幸せ笑顔を作るアンチエイジングライフ研究所★栗山雄司

年中、健康食品やサプリメントの製造や販売に関わっている代替医療事業クリエイターのブログです。医療機関向けサプリメントを得意とし、エビデンス型の商品開発を重要視しております。健康メディア用コンテンツ提供、騙されない健康食品の選び方や競技空手・ボクシングの格闘オヤジ日記、新宿ランチ紹介も。

介護のない幸せ笑顔あふれる世の中を作ることがです。そのためには、アンチエイジングを意識したセルフメディケーション;予防が不可欠です。健康食品・サプリメントも重要なツールの1つです。
また、健康食品業界を良くしていくため、消費者を騙しながらゴミ商品を販売している健康食品を撲滅しようと奮闘中!

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーターとして、日々、健康食品・サプリメントを作ってます。
ビジネスでは市場創造を重要視しております

仕事のご依頼がございまいたら、弊社までお気軽にお問い合わせください。

コンサル

表示基準の改定に伴う書類フォーマット変更と業務効率化

今週からの新生活で1時間早く出勤するようになり、その時間は、なるべく普段できないような業務に割こうと考えています。
今日は、タイトルのような表示基準の改定に伴う書類フォーマット変更と原価表の改善を行いました。
フォーマットの主な対応ポイントは、以下の通り。

原産国表示
栄養成分表示

原産国表示は、猶予期間が迫りつつあります。
すでに、弊社では、原則、原産国表示を行ってもらっています。

そのため、見積書の段階で、予想される原産国表示なども表示しつつ、中国製造の表示を嫌う顧客に対しては国内製製品などを提案できる体制を整えています。
トラブルは、未然に防げた方が良いという考えからです。

実は、こういった対応を行っていると、いろいろな疑問が生じてきます。例えば、以下のような疑問。

・アレルゲン表記と原産国表記の両方を行わなければならなかった場合の表記方法
・「製造」「産」の使い分けのポイント


まぁ、自社原料の原産国表示をかなり早い段階で進めていたため、慌てることなく対応できています。
そして、今回も、これらを加味した上で、書類フォーマットの変更を致しました。

弊社の場合、基本、すべての書類は、自動化(+データベース化)を進めています。

理由は、以下の2つ。

提案スピード重視
業務効率化
新人育成


おそらく、私が機会損失というものを嫌うからでしょう。
だから、私の下がキツイ理由の1つでもあります。

私は、新人でも一時間以内にOEM案件の見積書が出せる体制を目指しています。
※データベース上にある原料だけで製造するサプリ案件の場合。

また、無駄な繰り返し業務も嫌うので、とにかく、自動化で仕事を楽にしようと考えるタイプです。
楽になった分、営業/提案の質を高めるべき!と考えています。
その方が、部下達も結果が出しやすくなり、会社の売上も上がる。

まぁ、弊社の自動化されたシートを用いていけば、自然に覚える(学ぶ)と自負しております。

私が、このOEM事業を始めた時、一番もどかしかった点は、自動化されていなかったことです。データベース化は、ある程度できていた。
例えば、工賃がわからないから、その工賃を調べるのに1~3日・・・見積りを出すが数日後・・・。
今でもそういった会社さんは存在しますが、今の時代、私のように機会損失を強く意識する顧客の案件は取れないでしょう。

せっかちは私は、コツコツと自動化を進めました。
そして、今でも、効率性を上げるため、改善し続けています。

まぁ、原料でもOEMでも、見積が出てくるのが遅い会社は、

営業決裁権の明確化

がなされていないことが多いです。
上の役目は、下の決裁権も明確にしてやることだと思います。それが、働きやすい職場環境を作ったりもします

未来工業創業者の山田昭男社長は、報連相を不要とする従来の管理とは真逆のことを言っておられますが、実は、働く人達それぞれの決裁権が明確化しているから可能なんだと思います。
決裁権を明確にすれば、働く人の責任も明確化されます。
プレッシャーもあるかもしれませんが、結果、業務も効率化(→高利益体質)し、働きやすくなると思います。

私は、これからも自動化の改善を行い続けます!
今は、剤形や原材料比率などの条件によって、提案の適正価格が調整されるように工夫しています。また、試作費の取り方や最低利益確保方法などの選択肢も増やしています。
良い仕組みへの改善、頑張ります!!

品質管理情報を利用した販売会社の特許申請問題

今日は、特許に関わる業界の問題について、紹介したいと思います。
本日、追記した旨を弊社サイトで通知したのですが、現在、弊社では、品質管理情報の用途外使用を禁じた秘密保持契約の締結を進めています。

秘密保持契約締結のお願いに追記(弊社サイト;外部サイト)

この秘密保持契約書では、ポイントとして

契約する側も顧客と同様な契約を行って、顧客の品質管理情報の用途外使用を抑制しなければならない。

情報を出さないとは言っていないです。情報開示すべき部分は、しっかり開示していくつもりです。
これを行うため、弊社も規格書の付随情報を増やしました。
決して、理不尽なことは言っていないと思います。

何社も締結していただいていますが、当然、結ぼうとしない会社も、出てきます。
その対応姿勢に最も大きな差が出たのは、

商社・問屋の会社さんである。

実際、販売会社さんは、商社・問屋さんを隠れ蓑にしているケースもあるからだろう。

現在行われている健食原料・OEM展 2019でも同様だが、現在、2016年から始まった食品の用途特許のセミナーが盛んに行われています。

そして、過去事例として、原料供給していた販売会社の特許により、他の顧客への原料販売に制限が生じ、最悪、原料供給まで切られてしまったという酷い例もあります。

こういったことを行うのは、超が付く大手さん。
そして、こういった会社さんに限って、品質管理情報として、製造方法の詳細情報を出させます。
そもそも、抽出条件や分離カラム情報などの情報は、本当に品質管理情報として必要なのかな?と思ってしまいます。

そこで、なぜ、原料メーカーが製造方法を開示すると問題が生じるのか?

それは、製造条件を組み込むと、用途特許も取りやすくなるからです。
私もよく使う手です。
公開されていない製造条件ほど有効に利用できる。まさに、納入規格書上の詳細な製造情報です。

まぁ、海外の場合、顧客が勝手に特許申請したら、供給を止められるんですけどね。
日本の場合、まだまだ緩いところがあります。
そこは、しっかりしていかなければならない!
良く調べていないですが、あまりに酷いと、下請法に抵触するのでは?とも考えています。

実際、HUAWEIがもっと酷いこと(サンプル情報の流用など)を行っているようで、今、問題になっている。

さて、商社・問屋さんは、どんなスタンツで対応すべきなのだろうか?

実は、商社・問屋さんも他人事ではない。
むしろ、その問題を中心となって、対応していかなければならない立場だと思う。

例えば、原料供給をしている一顧客が用途特許を取得して、他の顧客に原料供給ができなくなるということも、十分に起こり得るからです。

弊社でも、契約を渋る商社・問屋さんと、すぐに契約してくれた商社・問屋さんがいらっしゃいます。
どっちがコンプライアンス上、正しいのか?と考えてしまいます。

こういった問題こそ、ジャーナリズム魂で、業界紙が問題視すべきなんだろう。
でも、この健康食品業界の業界紙では、難しい気がする。
だから、このように情報発信する。
この記事を読んでもらい、多くの原料メーカーが弊社と同じような動きを見せてくれ、業界の常識となっていくことを望みます。その際、是非、上記の弊社の対応を参考にしていただければと思っております。

意外に体感があるシトルリン、Amazonでも激熱!

タイトルの体感は、最近、顧客から聞く言葉です。ジム系の顧客で。

プレワークアウトには、とても良いようです。

まぁ、いきなりプレワークアウトと言っても、わからないかぁ。
プレワークアウトとは、血流を促進して、運動前の集中力を高めたり、ケガを防止したりする分類のサプリメントです。

でも、シトルリンはNO(一酸化窒素)系なので、カフェインやシネフェリンと異なり、血流が促進するまで時間がかかるはずなんですよね・・・。末梢血管の拡張までしてくれると思いますが。

運動の1時間くらい前には、摂取していた方が良いと思います。
まぁ、香辛料系ハーブに関しては、血流促進効果は比較的すぐに消えますので、商品設計が難しいところです。

何れにしても、シトルリンは、血流改善で老廃物排泄などにも良いだろう。疲労低減の効果として、翌日に体感が示されるケースも多いと思います。
理想は、アルギニンやオルニチンとの組み合わせ。

ちなみに、シトルリンは、このプレワークアウトだけでなく、精力系でも人気が高いです。
両方の目的で使用している人も少なくなさそうです。
シトルリンにジオスゲニンを配合すれば、完璧になる。

Amazonでは、HMBと同様、シトルリンも、かなり激戦になっています。
(Yahooショッピングなどでなく、Amazonなのは、DHCさんと比較されにくいからでしょう。)
商品戦略上、いろいろな工夫も必要そうです。
現在は、800mg/日が主流ですが、1000mg、1600mgという商品が出てくるのも時間の問題です。

シトルリンのサプリの場合、必然的に、摂取粒数が大きくなったり、錠剤サイズが大きくなってしまいます。
これも、HMBと同じ。
今後、賦形剤を減らすだけでなく、大きくても飲みやすい剤形を意識した工夫が必要になってくるだろう。

最後に、今でAmazonの流れで起こってくるだろう問題点。
それは、異なる安価が原料が意図的に配合された巧妙な偽物商品。

こういったネット系の会社さんの特徴
品質より価格
安い原料に飛びつき、品質管理機能がないので、騙されていてもわからない。

例えば、シトルリンと言って、安価なリジンやアルギニンが支給されると、HPLC、NIR(近赤外)やIR(赤外)でチェックしない限り、判別が付きにくいです。
多少の臭いの違いはあれど、どれも白い粉。
まぁ、こういった問題も生じてくるので、今後、cGMPのように原料受け入れ時の同一性試験が不可欠になってくるんだろう。

過去、日本でも、コエンザイムQ10ブームの際、偽物がたくさん出回った。
Q10ではなくQ9だったということもあった。

Amazonのようなドライな市場が拡大していくと、上記のような問題も起こってくるだろう。
そのようなドライな市場は、すでに米国が通過してきた道です。米国において、サプリメントがcGMP基準で製造されていないといけない点は、必然的だったのだろう。
今後、日本でも、同様な基準に変化していくのだろう。
そこは、先手を打って対応していこうと思います。
仕事のガイド
30万アクセスを超える前のノウハウを凝縮したブログ記事ガイド
ブログガイド

anti-bar
弊社のガイドです。
通販支援サイトDirectaから弊社ホワイトペーパー(商品開発ノウハウが凝縮)が無料でダウンロードいただけます!
趣味のガイド
競技空手研究
国内外を問わない空手の動画の解説や練習方法、グッツの紹介など
今のテーマはヨーロピアン空手
>> 國際松濤館 若草支部


ボクシングシューズ&コンプレッションまとめ
オススメの1足・1着を紹介!

新宿ラーメンバナー
新宿にお越しの際は、是非、参考に!
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
サプリに対する想いです。初めての方は、是非、読んでもらいたいです! ブログガイド 健康食品業界に20年近くいると、時代の流れというものも強く感じます。サプリメントは、市場の成熟と共に役割や環境も変化しています。社会に貢献できるサプリメント道というものを必死に模索しております。
プロフィール

博士(水産学) 44歳 富山県滑川市出身  (株)アンチエイジング・プロ COO 現 東京海洋大学卒 順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

営業は天職、通販化粧品会社や広告代理店での所属経験がある異色のコンサルタント。
プロフィール詳細は、カテゴリー最下段より。

カテゴリ別アーカイブ
本ブログは、Amazon アソシエイト・プログラムやバリューコマースを利用しています。オススメ書籍やスポーツ用品を示すのに活用しております。+マーケティング調査のためです。
良い商品はオススメしても、本プログラムで儲けるつもりはないため、スポーツ用品などは、Yahoo!ショッピングや楽天も含め、最も安いショップでご購入いただければ幸いです。