幸せ笑顔を作るアンチエイジングライフ研究所★栗山雄司

年中、健康食品やサプリメントの製造や販売に関わっている代替医療事業クリエイターのブログです。医療機関向けサプリメントを得意とし、エビデンス型の商品開発を重要視しております。健康メディア用コンテンツ提供、騙されない健康食品の選び方や競技空手・ボクシングの格闘オヤジ日記、新宿ランチ紹介も。

介護のない幸せ笑顔あふれる世の中を作ることがです。そのためには、アンチエイジングを意識したセルフメディケーション;予防が不可欠です。健康食品・サプリメントも重要なツールの1つです。
また、健康食品業界を良くしていくため、消費者を騙しながらゴミ商品を販売している健康食品を撲滅しようと奮闘中!

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーターとして、日々、健康食品・サプリメントを作ってます。
ビジネスでは市場創造を重要視しております

健康医療分野のコンテンツならびに監修者紹介なども行っております。ご興味がございましたら弊社03-5362-0833まで電話もしくは「アンチエイジングプロ」で検索してお問い合わせください。

アパレル

物の価値観と商品ブランディング

年明け、新宿を歩いていて、改めて感じたこと。
今年は、高級ダウンを着ている人が多い。カナダグース、モンクレール、タトラスなど。

そして、ネットでは、もうカナダグースが古着屋で大量に出回っている。
日本人の流行に流されやすく、熱しやすく冷めやすい性格を表している。

ついつい、物の価値って何なんだろう?と思ってしまう。

極論を言うと、ユニクロのダウンと比べると、デザインや機能性にどのくらいの差かあるだろうか?

高い洋服を着て自己満足している感をどうしても感じてしまう・・・。
おそらく、SNSで自己表現(情報発信)する文化が影響しているんだろうと考えています。

物の価値とは面白い。

ブランドという付加価値が付くと、商品力以上の価格で販売が可能になる!

アパレル関連に限らず、化粧品にも同様な要素がある。
まぁ、化粧品は、二極化しているのだが。

健康食品には薄い要素である。
原価率が高めの勝負になりやすい所以だと思います。
まぁ、健康食品のブランディングは、エビデンスの蓄積や安全管理などでイメージアップを行っていく手法に限定されるのだろう。

健康食品は、どちらかというと商品を売るのではなくコンセプトを売る感じが強く、

企業の姿勢という表現し、ブランディングしていくものなのかもしれない。

市場が成熟すると、マーケティングを行っていく上で、ブランディングというものも意識していかなければならないのだろう。
今後、その点を検証していければと思っています。

<ここからは雑談>
ちなみに、私は、ここ数年、古着が多い。
覚えてもらってナンボというポジション、他人が着ていない洋服という自己表現を意識している(笑)ので、どうしても古着が多くなってしまう。
ブランド品はデザインが優れている物も多いので購入することも少なくないが、スリムなものも多いので、ゴツい私は買って後悔することも度々ある。

また、年々、プライベートとビジネスの洋服が近づきつつある。
ビジネスがカジュアルになり、年齢と共にプライベートが堅くなるので、仕方ないのだろう。

今後、私は、少しフォーマル感を強めていこうと考えています。
スニーカーの頻度は減らし、ネクタイも着けていく予定。特に、ウィンターシーズン。
(でも、デニムは、譲らん。)
昨年5月、ジュネーブでの展示会でヨーロッパのビジネスファッションを目にして、いろいろ感じた。また、ベルギー発のフォーマルのファストファッションなども目にしました。また、アメリカでは、日本の半値近いブランドの存在も確認している。
今年は、いろいろ発見したものを活用しながら、ヨーロッパで感じたものを表現していこうと思います。

均一なサービス提供の行き着く先の飽和市場

ただ今、長岡市のショッピングモールに家族で訪れています。
ここ数年、地方のショッピングモールを訪れる度に感じることがあります。それは、タイトルの「均一なサービス提供」というものが日本全国で進んでいるんだぁということです。

過去、我々の高校時代は、欲しいブランドの洋服は、わざわざ東京に訪れても購入していました。メンズファッション誌を読みながら、欲しい欲しいと思っていました。
ちょうど私の世代は、Shipsが出始め、BEAMSが全盛期へと向かう時期でした。あと、今はないトランスコンチネンツなども人気でした。その後、大学時代(大学院時代を含む)になると、ポールスミスが表れ始めました。
当時、東京に住んでいた私は、それほど魅力を感じなくなりつつありましたが、地方では、手に入らないブランドばかりです。

今や、日本の人気ブランドは、日本のどの地域に言っても、それなりに購入できます。まして、ネットの直販を行っているブランドも増えているので、ここでしか買えないという限定感のあるブランドは激減しました。まぁ、日本のファッションも均一化した訳だが・・・。
アパレルに限らず、飲食店でも同じようなことが言えると思います。
ビアードパパは、最初、渋谷駅前でしか購入できなかったし・・・コージーコーナーも、昔、店舗数は少なく、チーズケーキスフレも差し入れると喜ばれた。
こういった時代になると、均一なサービス提供が全国レベルで実践できていても、市場には飽和感が出てきます。

市場って、そんなものなのでしょうねぇ・・・。
ちょっと寂しい・・・。
まぁ、だから私は、個人輸入や並行輸入品に走っちゃうのかな・・・。

例えば、アメリカンイーグルは、国内で店舗展開が進んだおかげで、限定感がなくなり、魅力を感じなくなった・・・。まぁ、まだまだ限定感があるブランドだけど。

そういった飽和しつつある市場の中、店舗展開をし過ぎて、失敗した例も出てきています。
例えば、クリスピードーナッツ。
今後、一風堂も、そうなるんでは?とも感じています。

大きく展開していくためには、商品力や飽きさせない提案力も求められるのかなぁと感じています。
また、適度な限定感って大事なんだと思います。

健康食品業界も同じだと思います。
飽和度は、似たような状況になってきています。
どこでも買えるものは、それ程、魅力を感じさせないでしょう。今後の商品戦略では、ここでしか買えないという限定感を如何に演出していくかが重要になっていくでしょう。
我々のミッションは、常に新しく良いものを提供していくこと!
頑張らないと!
仕事のガイド
30万アクセスを超える前のノウハウを凝縮したブログ記事ガイド
ブログガイド

anti-bar
弊社のガイドです。
通販支援サイトDirectaから弊社ホワイトペーパー(商品開発ノウハウが凝縮)が無料でダウンロードいただけます!
趣味のガイド
競技空手研究
国内外を問わない空手の動画の解説や練習方法、グッツの紹介など
今のテーマはヨーロピアン空手
>> 國際松濤館 若草支部


ボクシングシューズ&コンプレッションまとめ
オススメの1足・1着を紹介!

新宿ラーメンバナー
新宿にお越しの際は、是非、参考に!
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
著書&顧問先
ヘルシー&ビューティー4
ヘルシー&ビューティー vol.4でプロテオグリカンの記事を書かせていただきました。

秘密の赤ワイン
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。


弊社顧問 吉田先生ブログ

<わたしの顧問先>
クリニカメディカ/髪のクリニックSeed
Y'sサイエンスクリニック
顧問先Y'sサイエンスクリニック
サプリに対する想いです。初めての方は、是非、読んでもらいたいです! ブログガイド 健康食品業界に20年近くいると、時代の流れというものも強く感じます。サプリメントは、市場の成熟と共に役割や環境も変化しています。社会に貢献できるサプリメント道というものを必死に模索しております。
プロフィール

博士(水産学) 44歳 富山県滑川市出身  (株)アンチエイジング・プロ COO 現 東京海洋大学卒 順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

営業は天職、通販化粧品会社や広告代理店での所属経験がある異色のコンサルタント。
プロフィール詳細は、カテゴリー最下段より。

カテゴリ別アーカイブ
厳選おすすめ書籍

業界人ならびに健康食品関係の企業は携帯必須。東京都のマニュアル最新版。今回は、若干厚い・・・。


日本抗加齢協会の機能性食品のデータブック


神田昌典さんの本で一番好きな一冊。分厚いけど、あっという間に読めちゃう一冊。Kindle版もあり。

健康食品通販オススメ書籍
本ブログは、Amazon アソシエイト・プログラムやバリューコマースを利用しています。オススメ書籍やスポーツ用品を示すのに活用しております。+マーケティング調査のためです。
良い商品はオススメしても、本プログラムで儲けるつもりはないため、スポーツ用品などは、Yahoo!ショッピングや楽天も含め、最も安いショップでご購入いただければ幸いです。