健康食品サプリメント市場の理想像・未来像 by 博士マーケッター

勝ち残る健康食品サプリメントをテーマに受託製造加工・原料供給を行う栗山雄司のブログ。原料クリエイティブからの商品設計ノウハウ、最新研究データ、機能性表示食品、食品表示法・薬機法・景品表示法の話など

健康食品サプリメントを利用して介護のない幸せ笑顔あふれる世の中を作ることがです。そのためには、アンチエイジングをベースとしたセルフメディケーション;予防が不可欠です。
本ブログでは、その理想像を追い求めながら、市場の未来を予測しつつ、勝ち残っていける商品作りを追求し続けています。

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーターとして、日々、健康食品サプリメントを作ってます。
近年は、機能性表示食品にも力を入れております。

仕事のご依頼がございまいたら、弊社までお気軽にお問い合わせください。

シトルリン

Amazonの市場の最終形:終息の時は近し

今週は、激務です・・・。
昨晩も帰宅したら、24時近く・・・。いつも通り5時15分起床し、8時前に出勤して、海外とのやり取りを始める・・・。
何とか、記事を書けました。

今回は、Amazonの市場について、動向を紹介です。
まず、一言。

早かったぁ・・・

この市場は、一年も経過せずに陰りが見えてきました。
一気に群がり、無駄な競争だけ行い、誰でも簡単に儲からない市場へと変化しつある。

ぶっちゃけ、商品のライフサイクルは、長くても3ヶ月、厳しい見方をすると1.5~2ヶ月といった感じだろう。

販売者は、商品に思い入れは全くなく、投機マネー的にビジネス参入しているから、儲からなくなったらすぐに撤退する。

商品の市場価格だけが崩れる。

ついでに、シトルリンやHMBのような原料価格も崩れた。
米国の市場に近くなった。

実際、こういった市場になってくると、

Amazonでこ勝ち残るのは1カテゴリーあたり数商品のみ

勝ち残った数商品は、リピートされ続けるであろう。


一方、リピートされるだけの商品力があることが最低条件だと考えます。厳しい市場なので、ゴミ商品では、生き残れないです。

サプリメント先進国アメリカの事例だと、

勝ち残る商品を作るメーカーは、複数の勝ち残る商品で展開し、激安ブランド化していく流れになります。

基本、米国の場合、こういった展開が単味商材で行われていく。
もう少し、具体的に述べると・・・

DHCさんのビタミン・ミネラルのような原価率50%オーバーの商品だけのブランドで展開する会社が数社できてきます。

Amazonのビジネスは、それほど広告費がかからんから、それでも利益が出ちゃう訳ですわぁ。

ただし、多くの競合が撤退するくらいまで徹底して価格勝負しなければならないです。競合を潰していかなければならないです。
当然、勝ち残っている商品を持っていれば持っているほど、横展開しやすいから有利になっていきます。

トコトン潰し合う市場 そういった市場であることは、よく理解しておかなければならない。

勝ち残る商品を作るコツは、

大量生産に加えて

原料調達の工夫 に尽きます。

これは、DHCさんのやり方を見ていると、間違えないと思います。まぁ、売れてくると、必然的に原料メーカーが寄ってきます。そこでの交渉が勝敗を分けていくでしょう。

うちの原料みたいにオンリーワン原料は、如何に協力関係を築くか、添加物系の原料は、如何に価格を競わせるかに尽きます。

ちなみに、余談だが、弊社の山芋ジオスゲニンは、この記事の内容(バイアグラ様作用)を活用して、シトルリン&アルギニンサプリの差別化素材に用いられることが多い。特許もあるので、クリエイティブ表現上、使いやすいのだろう。
最近、増大系や精力系のサプリでは、定番素材化し始めている・・・。「ジオスゲニン 増大サプリ」で多く検索されているようです・・・。



そして、Amazon系の会社が最終的に手を出すのは、ビタミン・ミネラルのベースサプリ。
広告費や流通&小売りの儲けが乗った量販店の市場を取っていくことになります。

結果、間接的にAmazonが量販店の市場を食っていくことになります。

Amazon vs 量販店の代理戦争です!

まぁ、そこまで気合を入れて、Amazonの市場を制しようとする会社さんが出てくるかが微妙ですが・・・資金があれば容易です。

もっとえげつない方法は、経営の悪い製薬会社もしくはサプリメント老舗会社を買収してから、展開する方法。ブランドを買ってから、展開する方法でしょう。
そして、最終的に、工場を買収もしくは建設するという展開が理想でしょう。

何れにしても、このような市場になっていくことは間違えないです。
製造側の我々は、どう絡んでいくかも、よく考えていかなければならなそうです。

P.S.
明日も、5時台に起床して、小娘を学校に送り出し、小僧の運動会の弁当作りです。
今年も、かみさんは、自分の学校の運動会と被っているし・・・。

シトルリン市場の成長とその特徴

今日は、シトルリンの市場動向について、紹介です。

原料受託バンクのランキングなどには、現れてこないのだが、シトルリンの市場は、伸びていると思う。
弊社も、使用量が格段に伸びている。

実際問題、このシトルリンの市場は、2段階で伸びたと思う。

第一次成長期では、アフィリエイト広告による荒い売り方で、増大系のサプリメントに用いられました。

まぁ、現在も、やんちゃな会社さんが売り続けています。ただし、アフィリエイト広告の力も落ちているので、販売量は、かなり目減りしているだろう。
一方、1社でドカンと売る会社が無くなっただけで、全体の販売量は、微増している可能性もある。Facebookを活用したり、売り方が多様化しているだけだと思います。

第一次成長期、弊社の山芋抽出物が特許素材として、一緒に使われ、原料が多く動きました。
この記事の影響。定番の組み合わせになりつつある。



第二次成長期では、主にAmazonで販売され、市場を伸ばしました。
第一次のクリエイティブの流れで、精力系・増大系のサプリメントが多いです。

まだ続いています。
弊社も、シトルリンの案件が多いです。

これまでの荒い売り方をされる商品と異なり、基本的に800mg以上配合されており、

ゴミ商品ではない

という特徴もあります。
購入層の男性顧客が、シトルリン量あたりのコストも評価しているためでしょう。

副材にコストをかけるのではなく、主材のシトルリン配合量にコストをかけるようになりました。
また、シトルリン800+数のクリエイティブという商品も増えました。

基本、Amazonで売れる商品は、広告費割合が少ない分、原価率が高いです。シトルリンに限らず、HMBやプロテインでも、同様なことが言えると思います。
近年、安価な商品でも、高原価と言う強い商品も現れ始めています。

こういった背景より、今、シトルリンの打錠などで製造ラインがいっぱいになっている工場が出てきています。
年末商戦に向けて、早めにライン確保しないと、納品しきれない状況もあります。
要注意です。

シトルリンとアルギニンの特許:その後の反響

昨日も商談で、以前に記事を書いて紹介した、このシトルリンとアルギニンの組み合せの特許の話が出ました。


※抵触する比率は、自分で調べてください。

Amazonを中心に、多くの商品が本特許に抵触している。
そのうち、一掃されるだろう。

流石に、この商談相手の会社では、抵触する商品がないとのことです。

でも、話題が増えたとのこと。
おそらく、私の記事も影響しているのだろう。

商談相手の会社さんは、学術部をかなり強化しています。
こういった部署が、特許調査を行ったり、機能性表示食品の対応を行ったりしています。
しっかり、企業防衛が行われています。

近年の私の業務で多くを占めているのも、こういった仕事です。

理由は、各社さん、用途特許をアホみたいにたくさん出し始めているからです。

今後、OEMの営業マンが簡易でも特許調査を行えるような体制を作っていかなければならないんでしょうね。
大変な時代になっていきそうです。
仕事のガイド
30万アクセスを超える前のノウハウを凝縮したブログ記事ガイド
ブログガイド

業務効率化の神ツールを紹介!
業務効率化ツール

成熟する健康食品サプリメント業界、勝てるセオリーで商品を作り、業務は効率化する!が非常に重要になってきております。是非、参考にしていただければと思います。
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

趣味のガイド
競技空手研究
国内外を問わない空手の動画の解説や練習方法、グッツの紹介など
今のテーマはヨーロピアン空手
>> 國際松濤館 若草支部


ボクシングシューズ&コンプレッションまとめ
オススメの1足・1着を紹介!

新宿ラーメンバナー
新宿にお越しの際は、是非、参考に!
記事検索
著書&顧問先
ヘルシー&ビューティー4
ヘルシー&ビューティー vol.4でプロテオグリカンの記事を書かせていただきました。

秘密の赤ワイン
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。


弊社顧問 吉田先生ブログ

<わたしの顧問先>
クリニカメディカ/髪のクリニックSeed
Y'sサイエンスクリニック
顧問先Y'sサイエンスクリニック
ギャラリー
  • 原料受託バンクランキング解説の影響と注目製品
  • アクセスだけが伸びていく健康食品サプリメントOEM資料
  • OEM会社のトラブル、原料会社のトラブル
  • SNS等Webメディアの時代の危うさ
  • TBSドラマ「ノーサイド・ゲーム」とロビー活動・広報活動
  • 消費税増税前に空手用品を購入!
プロフィール

博士(水産学) 45歳 富山県滑川市出身  (株)アンチエイジング・プロ COO 現 東京海洋大学卒 順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

営業は天職、通販化粧品会社や広告代理店での所属経験がある異色のコンサルタント。
博士論文は海洋プラスチックごみがテーマ。
プロフィール詳細は、カテゴリー最下段より。

カテゴリ別アーカイブ
厳選おすすめ書籍

業界人ならびに健康食品関係の企業は携帯必須。東京都のマニュアル最新版。今回は、若干厚い・・・。


日本抗加齢協会の機能性食品のデータブック


神田昌典さんの本で一番好きな一冊。分厚いけど、あっという間に読めちゃう一冊。Kindle版もあり。

健康食品通販オススメ書籍
アフィリエイトプログラム
本ブログは、Amazon アソシエイト・プログラムやバリューコマースを利用しています。オススメ書籍やスポーツ用品を示すのに活用しております。+マーケティング調査のためです。

良い商品はオススメしても、本プログラムで儲けるつもりはないため、スポーツ用品などは、Yahoo!ショッピングや楽天も含め、最も安いショップでご購入いただければ幸いです。