMNの案件は、調査も多いので、採用率が低い。
酵素の時と同じ。
こういった時は、必要以上に労力をかけない方が良いのでしょうね。

最後に・・・
このNMNに関しては、目立たず、こっそり儲けるのがポイントなのでしょうね!

弊社は弊社のスタンツで、上手くやっていこうと思います。

P.S.
弊社のNMNのページでは、体内動態や機能性について、文献情報付きで紹介しております。是非、参考にしていただければ幸いです。

おそらく、食品でもNMNを摂取していたり、摂取したナイアシンからも部分的にNMNに変換されているんでしょうね。


【追記】
どんな特許?って聞かれることが多かったので・・・
参考までに、興人ライフサイエンスさんの情報を以下のように抽出してみました。

β-NMN高含有酵母エキス
【請求項1】
次の理化学的性質を有する酵素を用いて反応させる工程を含むβ‐ニコチンアミドモノヌクレオチド含有酵母エキスの製造方法。
(1)作用:ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドをニコチンアミドモノヌクレオチドに加水分解する。
(2)至適pH:pH4.5~6.0。
(3)至適温度:45℃~60℃。
(4)由来:Rhizopus 属に属する微生物

β-ニコチンアミドモノヌクレオチド含有酵母エキス及びその製造方法
【請求項1】
β‐ニコチンアミドモノヌクレオチド含有酵母エキス。

その他、用途特許も出願され始めています。これは、発酵法に限らず、合成法の原料にも影響が出てしまいます。
これら特許の動向は、常に見守っておく必要がありそうです。

NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)が非医薬品リストに新規追加

先月末、食薬区分が改定され、NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)が非医薬品リストに新規追加されました。

「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質(原材料)リスト」 (令和2年3月31日一部改正)(PDF:544KB)

NRも一緒に入ったようです。

調べた感じ、製法に制限もなさそうです。
αリポ酸やカルニチンのように、合成工程があっても、問題ないのかな?という感じです。
この点は、その内、明らかになってくるでしょう。

まぁ、何れにしても、これでNMNの市場も価格が崩れ、安い商品も出回ってきそうです。



NMNの案件も増えてきそうです!

これで、グレーゾーンという点で、CBDという点で、少し差が付いたかな・・・。
まぁ、あえてグレーゾーンが良い会社さんも多いのですが。

こんな局面ですが、明るい話もあるものです。

コロナに負けるな!

p.s.
気が付くの18日もかかった。
行政の発表って、こんなもんです。
特に、コロナでバタバタでしたからね・・・。

NMN(βニコチンアミドモノヌクレオチド)の製造上の注意点

人気記事の状況を見ると、この記事にアクセスが集中していることがわかりました。
この記事だけ突出しています。


※嵩比重に関するより細かい情報あり

一方、この記事を見て、問い合わせしてくる顧客は少ないです。

食薬区分の改正を待っている人達も少なくないだろう。
一定のコンプライアンスで会社経営していると、未だ手を出せない。

現時点で正規輸入される原料を求めて来られるが、そんな原料、存在するはずない。

でも、こういった素材の場合、改正された途端、一気に商品化が進むため、過去の事例を見ると、儲からないビジネスへ変貌しかねない。

まぁ、原料コストも落ちている今が旬であることは、違えないだろう。

ハイリスクハイリターン

今中心になっている越境ECに限らず、法規制が及びにくいクリニックルートを含めたクローズドのマーケットから浸透していくものである。

さて、このNMNのサプリメントを開発する際、いくつかの注意点があります。
こんな感じ。

・試作費や分析分のコスト
・嵩比重
・差別化戦略


まず、価格は落ちたとはいえ、非常に高い原料なので、試作するだけでも、かなりのコストがかかります!
試作して栄養成分分析を実施するサンプル分だけでも、それなりの金額になります。

試作時点でコストがかかるので、いきなり、本製造を求めてくる客もいるくらい・・・。

一方、人気の記事でも紹介した通り、非常に嵩比重が軽く、ハードへのカプセリングが厄介な素材でもある。
ドリンクや錠剤などは、減衰が予測され、怖くて加工できない。

カプセリングの実績がある原料でも、ロット間での誤差が怖いのに、実績のない原料だと、非常に怖い・・・。

また、商品設計もよく考えないといけない。
1日1粒設計や2粒設計だと、バルクの最小ロットの関係上、最終製品としての最小ロットも大きくなってしまいます。
なかなか、現時点で、大きいロットでリスクを負いながら製造に踏み切る会社さんは、少ないだろう。

まぁ、後は、商品が市場に溢れた時に、どのように差別化するかを見越して設計しなければならないです。
なお、NMNもビタミンのようなものなので、例えハードカプセルでも、組み合わせ次第では減衰する可能性もあります。例えば、ビタミンCなどの酸。注意が必要。

あと、忘れていました。
中国原料なので、今後、新型コロナウィルスの影響も出てくるだろう。供給面については、要注意です。

NMNについては、既存顧客から軽く打診されている案件もあるが、どのように対応するかが悩ましく、放置している現状もあります。
もうぼちぼち指針を決めて、対応し始めなければならないだろう。
仕事のガイド
35万アクセスを超える前のノウハウを凝縮したブログ記事ガイド
ブログガイド

業務効率化の神ツールを紹介!
業務効率化ツール
各種マニュアル

成熟する健康食品サプリメント業界、勝てるセオリーで商品を作り、業務は効率化する!が非常に重要になってきております。是非、参考にしていただければと思います。
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

趣味のガイド
競技空手研究
国内外を問わない空手の動画の解説や練習方法、グッツの紹介など
今のテーマはヨーロピアン空手
>> 國際松濤館 若草支部


ボクシングシューズ&コンプレッションまとめ
オススメの1足・1着を紹介!

新宿ラーメンバナー
新宿にお越しの際は、是非、参考に!
記事検索
著書&顧問先
ヘルシー&ビューティー4
ヘルシー&ビューティー vol.4でプロテオグリカンの記事を書かせていただきました。

秘密の赤ワイン
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。


弊社顧問 吉田先生ブログ

<わたしの顧問先>
クリニカメディカ/髪のクリニックSeed
Y'sサイエンスクリニック
顧問先Y'sサイエンスクリニック
ギャラリー
  • NMNの原料・OEM製造の市場動向
  • 古い商習慣から脱却
  • コロナ禍での格闘技生活
  • コロナ禍での格闘技生活
  • コロナ禍での格闘技生活
  • 医療・健康系ブログもSEO対策
プロフィール

博士(水産学) 46歳 富山県滑川市出身  (株)アンチエイジング・プロ COO 現 東京海洋大学卒 順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

営業は天職、通販化粧品会社や広告代理店での所属経験がある異色のコンサルタント。
博士論文は海洋プラスチックごみがテーマ。
プロフィール詳細は、カテゴリー最下段より。

カテゴリ別アーカイブ
厳選おすすめ書籍

業界人ならびに健康食品関係の企業は携帯必須。東京都のマニュアル最新版。今回は、若干厚い・・・。


日本抗加齢協会の機能性食品のデータブック


神田昌典さんの本で一番好きな一冊。分厚いけど、あっという間に読めちゃう一冊。Kindle版もあり。

健康食品通販オススメ書籍
アフィリエイトプログラム
本ブログは、Amazon アソシエイト・プログラムやバリューコマースを利用しています。オススメ書籍やスポーツ用品を示すのに活用しております。+マーケティング調査のためです。

良い商品はオススメしても、本プログラムで儲けるつもりはないため、スポーツ用品などは、Yahoo!ショッピングや楽天も含め、最も安いショップでご購入いただければ幸いです。