予防医療で介護なし!アンチエイジングライフ研究所★栗山雄司

年中、健康食品やサプリメントの製造や販売に関わっている代替医療事業クリエイターのブログです。医療機関向けサプリメントを得意とし、エビデンス型の商品開発を重要視しております。健康メディア用コンテンツ提供、騙されない健康食品の選び方や競技空手・ボクシングの格闘オヤジ日記、新宿ランチ紹介も。

介護のない世の中を作ることがです。介護のない世の中には、アンチエイジングを意識したセルフメディケーション;予防が不可欠です。健康食品・サプリメントも重要なツールの1つです。
また、健康食品業界を良くしていくため、消費者を騙しながらゴミ商品を販売している健康食品を撲滅しようと奮闘中!

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーターとして、日々、健康食品・サプリメントを作ってます。
ビジネスでは市場創造を重要視しております

健康医療分野のコンテンツならびに監修者紹介なども行っております。ご興味がございましたら弊社03-5362-0833まで電話もしくは「アンチエイジングプロ」で検索してお問い合わせください。

アンチエイジング

超高齢化社会における生涯スポーツの位置付け

多くの人に、若いと言われる。実際、私の体年齢もギリギリ20代を保っている。理由は、空手とボクシングによる週5の格闘技生活だろう。
まぁ、負荷は強すぎるので必ずしも体に良いとは言い切れないのだが、好きなことができている点では、ストレスが全くなく、とても充実しているので、精神面も考慮すると、ベストな状況だと考えています。
いずれにしろ、運動というものは、アンチエイジングにとって非常に重要な位置付けであることは間違えない。
そして、運動は、長く続けることが望ましい。
60代を超えると、動脈硬化性疾患予防に加えて認知症予防やロコモ対策の意味も強まっていく。

平均寿命は延びるけど健康寿命が延びず、超高齢化社会が進む今、生涯スポーツというものは、必要不可欠なものになっていくと予測している。

近年、しきりに健康番組でダイエット法や健康法について紹介されるが、定期的に運動すればよいだけだと思う。

一方、社会人になると、なかなか運動というものを継続できない。
それが現実だと思う。

社会人になると、就職という環境の変化に加え、結婚・(女性は)出産・子育が始まる。
自分の時間も、自由になるお金も減るだろう。
女性は、妊娠したら、多くの人が習い事を止めてしまう。

私ですら、空手に10年ものブランクがあった。
まぁ、そうは言いつつ、うち4年くらい(半分は夫婦で、もう半分は子供達の体操教室の付き添いで)はジムに通っていたが・・・。
今の私のように社会人でアスリートを続けようと思うと、かなりの努力が必要だと思う。

運動を再開するタイミングというものは、人生においていくつか存在する。

1. 子供が習い事を始める時
2. 子供に手がかからなくなった時
3. 定年退職した時
4. 体を壊した時


実際、うちの父は、定年退職後、ペタンクを始めている。
今年は、審判資格も取得したようだ。
遅くなったが、生涯スポーツを見つけて継続している。たまにプールにも行っているようで、非常に元気だ。非常に喜ばしいことだと思う。

まぁ、子供が習い事を始める時を狙うのが一番良いだろう!
私もそうだった。

うちの青梅の空手教室などは、原則、親も参加することになっている。今年は、園児のお母さんも始め、子供より真面目に頑張っている。
そういった点が、空手の良いところだと思う。
また、何歳になっても、続けることができる。
生涯スポーツとなっていくかは難しいところだが、親子の大きな接点にもなる。
子供の教育上、非常に良い!

子供にスポーツをさせるのは簡単だ。指導者に任せればよい。
一方、子供は、親が離れると、ガラッと態度を変える子がいる。強制が強いのだろう。私は、将来、そういった子供は要注意だと思う。

親も頑張る姿を見せて、子供も成長する。
それがベストだと思う。

トップアスリートの親も、子供に人力を注ぎ込むが、トップアスリートを育てるつもりでなければ、人間教育という観点では、親子で成長した方が人生の中でのメリットは大きいと考えています。
親が一番身近な指導者となる。
そして、子供と一緒に始めたスポーツを生涯スポーツとしていければ、もっと良いことだと思います。指導者の道に進む人もいるだろう。

常に目標を持ち続けることが重要!

子供に手がかからなくなった時(巣立った時)や子供がスポーツを止めた時、再度、問われる時も来るだろう。その時は、子供が離れるので、自分自身がそのスポーツと向かい合わなければならない時なのだと思う。

私は私で、こういったことを体系化してもっとしっかりした形で進めていくため、自分が成長できる環境がある今、少しでも積み重ねていこうと考えている。
詳細はヒミツ(笑)
あと、2年は、修行が続く。
その後は、まだ具体的に考えていないが、先に進むと思う。

いずれにしろ、私は、仕事だけでなく、人生の中でアンチエイジング論を体現していければと思う。

子が親の健康ためにお金を使わざる終えなくなる時代へ

現在、超高齢化社会がさらに進むにつれて、シニア層の消費動向も変化してきています。
年金だけの収入で貯蓄が増えることはないので、長生きすることが不安につながり、消費に拍車をかけている現状があります。
一部の富裕層を除き、年々、シニア層の消費も鈍くなり始めています。

これは、平均寿命ほど健康寿命が延びない時に生じる動きだと思います。

過去、通販業界でも、親が通販で定期購入していた商品を子が解約するということは多々ありました。
例えば、本人死亡の顧客リストに電話をかけると、突然、死んだはずの本人が電話に出て、子供が定期コースを解約していたことが発覚し、定期コースを再開するというようなこともあったようです。

今は、その現象が逆転し始め、子が親のために良い健康食品・サプリメントを探して与えようとする傾向が強まっています。

今、弊社で多いのは、認知症の親を持つ子供(っと言っても、おじさん、おばさん)からの問い合わせです。
特に、弊社の場合、ヤマイモ抽出物(ジオスゲニン)の問い合わせが多いです。
富山大学のエビデンスを見ているのでしょ。
原料1kg買うという方もいるくらいです。

まさに、子が親の健康ためにお金を使う時代へと突入し始めているのでしょう。

介護離職・介護離婚・介護破産など、起こり始めている現実を考えると、そうならざる終えないのだと思います。

実際、介護は若者の労働力も奪うため、日本にとっても競争力を奪っていってしまう可能性もあります。ほんと、何とかしないといけないと思います。
私は、こういった問題に一石を投じるような素材開発を行っていきたいとも考えています。

そういった状況を一早く察知し、老人が老人自らで介護を行おうとしているかい援隊本部という会社も存在していたりもします。

現実問題、もっと大変なのは、我々世代を含めた若手の老後です。
まず、我々の老後は、年金を今程もらえない時代。
老人が増えれば、反対に、介護の料金も高くなる可能性も高いです。

加えて、これだけ所得格差が開き、中流層から下流層へと流れ込んでいる現代、将来、老後破綻してしまう人もたくさん出てくると予測されます。

健康であり続けなければ、安心して生きていけない時代へと変化していくでしょう。

当然、アンチエイジング格差は生じます!

また、定年も75歳くらいまで引き上げないと、日本は年金制度を維持できない状況もあるので、我々世代以降の世代は、若々しさを保つことで、頑張って長く働かなければならないです。

冗談ではなく、100歳くらいまで健康であり続けることを視野にアンチエイジングに取り組んでいく必要があるのだと考えています。

何事も生涯現役!と考えている私ですが、人生、長ぇなぁと思いつつ、まずは、その長い人生に臨む気持ちから変革していかなければならないのだと思います。
皆さん、頑張りましょう!

生涯スポーツの重要性とアンチエイジング

農家のおじいちゃんおばあちゃんは、単に長生きするだけでなく、健康寿命も長いように感じています。認知症も少ないように思えます。

理由は、日々の労働で体を動かし続けているからだろうと考えています。

体を動かすって大事なことなんだろうなぁと思います。

だからといって、体を動かし続けることができる環境を作るのは難しいのが現状です。

まぁ、会社を定年退職してから、何らかのスポーツを始めようという方は少ないでしょう。
今の60代は若いので、ゲートボールなんてやらないでしょうし、ウォーキングやジム通いは、なかなか続かないです。
でも、衰えは、その時期から一気に来るのです。

理想は楽しめる生涯スポーツを見つけること!
運動は、重要なアンチエイジング
です。

現代人は、体を若く保ち、健康寿命を延ばす努力が不可欠です。
これから高齢化がもっと進む超高齢化社会で生きていく我々は、健康でい続けなければならないのです。

ただ長生きするだけではダメ なのです。

介護が必要になると、家族に負担がかかります。
最悪、介護離職・介護離婚・介護破産というものまで生じてしまいます。
今や、子が親のために介護予防のお金をかける時代が到来しようとしています。

食事と運動

それに勝るアンチエイジング法はないと思います。

私の家庭の話。
幸い、私の父は、ペタンクを続けているのもあり、元気です。
何気に、ペタンク富山県代表・・・。
最初は痩せるため(糖尿病対策)が目的でしたが、運動って、ほんと、大事だと思います。幸い、定年後に良い仲間にも出会えたのでしょう。

おそらく、父は、ペタンクを生涯スポーツとするでしょう。
とても良いことだと思います。

ちなみに、生涯スポーツを見つけるタイミングは、いくつかあると思います。
その1つが子育てが一段落ついた時期、40歳前後。でも、見つけようと思わないと見つからないでしょう。

私の場合、おそらく、(10年ぶりに復帰した)空手が生涯スポーツとなるでしょう。できれば、60を超えても競技空手を続けていたい。
まあ、仕事も引退することはないと思いますが。
空手も仕事も、生涯現役を貫こうと思います!
仕事のガイド
30万アクセスを超える前のノウハウを凝縮したブログ記事ガイド
ブログガイド

anti-bar
弊社のガイドです。
通販支援サイトDirectaから弊社ホワイトペーパー(商品開発ノウハウが凝縮)が無料でダウンロードいただけます!
趣味のガイド
競技空手研究
国内外を問わない空手の動画の解説や練習方法、グッツの紹介など
今のテーマはヨーロピアン空手
>> 國際松濤館 若草支部


ボクシングシューズ&コンプレッションまとめ
オススメの1足・1着を紹介!

新宿ラーメンバナー
新宿にお越しの際は、是非、参考に!
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
著書&顧問先
ヘルシー&ビューティー4
ヘルシー&ビューティー vol.4でプロテオグリカンの記事を書かせていただきました。

秘密の赤ワイン
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。


弊社顧問 吉田先生ブログ

<わたしの顧問先>
クリニカメディカ/髪のクリニックSeed
Y'sサイエンスクリニック
顧問先Y'sサイエンスクリニック
サプリに対する想いです。初めての方は、是非、読んでもらいたいです! ブログガイド 健康食品業界に20年近くいると、時代の流れというものも強く感じます。サプリメントは、市場の成熟と共に役割や環境も変化しています。社会に貢献できるサプリメント道というものを必死に模索しております。
プロフィール

博士(水産学) 44歳 富山県滑川市出身  (株)アンチエイジング・プロ COO 現 東京海洋大学卒 順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

営業は天職、通販化粧品会社や広告代理店での所属経験がある異色のコンサルタント。
プロフィール詳細は、カテゴリー最下段より。

カテゴリ別アーカイブ
厳選おすすめ書籍

業界人ならびに健康食品関係の企業は携帯必須。東京都のマニュアル最新版。今回は、若干厚い・・・。


日本抗加齢協会の機能性食品のデータブック


神田昌典さんの本で一番好きな一冊。分厚いけど、あっという間に読めちゃう一冊。Kindle版もあり。

健康食品通販オススメ書籍
本ブログは、Amazon アソシエイト・プログラムやバリューコマースを利用しています。オススメ書籍やスポーツ用品を示すのに活用しております。+マーケティング調査のためです。
良い商品はオススメしても、本プログラムで儲けるつもりはないため、スポーツ用品などは、Yahoo!ショッピングや楽天も含め、最も安いショップでご購入いただければ幸いです。