競技空手研究の記事も増えてきましたので、ポイントをまとめる上で、まとめを作ることにいたしました。

まず、変化する立ち方について。

進化する競技空手の組手の構えや立ち方

基本は、基立ちから始まっています。少しづつ改良され、今の形に変化しています。近年、日本では、四股立ちの選手も増えています。

次は、あまり解説されることのない足さばきについて。

競技空手の足さばき/フットワーク

基本、フットワークは、この足さばきから成り立っています。
近年のフットワークも、寄せ足の変形であり、寄せ足と継ぎ足のミックスです。そして、以下の突き技の記事へとつながってきます。

突き技のポイント:ステップインの形とスピード

蹴り技は、このページで紹介されている稽古に尽きます。

最新の蹴り技で間合いを制する

日々稽古してマスターしないと、蹴りでポイントは取れません!

大事なのは基礎力!

日々努力あるのみです。地道な努力が必要です。
なかなか解説・紹介されないような情報も含まれます。是非、これらの情報を活用いただければと思います。