幸せ笑顔を作るアンチエイジングライフ研究所★栗山雄司

年中、健康食品やサプリメントの製造や販売に関わっている代替医療事業クリエイターのブログです。医療機関向けサプリメントを得意とし、エビデンス型の商品開発を重要視しております。健康メディア用コンテンツ提供、騙されない健康食品の選び方や競技空手・ボクシングの格闘オヤジ日記、新宿ランチ紹介も。

介護のない幸せ笑顔あふれる世の中を作ることがです。そのためには、アンチエイジングを意識したセルフメディケーション;予防が不可欠です。健康食品・サプリメントも重要なツールの1つです。
また、健康食品業界を良くしていくため、消費者を騙しながらゴミ商品を販売している健康食品を撲滅しようと奮闘中!

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーターとして、日々、健康食品・サプリメントを作ってます。
ビジネスでは市場創造を重要視しております

仕事のご依頼がございまいたら、弊社までお気軽にお問い合わせください。

アスパルテーム

合成甘味料にまみれる日本の食品

年末年始、食品を買っていて、改めて思うこと。
合成甘味料が使われ過ぎ。
こんなもんにも?と思う商品を発見する。

甘酒
レトルトおしるこ
つけ麺
ふりかけ
ポテトチップス
スポーツドリンク

80317C30-F875-4717-B444-3EF704EF46E9

まぁ、飲料系や菓子は、合成甘味料が使われていないものを探すのが大変なくらい多用されています。
今や、その波は、一般食品まで押し寄せてきています。

海外は脱合成甘味料が進みつつあるのに・・・。

今、米国では、ラカンカ(モンクフルーツ)の植物由来甘味料がブームで、市場が急激に成長している。スタバもラカンカを採用している。

中には、アスパルテームが禁止されている国もある。また、強調表示をしなければならない国もある。

こんなCMまで流され、ほんと、日本は、合成甘味料天国である。



このCMを見るだけで吐き気がする。
日本人の味覚というものをダメにしていると思う。

また、私の持論として、合成甘味料は認知症や不妊に必ず関係していると思う。

親の責任としては、合成甘味料の入っていない食品を選ぶように子供を徹底教育しなければならないと思う。

合成甘味料が採用されてしまう背景

近年、合成甘味料フリーを指定したプロテインドリンクなどのニーズが高まっています。実際、ゴールドジムの一部のプロテインドリンクは合成甘味料フリーになっていて、そういった影響もあるようです。
私は、合成甘味料を極端に避けているので、個人的に、良い傾向だと思います。

一方、こういった要望を出しながら、最終的に合成甘味料を使用されるケースは数なくないです。
理由は、何と言ってもコストです。
企業は、原価率を下げる方を選択してしまいがちです。
とても残念。

私は、よく、合成甘味料問題になると「砂糖より安いから仕方ない。」という表現をします。

一番安い部類の合成甘味料は、砂糖の150倍以上の甘さがあっても原料単価で数千円まで価格が下がっています。まぁ、中国の会社がかなり安く供給しているので・・・。

加えて、アスパルテームなんて、アセスルファムKを合わせると甘味の立ち上がりが砂糖に近くないり、しっかり後を引く甘みも残るので、満足度の高い甘みになるんですわぁ。味の設計を行っている人間としては便利。
そういった商品の味見をしなければならないので、私は、味のある商品は作りたがらない・・・。

そして、カロリーゼロと、いかにも健康な甘味料のように表記できるのも市場で広がる一因です。
まぁ、最近、カロリーゼロでも、糖尿病などのリスクを高めることが明らかになってきているので、もっと大々的に研究報告を紹介していくべきなんでしょうけどね・・・。
まず、テレビのニュースでは、なかなか報道されにくいでしょうね・・・。

また、近年は、合成甘味料の一部で発がん性データが出ていたりします。なので、アメリカでは、企業が自主的に使用を制限し始めている傾向があります。
(私の持論として、毒性が無くても、合成甘味料と認知症の発症率は関係があると考えています。)
なので、ステビアやラカンカの天然甘味料は、価格が上がりつつあり、アメリカの展示会でも頻繁に見かけるようになりました。ラカンカが英語でモンクフルーツっていうんだぁと、とても印象に残っています。

まぁ、日本でネガティブな情報は、なかなか報道されないでしょう。
ぶっちゃけ、日本のアスパルテームの使用に関しては、他国と比べて、ちょっと異常な感じもするんですけど・・・。国によっては、アスパルテームが使用された商品は輸出できないんですけどね。

私の個人的な憶測ですが、その背景には、アスパルテームの製法を生んだのが日本の大企業だからという理由があるのだと考えています。
多くの広告のスポンサーにもなっているので、まぁ、仕方ないんでしょうね・・・。

あと、とても残念なこと。
保存料・合成着色料フリーを謳うのにナチュラルテイストの商品なのに、合成甘味料と香料だらけの商品が存在してしまっている点。スムージーなどに多いです。
日本の表示規制(優良誤認の部分)も甘い部分が存在するからです。
粉末の加工食品で保存料や合成甘味料が入らないのは当たり前。日本でもナチュラルテイストを謳うための明確な基準(例:天産物由来〇%以上で、合成の食品添加物が使用されていない 等)が作られれば良いのにと、いつも思っています。
現状、消費者は、騙されないよう、きちんと原材料表示を確認しなければならないのです。
気を付けましょう!

アンチエイジングで生涯現役:夢を追っている老後生活を目指して!

ここ最近、介護の問題や事件が多く報道されております。アンチエイジングと介護は、切っても切り離せないものです。
アンチエイジングとは、ステージによって、求めるものが異なってきます。

前期アンチエイジング(アーリーアンチエイジング) 20代~30代前半:見た目の老化予防(美容)
中期アンチエイジング 30代後半~40代:健康割合の強い老化予防、がん予防
後期アンチエイジング 50代以上:認知症予防を重要視した健康

中期当たりから、老後というものも意識し始めたアンチエイジングというものが求められ始めてきます。そして、後期では、深刻に認知症予防を意識し始めます。

当然ながら、この認知症と介護の問題は、切っても切り離せないものです。私は、介護問題を少しでも解消していくためには、認知症の発症を少しでも後伸ばしにしたり発症しない予防が重要になってくると考えています。
なので、老後は夢を追おうと考えている私も、積極的に予防するように意識しております。

<私が行っている認知症予防>
抗酸化物質を積極的に摂取する。
・生涯スポーツを見つけ積極的に運動する。
・生涯現役を意識した人生プラン。
・健康的な食生活。
・自己免疫を高めることを重要視して薬に頼らない。


まあ、レスベラトロールにかかわりの強い私ですから、当然ながら、レスベラトロールを中心として抗酸化物質を積極的に摂取しています。最近では、漢方の理論で、ポリフェノール単体で摂取するより、サポニン系の素材を組み合わせて摂取するように心がけています。
最新の持論ですが、ポリフェノールなどの抗酸化物質は、1つのものを過剰に摂取するより、複数のもの(カロテノイド・フラボノイド・含硫化合物など)をサポニン系成分と共に少しづつ摂取していくことが好ましいのかな?とも感じ始めています。理想は、摂取する抗酸化物質も日替わりすること。

私の生涯スポーツは、格闘技です。
今のところ、空手とボクシングですが、変化する可能性もあります。でも、格闘技であることは、変わらないでしょう。

人生プラン。話すと長くなりますので、手短に。
基本、引退するつもりは全くありません。希望は、大学に所属しながら、何らかの研究を行いたいと行っています。今は、夢でなくビジョンの実現にがんばっていますが、再度、夢を追うのも良いかな?とも考えております。
まあ、そのためには、脳や体の健康が前提です。

食生活は、意識していますが、なかなか難しいと考えています。一番の課題です。
野菜が多いバランスが取れた食事は、なかなかできないです。

一方、最低限、アスパルテームを始めとした合成甘味料は、摂取しないように徹底しています。甘くない(カロリーがない)のに甘いと感じさせる成分が脳に良いはずがないです。まあ、アスパルテームは発がん性が発覚し、アメリカでは制限が始まっていますが、これら合成甘味料は、長期的な摂取による疾患の発生リスクまで検証されている訳ではありません。
また、私は、男性不妊も少なからず影響しているのでは?とも疑ってます。
私は、脳や不妊に限らず、絶対に健康へ影響があると考えているので、家族全体で摂取しないように徹底しています。

薬に極力頼らない点ですが、薬の中でも、抗生物質は絶対に摂取しません。
母の死因にも関係していますし、抗生物質で腸内環境を変化させることは、良いことではないと思っていません。なので、薬を飲んでも、総合感冒薬まで。
基本、やばいなぁと思ったら、寝るときもマスクして、葛根湯やβグルカンなどを摂り入れ、体を温めるように徹底することで乗り切るようにしています。
食生活では、免疫を高めるため、ヨーグルトや納豆などの発酵食品で菌活するようにも心がけています。あと、年々、冷たいものは、体を冷やすので、飲まないようになってきています。水も、常温が多いです。

私のアンチエイジング法は、正しいと信じて行われていますが、結果は、現段階ではわかりません。
だけど、努力することは、大事だと思います。
努力を怠らないよう、日々努力していきたいと思います。
仕事のガイド
30万アクセスを超える前のノウハウを凝縮したブログ記事ガイド
ブログガイド

anti-bar
弊社のガイドです。
通販支援サイトDirectaから弊社ホワイトペーパー(商品開発ノウハウが凝縮)が無料でダウンロードいただけます!
趣味のガイド
競技空手研究
国内外を問わない空手の動画の解説や練習方法、グッツの紹介など
今のテーマはヨーロピアン空手
>> 國際松濤館 若草支部


ボクシングシューズ&コンプレッションまとめ
オススメの1足・1着を紹介!

新宿ラーメンバナー
新宿にお越しの際は、是非、参考に!
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
著書&顧問先
ヘルシー&ビューティー4
ヘルシー&ビューティー vol.4でプロテオグリカンの記事を書かせていただきました。

秘密の赤ワイン
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。


弊社顧問 吉田先生ブログ

<わたしの顧問先>
クリニカメディカ/髪のクリニックSeed
Y'sサイエンスクリニック
顧問先Y'sサイエンスクリニック
サプリに対する想いです。初めての方は、是非、読んでもらいたいです! ブログガイド 健康食品業界に20年近くいると、時代の流れというものも強く感じます。サプリメントは、市場の成熟と共に役割や環境も変化しています。社会に貢献できるサプリメント道というものを必死に模索しております。
プロフィール

博士(水産学) 44歳 富山県滑川市出身  (株)アンチエイジング・プロ COO 現 東京海洋大学卒 順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

営業は天職、通販化粧品会社や広告代理店での所属経験がある異色のコンサルタント。
プロフィール詳細は、カテゴリー最下段より。

カテゴリ別アーカイブ
厳選おすすめ書籍

業界人ならびに健康食品関係の企業は携帯必須。東京都のマニュアル最新版。今回は、若干厚い・・・。


日本抗加齢協会の機能性食品のデータブック


神田昌典さんの本で一番好きな一冊。分厚いけど、あっという間に読めちゃう一冊。Kindle版もあり。

健康食品通販オススメ書籍
本ブログは、Amazon アソシエイト・プログラムやバリューコマースを利用しています。オススメ書籍やスポーツ用品を示すのに活用しております。+マーケティング調査のためです。
良い商品はオススメしても、本プログラムで儲けるつもりはないため、スポーツ用品などは、Yahoo!ショッピングや楽天も含め、最も安いショップでご購入いただければ幸いです。