健康食品サプリメント市場の理想像・未来像 by 博士マーケッター

勝ち残る健康食品サプリメントをテーマに受託製造加工・原料供給を行う栗山雄司のブログ。原料クリエイティブからの商品設計ノウハウ、最新研究データ、機能性表示食品、食品表示法・薬機法・景品表示法の話など

健康食品サプリメントを利用して介護のない幸せ笑顔あふれる世の中を作ることがです。そのためには、アンチエイジングをベースとしたセルフメディケーション;予防が不可欠です。
本ブログでは、その理想像を追い求めながら、市場の未来を予測しつつ、勝ち残っていける商品作りを追求し続けています。

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーターとして、日々、健康食品サプリメントを作ってます。
近年は、機能性表示食品にも力を入れております。

仕事のご依頼がございまいたら、弊社までお気軽にお問い合わせください。

シトルリン

シトルリンとアルギニンの特許:その後の反響

昨日も商談で、以前に記事を書いて紹介した、このシトルリンとアルギニンの組み合せの特許の話が出ました。


※抵触する比率は、自分で調べてください。

Amazonを中心に、多くの商品が本特許に抵触している。
そのうち、一掃されるだろう。

流石に、この商談相手の会社では、抵触する商品がないとのことです。

でも、話題が増えたとのこと。
おそらく、私の記事も影響しているのだろう。

商談相手の会社さんは、学術部をかなり強化しています。
こういった部署が、特許調査を行ったり、機能性表示食品の対応を行ったりしています。
しっかり、企業防衛が行われています。

近年の私の業務で多くを占めているのも、こういった仕事です。

理由は、各社さん、用途特許をアホみたいにたくさん出し始めているからです。

今後、OEMの営業マンが簡易でも特許調査を行えるような体制を作っていかなければならないんでしょうね。
大変な時代になっていきそうです。

シトルリンとアルギニンの特許(協和発酵バイオ)

昨日、シトルリンとアルギニンの特許の特許調査を行っておりました。
最近、用途特許の取得も多いので、気が付いたら特許調査するようにしています。

今回は、シトルリンを中心に、特許調査しました。

結果、2つ程、注意すべき特許が見つかりました。

どちらも、協和発酵バイオさんの特許です。

1. シトルリンとアルギニンの組み合わせ
2. シトルリンとカプサイシンの組み合わせ


幸い、弊社が供給する商品では、それら特許に抵触するような商品は存在しませんでしたが、結構、特許に抵触している商品は多いと思います。
特に、Amazon系の商品で。

抵触する商品は、普通に、アルギニンの血中濃度は上がると思いますし、血流も高まるだろう。
よく取れたなぁとも思える特許でもあります。

1の特許などは、両成分の比率が大事なのだが、その比率さえ注意すれば、すり抜けることが可能だと思います。
でも、市場には、特にAmazonで、その比率の中に入っている商品は多数存在します。
さすが!中堅クラス以上の会社さんの商品は。抵触しないように設計されている。

今後、通達されるような噂が立っているので、その動向を注目しておかないといけないでしょう。

また、オルニチンやシトルリンをアルコール濃度上昇抑制目的に単味で使うなど、結構、注意すべき特許が存在します。

売れている商品の設計をパクってコピー商品を作っても、特許までチェックできないと、こういった問題も起こり得るのです。

だから、大手の受託加工会社さんは、学術部などを強化している背景があると思います。
本当に危なそうな特許は、注意喚起の通達を出すんでしょうね・・・。
こういった特許対策の部分で、OEM会社も原料会社も、勝ち負けが出てくるのでしょう。

2016年より用途特許が食品でも取得できるようになってきていますからね・・・。

でも、特許って、有効性の判断やトラブルへの発展性の判断が非常に難しい部分があります。

例えば、大手さんは、取得できていなくても、平気で通達してきます。
中小企業の多くは、ビビッて、有効性を判断する前に、商品を終売してしまいます。

まぁ、中小企業でも、全く特許抵触しないのに、圧力だけかけてくる会社もあります。
有効性がジャッチされ、有効性がないと判断されれば、無視され、面倒な会社のレッテルが貼られ、遠ざけられるだけです。
私は、会社の信用面の低下として、得策ではないと思います。

また、特許って、範囲が広そうで現実的に範囲が狭い特許もあります。
具体的に例を挙げると、分析などで抵触を実証できない特許です。
意外にそういった特許が存在します。大学などの研究機関で出している特許に多かったりします。

ぶっちゃけ、製法特許なんて、なかなか抵触を実証しにくいです。
公開・提出している製造工程表で抵触する内容になっていたら別ですが・・・。
基本、証拠は出しにくいです。

基本、特許って、排除と牽制、営業の目的で取得されることが多いです。
今回の調査に引っかかってきた特許は、どれも排除目的の特許でした。
ここの会社、協和発酵バイオさんは、狭くても特許を取得率をしている率が高く、排除目的の特許を出される傾向た強いです。会社さんの特許戦略の姿勢が読み取れます。
ほんと、要注意です!
でも、戦略的に、とても勉強になる。

特許調査ですが、簡易的にでも、特許庁の特許情報プラットフォームで行うことができます。
試しにでも、まずは、成分のキーワードや(注意すべき会社がわかっていれば)社名を入れて、検索してみてください!
簡易的にでも調査が可能ですよ。

ちなみに、このシトルリンの記事には、どうしても増大や精力系のアド系広告が表示されんだろうなぁ。広告を外せないスマホ版では。

意外に体感があるシトルリン、Amazonでも激熱!

タイトルの体感は、最近、顧客から聞く言葉です。ジム系の顧客で。

プレワークアウトには、とても良いようです。

まぁ、いきなりプレワークアウトと言っても、わからないかぁ。
プレワークアウトとは、血流を促進して、運動前の集中力を高めたり、ケガを防止したりする分類のサプリメントです。

でも、シトルリンはNO(一酸化窒素)系なので、カフェインやシネフェリンと異なり、血流が促進するまで時間がかかるはずなんですよね・・・。末梢血管の拡張までしてくれると思いますが。

運動の1時間くらい前には、摂取していた方が良いと思います。
まぁ、香辛料系ハーブに関しては、血流促進効果は比較的すぐに消えますので、商品設計が難しいところです。

何れにしても、シトルリンは、血流改善で老廃物排泄などにも良いだろう。疲労低減の効果として、翌日に体感が示されるケースも多いと思います。
理想は、アルギニンやオルニチンとの組み合わせ。

ちなみに、シトルリンは、このプレワークアウトだけでなく、精力系でも人気が高いです。
両方の目的で使用している人も少なくなさそうです。
シトルリンにジオスゲニンを配合すれば、完璧になる。

Amazonでは、HMBと同様、シトルリンも、かなり激戦になっています。
(Yahooショッピングなどでなく、Amazonなのは、DHCさんと比較されにくいからでしょう。)
商品戦略上、いろいろな工夫も必要そうです。
現在は、800mg/日が主流ですが、1000mg、1600mgという商品が出てくるのも時間の問題です。

シトルリンのサプリの場合、必然的に、摂取粒数が大きくなったり、錠剤サイズが大きくなってしまいます。
これも、HMBと同じ。
今後、賦形剤を減らすだけでなく、大きくても飲みやすい剤形を意識した工夫が必要になってくるだろう。

最後に、今でAmazonの流れで起こってくるだろう問題点。
それは、異なる安価が原料が意図的に配合された巧妙な偽物商品。

こういったネット系の会社さんの特徴
品質より価格
安い原料に飛びつき、品質管理機能がないので、騙されていてもわからない。

例えば、シトルリンと言って、安価なリジンやアルギニンが支給されると、HPLC、NIR(近赤外)やIR(赤外)でチェックしない限り、判別が付きにくいです。
多少の臭いの違いはあれど、どれも白い粉。
まぁ、こういった問題も生じてくるので、今後、cGMPのように原料受け入れ時の同一性試験が不可欠になってくるんだろう。

過去、日本でも、コエンザイムQ10ブームの際、偽物がたくさん出回った。
Q10ではなくQ9だったということもあった。

Amazonのようなドライな市場が拡大していくと、上記のような問題も起こってくるだろう。
そのようなドライな市場は、すでに米国が通過してきた道です。米国において、サプリメントがcGMP基準で製造されていないといけない点は、必然的だったのだろう。
今後、日本でも、同様な基準に変化していくのだろう。
そこは、先手を打って対応していこうと思います。
仕事のガイド
30万アクセスを超える前のノウハウを凝縮したブログ記事ガイド
ブログガイド

SEOの関係上、弊社サイトへのリンクは外しました。弊社にご興味がございましたら、是非、Googleでアンチエイジング・プロと検索してみてください!
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

趣味のガイド
競技空手研究
国内外を問わない空手の動画の解説や練習方法、グッツの紹介など
今のテーマはヨーロピアン空手
>> 國際松濤館 若草支部


ボクシングシューズ&コンプレッションまとめ
オススメの1足・1着を紹介!

新宿ラーメンバナー
新宿にお越しの際は、是非、参考に!
記事検索
著書&顧問先
ヘルシー&ビューティー4
ヘルシー&ビューティー vol.4でプロテオグリカンの記事を書かせていただきました。

秘密の赤ワイン
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。


弊社顧問 吉田先生ブログ

<わたしの顧問先>
クリニカメディカ/髪のクリニックSeed
Y'sサイエンスクリニック
顧問先Y'sサイエンスクリニック
ギャラリー
  • お盆も働き続けるWeb集客
  • 代々木に事務所移転してみて
  • 代々木に事務所移転してみて
  • プラスチックと上手く付き合う社会
  • 前脚の蹴りの軌道と2種の膝の上げ方
  • 個人輸入・海外発送サプリメントの問題点
プロフィール

博士(水産学) 45歳 富山県滑川市出身  (株)アンチエイジング・プロ COO 現 東京海洋大学卒 順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

営業は天職、通販化粧品会社や広告代理店での所属経験がある異色のコンサルタント。
博士論文は海洋プラスチックごみがテーマ。
プロフィール詳細は、カテゴリー最下段より。

カテゴリ別アーカイブ
厳選おすすめ書籍

業界人ならびに健康食品関係の企業は携帯必須。東京都のマニュアル最新版。今回は、若干厚い・・・。


日本抗加齢協会の機能性食品のデータブック


神田昌典さんの本で一番好きな一冊。分厚いけど、あっという間に読めちゃう一冊。Kindle版もあり。

健康食品通販オススメ書籍
アフィリエイトプログラム
本ブログは、Amazon アソシエイト・プログラムやバリューコマースを利用しています。オススメ書籍やスポーツ用品を示すのに活用しております。+マーケティング調査のためです。

良い商品はオススメしても、本プログラムで儲けるつもりはないため、スポーツ用品などは、Yahoo!ショッピングや楽天も含め、最も安いショップでご購入いただければ幸いです。