幸せ笑顔を作るアンチエイジングライフ研究所★栗山雄司

年中、健康食品やサプリメントの製造や販売に関わっている代替医療事業クリエイターのブログです。医療機関向けサプリメントを得意とし、エビデンス型の商品開発を重要視しております。健康メディア用コンテンツ提供、騙されない健康食品の選び方や競技空手・ボクシングの格闘オヤジ日記、新宿ランチ紹介も。

介護のない幸せ笑顔あふれる世の中を作ることがです。そのためには、アンチエイジングを意識したセルフメディケーション;予防が不可欠です。健康食品・サプリメントも重要なツールの1つです。
また、健康食品業界を良くしていくため、消費者を騙しながらゴミ商品を販売している健康食品を撲滅しようと奮闘中!

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーターとして、日々、健康食品・サプリメントを作ってます。
ビジネスでは市場創造を重要視しております

仕事のご依頼がございまいたら、弊社までお気軽にお問い合わせください。

ウコン

中国ではウコンでなく葛の花茶で解酒が常識

日本では、お酒のお供として定番なのは、ウコンでしょう。

実は、この常識は、日本だけです。

欧米では、ウコンのクルクミンと言えば、認知症予防の素材です。中国の漢方の世界でも、胃薬の位置付けです。

この日本のウコンの位置付けにあるのが、野葛です。漢方の生薬名は、葛花です。
葛は、根を葛根湯でも知られる葛根として利用されているだけでなく、花も有効利用されているのです。

野葛とは、野生種の葛であり、その花のお茶が解酒茶として、古来より飲まれています。

P1000091-2

その味は、ほのかに甘く、美味しいです!
癒される味です。

そして、この解酒茶を愛したのが水戸黄門と言われています。
実際、葛花を煎じて飲んでいたそうです。
日本でも、もう飲まれなくなっているようですが、中国では、未だに解酒茶として飲まれ続けています。食経験は、非常に長いです。

しかし、近代(1990年代)に入るまで、この葛花の何がどのように効いているかは解明されていませんでした。

それを解明したのが熊本大学の研究チームでした。
カッカライドという新規成分も発見されています。

現在、カッカライド(イソフラボン配糖体の1つ)が(腸内細菌などによって)変化して薬効を示していることもわかってきていす。

また、野葛には解酒の効果だが、近種のシナクズにはダイエット効果があることがわかっています。これは、それぞれの種で含有するイソフラボンの違いによるものです。現在、シナクズのエキス末は、機能性表示食品にも利用されています。

ちなみに、熊本大学の研究では、野葛のイソフラボンとサポニンを天然比率で同時に摂取すると薬効が上がることまでわかっています。おそらく、イソフラボンの吸収率や生物学的利用能が高まるのでしょう。

昨年あたりから、弊社で中国・台湾向けの野葛(花)抽出物の案件が多いのも、こういった背景があるのです。
弊社の葛花抽出物は、この熊本大学の研究がベースとなり、イソフラボンとサポニンの両方を含んだ形で製造されています。

近年は、日傘サプリ(日焼け予防サプリ)などにも利用されることが多くなっています。
今後は、もっと美容方面で用途が広がっていけばなぁと思います。

最後に、この原料の使い方なのですが・・・
一番楽ちんなのは、錠剤やカプセルに加工すること。アラニンを基材に利用して、顆粒に加工するのもオススメです。
また、変わったところでは、ゼリーやトロミのあるスティックドリンクにしても良いでしょう。持ち歩きも便利です。
是非、いろいろ試していただければ幸いです。

人気サプリを斬る!3:ウコン/クルクミンは効く?効かない?

今、このウコン/クルクミンの記事が業界を騒がせています。

ウコンの主成分「クルクミン」には薬効がないとする研究、米ミネソタ大学

吸収について問題視しているのですが、実際、近年は、ナノ化されて吸収を高められた原料が機能性表示食品になっていたり、吸収促進素材でクルクミンの吸収が高まるというデータも報告されていたりもします。

参考:機能性表示食品の文言
本品にはクルクミンが含まれるので、健康な人の肝臓の機能の一部である肝機能酵素(GOT、GPT、γ-GTP)に対して健常域で高めの数値の低下に役立ち、健康な肝臓の機能を維持します。

クルクミンは、認知機能の改善でも報告がなされているので、何も効果がない訳でないと思います。ただし、条件設定が難しいともいます。
クルクミン素材の粒度、合わせる成分、加工方法などでも、結果は、大きく違ってくると思います。

何れにしても、ウコンの存在を好ましく思わない業界もありますので、この報告の拡散の背景には、いろいろ事情がありそうです。
大豆イソフラボンのように上限を設定される案(クルクミン上限30mg)もあったようなので、高吸収タイプのクルクミン素材が伸びていくのは間違えなさそうです。

まぁ、私は、ウコンの一番の薬効は、肝機能アップより胃腸の保護だと考えています。
元々、漢方では、胃腸薬です。
何も効果がないとは言い切れないのかな?とも感じています。

ちなみに、ウコン=肝臓ケアがここまで強いのは、日本だけ♪
日本人はアルコール代謝酵素を持っている人が少なく、欧米人は代謝酵素を持っている人が多く、欧米ではニーズが低いという事情のためです。

そして、中国や台湾など、漢方の世界において酒毒を解(消)すのは葛花です。葛根湯の葛の根ではなく花の部分。
始皇帝の前の時代から解酒茶として愛飲されています。
P1000091-2image
江戸時代までは、日本でも、解酒と言えば葛花でした。水戸黄門で有名な徳川光圀も愛飲していた文献が残っています。
面白いものです・・・。

人種によるサプリメント市場の差:アルコールによる肝機能サポート

アメリカの個人輸入サプリでは、アルコールによる肝機能サポートサプリというカテゴリーが無いです。
そもそも、アメリカには、ウコンやオルニチンなどのような、肝機能サポートサプリのニーズが無いようです。
それは、アルコール分解酵素の違い(差)だと思います。

アルコール代謝時に働くアセトアルデヒド脱水素酵素には、アセトアルデヒドが高濃度の時に働く「ALDH1」と、アセトアルデヒドが低濃度の時に働く「ALDH2」の2種類があり、お酒を飲んだ時には、主に「ALDH2」が働くようです。
ALDH2遺伝子には、活性型遺伝子(N)と不活性型遺伝子(D)があります。そして、アセトアルデヒドを分解する活性が充分にある「活性型」、1本の染色体にしか活性型遺伝子を持っていない「低活性型」、両方の染色体ともに活性型遺伝子を持っていない「不活性型」に分けられます。
低活性型の人は、あまりたくさんのお酒を飲むことができず、不活性型の人は、お酒をまったく飲むことができません。

白色人種や黒色人種の人は100%活性型で、アメリカ先住民やオーストラリア先住民などにはわずかに低・不活性の人が存在し、日本・中国・韓国人には低・不活性の人がかなり多く存在します。

したがって、白色人種や黒色人種がほとんどのアメリカでは、アルコールによる肝機能サポートの商品(サプリメント)の必要性が無いのです。
このアルコールによる肝機能サポートのニーズは、ALDH2遺伝子が低活性・不活性の割合が多いアジア人特有のものなんでしょうね。

まあ、弊社の酒毒を解す生薬である葛花なんて、まさにアジア市場だけの原料な訳です♪ それはそれで、結構大きな市場があるんですが。

もちろん、逆のパターンもあります。
例えば、加齢黄斑変性は、欧米では成人の失明原因の第1位で珍しくない病気ですが、日本では比較的少ないです。また、黒い色素を多く持ちブルーライトに強い人種である日本人の市場では、ブルーライト等に弱い欧米人ほどブルーライト対策にニーズはありません。
加齢黄斑変性やブルーライトに有効なルテインなどの市場サイズに影響しています。日本では、ブルーベリーが強く、ルテインの市場はまだまだアメリカほどではありません。必ずしも、アメリカで大きな市場を持つものが日本で大きな市場を築くとは限らないのです。

一方、加齢黄斑変性に関しては、人口の高齢化と生活の欧米化により近年著しく増加しており、失明原因の第4位となっています。50歳以上の人の約1%にみられ、高齢になるほど多くみられます。現代人は、PCやスマホなどブルーライトを発生する機器の利用時間の伸びと伴い、今後、ルテインのニーズが伸びる可能性は高いです。

市場では、ニーズやウォンツによって売れるものが変わってきます。そして、それらのニーズやウォンツも、人種や国でも変わりますし、時代などによって常に変化します。
それらの変化に柔軟に対応する必要性があるのです!
仕事のガイド
30万アクセスを超える前のノウハウを凝縮したブログ記事ガイド
ブログガイド

anti-bar
弊社のガイドです。
通販支援サイトDirectaから弊社ホワイトペーパー(商品開発ノウハウが凝縮)が無料でダウンロードいただけます!
趣味のガイド
競技空手研究
国内外を問わない空手の動画の解説や練習方法、グッツの紹介など
今のテーマはヨーロピアン空手
>> 國際松濤館 若草支部


ボクシングシューズ&コンプレッションまとめ
オススメの1足・1着を紹介!

新宿ラーメンバナー
新宿にお越しの際は、是非、参考に!
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
著書&顧問先
ヘルシー&ビューティー4
ヘルシー&ビューティー vol.4でプロテオグリカンの記事を書かせていただきました。

秘密の赤ワイン
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。


弊社顧問 吉田先生ブログ

<わたしの顧問先>
クリニカメディカ/髪のクリニックSeed
Y'sサイエンスクリニック
顧問先Y'sサイエンスクリニック
サプリに対する想いです。初めての方は、是非、読んでもらいたいです! ブログガイド 健康食品業界に20年近くいると、時代の流れというものも強く感じます。サプリメントは、市場の成熟と共に役割や環境も変化しています。社会に貢献できるサプリメント道というものを必死に模索しております。
プロフィール

博士(水産学) 44歳 富山県滑川市出身  (株)アンチエイジング・プロ COO 現 東京海洋大学卒 順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

営業は天職、通販化粧品会社や広告代理店での所属経験がある異色のコンサルタント。
プロフィール詳細は、カテゴリー最下段より。

カテゴリ別アーカイブ
厳選おすすめ書籍

業界人ならびに健康食品関係の企業は携帯必須。東京都のマニュアル最新版。今回は、若干厚い・・・。


日本抗加齢協会の機能性食品のデータブック


神田昌典さんの本で一番好きな一冊。分厚いけど、あっという間に読めちゃう一冊。Kindle版もあり。

健康食品通販オススメ書籍
本ブログは、Amazon アソシエイト・プログラムやバリューコマースを利用しています。オススメ書籍やスポーツ用品を示すのに活用しております。+マーケティング調査のためです。
良い商品はオススメしても、本プログラムで儲けるつもりはないため、スポーツ用品などは、Yahoo!ショッピングや楽天も含め、最も安いショップでご購入いただければ幸いです。