幸せ笑顔を作るアンチエイジングライフ研究所★栗山雄司

年中、健康食品やサプリメントの製造や販売に関わっている代替医療事業クリエイターのブログです。医療機関向けサプリメントを得意とし、エビデンス型の商品開発を重要視しております。健康メディア用コンテンツ提供、騙されない健康食品の選び方や競技空手・ボクシングの格闘オヤジ日記、新宿ランチ紹介も。

介護のない幸せ笑顔あふれる世の中を作ることがです。そのためには、アンチエイジングを意識したセルフメディケーション;予防が不可欠です。健康食品・サプリメントも重要なツールの1つです。
また、健康食品業界を良くしていくため、消費者を騙しながらゴミ商品を販売している健康食品を撲滅しようと奮闘中!

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーターとして、日々、健康食品・サプリメントを作ってます。
ビジネスでは市場創造を重要視しております

仕事のご依頼がございまいたら、弊社までお気軽にお問い合わせください。

シトルリン

意外に体感があるシトルリン、Amazonでも激熱!

タイトルの体感は、最近、顧客から聞く言葉です。ジム系の顧客で。

プレワークアウトには、とても良いようです。

まぁ、いきなりプレワークアウトと言っても、わからないかぁ。
プレワークアウトとは、血流を促進して、運動前の集中力を高めたり、ケガを防止したりする分類のサプリメントです。

でも、シトルリンはNO(一酸化窒素)系なので、カフェインやシネフェリンと異なり、血流が促進するまで時間がかかるはずなんですよね・・・。末梢血管の拡張までしてくれると思いますが。

運動の1時間くらい前には、摂取していた方が良いと思います。
まぁ、香辛料系ハーブに関しては、血流促進効果は比較的すぐに消えますので、商品設計が難しいところです。

何れにしても、シトルリンは、血流改善で老廃物排泄などにも良いだろう。疲労低減の効果として、翌日に体感が示されるケースも多いと思います。
理想は、アルギニンやオルニチンとの組み合わせ。

ちなみに、シトルリンは、このプレワークアウトだけでなく、精力系でも人気が高いです。
両方の目的で使用している人も少なくなさそうです。
シトルリンにジオスゲニンを配合すれば、完璧になる。

Amazonでは、HMBと同様、シトルリンも、かなり激戦になっています。
(Yahooショッピングなどでなく、Amazonなのは、DHCさんと比較されにくいからでしょう。)
商品戦略上、いろいろな工夫も必要そうです。
現在は、800mg/日が主流ですが、1000mg、1600mgという商品が出てくるのも時間の問題です。

シトルリンのサプリの場合、必然的に、摂取粒数が大きくなったり、錠剤サイズが大きくなってしまいます。
これも、HMBと同じ。
今後、賦形剤を減らすだけでなく、大きくても飲みやすい剤形を意識した工夫が必要になってくるだろう。

最後に、今でAmazonの流れで起こってくるだろう問題点。
それは、異なる安価が原料が意図的に配合された巧妙な偽物商品。

こういったネット系の会社さんの特徴
品質より価格
安い原料に飛びつき、品質管理機能がないので、騙されていてもわからない。

例えば、シトルリンと言って、安価なリジンやアルギニンが支給されると、HPLC、NIR(近赤外)やIR(赤外)でチェックしない限り、判別が付きにくいです。
多少の臭いの違いはあれど、どれも白い粉。
まぁ、こういった問題も生じてくるので、今後、cGMPのように原料受け入れ時の同一性試験が不可欠になってくるんだろう。

過去、日本でも、コエンザイムQ10ブームの際、偽物がたくさん出回った。
Q10ではなくQ9だったということもあった。

Amazonのようなドライな市場が拡大していくと、上記のような問題も起こってくるだろう。
そのようなドライな市場は、すでに米国が通過してきた道です。米国において、サプリメントがcGMP基準で製造されていないといけない点は、必然的だったのだろう。
今後、日本でも、同様な基準に変化していくのだろう。
そこは、先手を打って対応していこうと思います。

今年のダイエットサプリはAmazonなどモール系が熱い!

忙し過ぎて、久しぶりの投稿です。午後からようやくデスクワークができます。

今年のダイエットサプリ市場は、

AmazonやYahoo!ショッピングなどのモール系が熱そうです!

先日の記事の通り、商材は準定番商品です。

コスパの勝負のAmazonが勝っていく時代に

特に、HMBとシトルリン、マカが熱いですね。
なんとなく、ややスポーツ系なのかな?という感じがします。

AmazonとYahooの違いは、比較のされ方。

Amazonは似たような商品が比較されますが、Yahooは同商品間での比較が強く行われます。
その違いが適正商材の差になってきているのかな?と思っております。

まぁ、Amazonの方が配合も加味されるため複合処方が多く、量のクリエイティブだけでなく、軽く数のクリエイティブも求められます。
中心となる成分の配合量あたりのコストが重要になってきます。

一方、Yahooは、検索キーワードなる成分の単味の商品が多いです。そのため、DHCさんの商品がターゲット商品になりやすいです。
単味は、DHCさんと勝負するのはしんどい・・・。

そういった背景もあり、Amazonの方が物量も動きますが激戦です。

低粗利でもワンペイするビジネスモデルで展開されています。
広告費を定期で縛ったリピートで回収するような広告費先行投資型ではないです。手堅いと言えば、手堅い。

何れにしても、どちらも中心となる成分の原料コストが重要になってきます。
今後、価格競争がさらに激化するのが予測されるので、顧客のため、我々も原料仕入れ戦略を工夫していく必要があります。
また、価格だけでなく、賢いやり方として模倣されないような設計の工夫も必要になってくるでしょう。
ちなみに、HMBやシトルリンなどの中国製造 or 日本製造は、販売会社さんの販売戦略次第。

最後に、営業上の注意点。
比較的モラルがない会社さんが多いため、ためらいなく情報だけ持っていくので、開示する情報は最小限にしなければなりません。
秘密保持契約も、意味がないかな・・・。
そういった案件が来た時は、無駄働きしないよう注意していただければと思います。

男性更年期を救うジオスゲニン:PDE5阻害や抗炎症の作用

私は、定期的に各種素材・成分の文献検索を行っています。たまに、非常に面白い報告を発見することもあります。
今回、ジオスゲニンで面白い論文を見つけたので、ご紹介です。

In Vivo Protective Effects of Diosgenin against Doxorubicin-Induced Cardiotoxicity.Nutrients. 2015;7(6):4938-54.

ジオスゲニンの抗悪性腫瘍剤(ドキソルビシン)由来の心臓毒性に対する保護効果に関する論文です。オープンソースの論文なので、どなたでも論文を入手できます。

なんと!その論文の中では、PDE5阻害作用が紹介されていました。
まぁ、PDE5は、平滑筋の弛緩などに関わるcGMPという物質を分解する酵素ですので、心臓の評価としては、当然、重要な評価項目になってくるんでしょうね。

さて、なぜ?男性更年期を救うのか?

それは、PDE5阻害がED薬の作用メカニズムだからです。

まぁ、いろいろな用途で体が使うため代謝もされやすいでしょうから、シルデナフィル(バイアグラ)、バルデナフィル(レビトラ)、タダラフィル(シアリス)ほどの効果は期待できないでしょう。まぁ、あくまで食品ですから。
でも、エビデンス型の商品開発を行っていく上で、こういった動物試験でも、ないよりはあった方が良いです。

さて、このPDE5阻害作用のメカニズムは、細胞内の抗酸化作用(ROS)によるもののようです。意外に、実はこれが画期的だったりもします。

結局、こういった細胞内の抗酸化による抗炎症作用が様々な機能性のベースとなります。そのため、現在、ジオスゲニンは、抗ガン(アポトーシス誘導)、血管新生や脂質過酸化の阻害などの動脈硬化性疾患の予防データも示され始めています。

それらの機能性を紹介したこんなレビュー論文も出ています。
ジオスゲニンの薬理学的活性と機構における進歩

加えて、不足するホルモンの産生サポートにも働くわけですから、まぁ、男性更年期のいろいろな予防という意味で、ミドルエイジ以降の男性にとっては、とてもありがたい作用を示す訳です。

もちろん、男性に限らず、ミドルエイジ以上の女性にもオススメです。
骨粗しょう症予防や認知症予防の観点からも、ジオスゲニンを活用することが可能だと思います。

現在、大手さんの男性更年期対策のサプリメントだけでなく、男性向けのシトルリンサプリメントで多く利用されているジオパワー15(ジオスゲニン含有やまいも抽出物)ですが、こういったベースの情報/データがあると、もっと売りやすくなるでしょう。
今後に期待です。
仕事のガイド
30万アクセスを超える前のノウハウを凝縮したブログ記事ガイド
ブログガイド

SEOの関係上、弊社サイトへのリンクは外しました。弊社にご興味がございましたら、是非、Googleでアンチエイジング・プロと検索してみてください!
趣味のガイド
競技空手研究
国内外を問わない空手の動画の解説や練習方法、グッツの紹介など
今のテーマはヨーロピアン空手
>> 國際松濤館 若草支部


ボクシングシューズ&コンプレッションまとめ
オススメの1足・1着を紹介!

新宿ラーメンバナー
新宿にお越しの際は、是非、参考に!
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
著書&顧問先
ヘルシー&ビューティー4
ヘルシー&ビューティー vol.4でプロテオグリカンの記事を書かせていただきました。

秘密の赤ワイン
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。


弊社顧問 吉田先生ブログ

<わたしの顧問先>
クリニカメディカ/髪のクリニックSeed
Y'sサイエンスクリニック
顧問先Y'sサイエンスクリニック
プロフィール

博士(水産学) 44歳 富山県滑川市出身  (株)アンチエイジング・プロ COO 現 東京海洋大学卒 順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

営業は天職、通販化粧品会社や広告代理店での所属経験がある異色のコンサルタント。
プロフィール詳細は、カテゴリー最下段より。

カテゴリ別アーカイブ
サプリに対する想いです。初めての方は、是非、読んでもらいたいです! ブログガイド 健康食品業界に20年近くいると、時代の流れというものも強く感じます。サプリメントは、市場の成熟と共に役割や環境も変化しています。社会に貢献できるサプリメント道というものを必死に模索しております。

近年、儲け主義だけで社会的貢献意識やモラルがない会社さんが増えております。そういった想いより、真っ黒な広告で消費者を騙す商品は、許せない!撲滅したい!という気持ちも強いです。
そういった背景より、真っ黒広告の撲滅活動なども行っております。
アフィリエイトプログラム
本ブログは、Amazon アソシエイト・プログラムやバリューコマースを利用しています。オススメ書籍やスポーツ用品を示すのに活用しております。+マーケティング調査のためです。

良い商品はオススメしても、本プログラムで儲けるつもりはないため、スポーツ用品などは、Yahoo!ショッピングや楽天も含め、最も安いショップでご購入いただければ幸いです。