健康食品サプリメント原料OEM製造業界 生き残り術

健康食品サプリメントの受託製造加工;OEMや原料供給を行う栗山雄司(広告代理店経験のある博士マーケッター)のブログ。原料クリエイティブからの商品設計ノウハウ、最新研究データ、機能性表示食品、食品表示法・薬機法・景品表示法、中国を始めとした海外展開の話など

機能性食品素材で介護のない幸せ笑顔あふれる世の中を作ることがです。そのためには、素材の研究開発とマーケット創造の両方が不可欠です。
本ブログでは、その理想像を追い求めながら、その実践で得られた市場での生き残り術を紹介していきます。

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーターとして、日々、健康食品サプリメントを作ってます。
近年は、機能性表示食品にも力を入れております。

仕事のご依頼がございまいたら、弊社までお気軽にお問い合わせください。

健康食品業界の営業

健康食品サプリメント市場の成熟と若手営業マン評価

健康食品サプリメントの業界誌では、あたかも成長し続けるように見せているケースもありますが、今、健康食品サプリメント市場は、完全に成熟期になりつつあります。

今回、一気に広告審査基準が厳しくなったことにより、新興ネット通販会社さんが逃げの体制に入ったことで、その成熟度は、更に進んだと思います。



こういった変化により、新興ネット通販会社の新規参入も激減しています。
先日も紹介しましたが、完全に、儲かるモデルが崩れましたからね・・・。

昨日の記事でも紹介している通り、勝ち残る商品開発も、リピート率やLTVを追う時代になりました。



まぁ、中小企業には厳しく、大手さん優位の時代になりつつあります。
この成熟がさらに進むと、究極的に、健康食品は、保健機能食品(トクホ、機能性表示食品、栄養機能食品)しか売れなくなる。
ものすごく米国市場に近づく。

こういった成熟期になると、既存案件を持っていない若手営業マンの評価が難しくなる。
だからと言って、新規案件も少なくなっているので、なかなか成果を出しにくい。

OEMの営業マンの場合、中国バブルの案件ラッシュ(2014・2015年)以前から営業を行っていた営業マンは、それなりに良い案件を獲得できているだろう。
一方、その中国バブルの案件ラッシュが終息した後に入ってきた若手営業マンは、なかなか案件を獲得できずに苦しんでいるだろう。
新規案件が激減し、ベテラン営業マンと若手営業マンで、格差が生じている。
そういった背景から、特にコロナ禍で、若手営業マンの離職(ほぼ解雇)が目に付くようになってきています。

時の運 というものが格差を生んでいるんだろう。

ぶっちゃけ、今の若者は、優秀なのに評価されにくい。
加えて、優秀さを活かしきれていない。

より具体的な事例で説明すると・・・
原料会社なんて、商社・問屋さんを介した間接的な取引を含め、そこそこの原料会社さんなら、主要受託加工会社や大手さんの営業マンが固定化されているでしょう。
その状況で新規を取ろうと思っても、なかなか取れない。

その変化を加味することなく数字だけで人材評価すると、若手営業マンから離脱していってしまいます。
会社にとって、良いことではない。
経営側も、柔軟に対応しなければいけない時期に来ていると思います。

ちなみに、10年前であれば、売上だけでなく新規案件獲得数に重きを置いて人事評価することで、若手営業マンの評価を公平に行うことができましたが、今の局面、新規獲得数も公平な評価につながりにくくなっています。
評価も大変な時代。

一方、若手営業マンは、シニア営業マンにない武器を作っていく必要があります。



例えば、オンラインでプレゼンする技術など。
新しい技術に積極的にチャレンジしていくべきでしょう。

もしくは、今後、会社は、営業マンを雇用するのではなく、集客担当のマーケッターを雇用していく時代なのかもしれない。
成長していくためには。
ただし、医療健康系は、エビデンス型コンテンツマーケティングが主流になっていくため、人材は、何らかのスペシャリストであっても良いのかもしれない。



弊社も求人募集を行っていますが、新型コロナの影響により、必要な人材は、営業ではないのかもしれない。
現在、検討中。
まぁ、基本的に、文献が読める程度の理系の人材であれば、コンテンツ作成と営業の両立が可能でしょう。

企業のノウハウ構築と成長条件

この健康食品サプリメント製造業界、特に原料メーカーでは、キーマンの退職で売上がガタ落ちするケースが多々あります。

単に、仕事がキーマンと共に移行するだけでではないです。

そのキーマンが、会社が上手くいっている重要要素を握っていることがあるからです。

むしろ、仕事なんて、後から付いてくるもの。

そのキーマンがどんな重要要素を握っているかによりますが、ざっと以下のような要素があるでしょう。

人脈
営業ノウハウ
販売ノウハウ
技術ノウハウ(研究関連・特許)
経営ノウハウ


人によっても、その構成割合も異なってくるでしょう。

人脈だけで大きな案件を獲得してくるノウハウを持っていらっしゃる方もいれば、営業チームを作って、効率的に営業を行うノウハウを持っていらっしゃる方もいるでしょう。

私の場合、人脈はあるかもしれませんが、必要以上に利用しないです。
顧客に選んでもらうことを大事にするため、技術ノウハウで販売につなげるスキームを構築することを重要視しているからです。
技術ノウハウ型。
だから、弊社は、完全プル型営業が成り立っています。

一方、業界も成熟したので、人脈だけでは、売上アップには繋げにくいです。
業界のほとんどの会社が成長していた時代とは異なります。

過去、こういった記事も書いたこともあるんですが・・・
やっぱり、担当者が持っている仕事目当てで、人を引っ張ろうとする会社も少なくないです。



数年前、私の人脈やノウハウを当てにして、ヘッドハンティングのオファーを出してきたOEM会社さんがありましたが、人脈とノウハウだけ吸い取ってポイ捨てされるだけだなぁと思っていました。
持ってこさせるのに、持ち帰ると訴える会社・・・。

こういった売上を伸ばすためのノウハウは、企業自身で構築するものだと思います。

入社条件を仕事を引っ張ってくることとしては、絶対にいけないと思う。

ちなみに、私のように技術ノウハウ型の経営者は、離職率が高い会社になりやすいです。
実際、高いと思う。
社員にも自分と同じものを求めがちですし、ぶっちゃけ、社員の交換がききやすい組織を作りやすいからです。
だから、私は、人一倍、気を付ける必要があります。

また、私は、顧客や取引先から給与に対する不満を聞く機会も多いです。転職や独立を相談されることもあります。
その時、必ず思うことがあります。
こんなこと。

うちの会社で、社員から不満が生まれないようするためにはどうすれば良いのだろう?
社員が独立するにしても、協力関係をどのように築くべきなんだろう?


離職率が高い会社は成長も低いと紹介されている番組を見て、特にそう思うようになりました。


これは、その時、番組で紹介されていたサイボウズの社長さんの記事。

何だかんだで、社員は、以下のような要素で会社を評価します。

給与条件
職場環境
やりがい
会社の安定度・将来性


何だかんだで、例えしんどくても、残業が少なくて給与が良い会社を選ぶと思う。
給与が良くても、ぎすぎすしていて、過労死するような残業が求められる会社は選ばれないと思う。
当然、倒産しそうな会社は、人が逃げていきます。

収益を出し続けるスキームを維持しながらも、利益を社員に還元していける仕組みが求められます。
今は、新型コロナの影響で、優秀な人材もあぶれていますが、将来、少子高齢化で確実に人不足になります。会社が人材を選ぶ時代も、選ばれる時代へと変化していきます。

なので・・・
会社の成長させるだけでなく、社員の所得を上げることを重要視した経営が大事なんだろうなぁというのが私の現時点での答えです。

時代は無理な成長よりサステイナブル

そのためには、成長していくためのスキームだけでなく、社員が勝手に育つ仕組みも大事ですし、マニュアル・データベースなどの整備も大事です。

そして、次の段階では、一緒に成長していくためのスキームを築いていける人材を育てていくことが大事なんだと思います。
あまり求め過ぎると、求人募集をかけていても、問い合わせしてくる人が益々減るのですが・・・。
私の場合、そういった人材を育てるタイムリミットは、あと10年くらいだろう。

やらなければならないことだらけです・・・。
しんどけど、苦ではないのですが。
とにかく、必死に頑張るだけです!

OEM事業は効率化でスピード勝負!

さて、以下の数式は、何でしょう?

=IFERROR(VLOOKUP(配合表!H4,コスト計算ベース!B49:W84,12,FALSE),"")-IF(O33<500000,0,IF(O33<750000,0.02,IF(O33<1000000,0.04,IF(O33<3000000,0.06,IF(O33<6000000,0.08,IF(O33<12000000,0.1,IF(O33<20000000,0.12,IF(O33<30000000,0.14,IF(O33<40000000,0.15,IF(O33<50000000,0.155,IF(O33<60000000,0.16,IF(O33<70000000,0.165,IF(O33<80000000,0.17,IF(O33<90000000,0.175,IF(O33<100000000,0.18,IF(O33<200000000,0.185,IF(O33>200000001,0.19)))))))))))))))))/N37+E38+G38+IF(配合表!D1="****案件",-0.02,0)+IF(配合表!D1="****案件",-0.05,0)+IF(配合表!D1="企画会社案件",-0.0*,0)+IF(ロット1!H3>1999, -0.01,0)

OEMの目安原価率の式 です。

基本的に、剤形別の最小ロット原価率から売上総額に応じた値引き率を設け、さらに、特定案件カテゴリー対して値引き率を設けています。
例えば、企画会社さんの下請けを行うこともあるので、特別な割引枠を設けています。

また、最小粗利額も2段階で儲け、営業経費を加味すると赤字にならないように工夫しています。
見積書と連動するOEM原価表は、コピペで埋める原料情報や配合量など、一定項目を埋めると、この値が自動的に示されます。

以前に紹介させていただいた原価シートの別シートに組み込まれている数式です。



時代の変化に応じて、定期的に修正を加えています。
時には、新しい値引き項目を設けたり、基本の最小ロット原価率を変更することもあります。

この数式等で導かれた数値±10%で、営業決裁権を与えています。
その決済範囲内に入っていれば、見積書は、回覧等による確認なしでも概算見積書が発行できるようになっています。

最低利益率や最低利益額などで条件を満たさなければ、セル色が赤色になって警告されるようになっています。

こういった形で利益管理を整備しておくことで、

迅速な見積提出が可能になります!

それも、苦労せずに。

統計解析が専門だった、私らしいやり方。
徐々に進化し、試作依頼書も自動的に作成されたり、パッケージ表示内容をマクロでアシストしたりと、いろいろな工夫が施されています。

意外に、OEM案件って、5~7割は、見積り提出のスピードで振り落とされます。
やっぱり、2週間以上の時間がかかるようであれば、成約率は、大きく異なってくるだろう。
特に、せっかちな中国案件。

私の持論:
無駄なことに時間をかけない。OEMは、商品設計の提案に力を注ぐべし。


そんな持論を反映したシステムになっています。

まぁ、このシステムは、徹底的に利益管理して、同時に利益評価するためのツールでもあります。

この健康食品サプリメントOEM、また化粧品OEM業界も、利益評価が浸透しきっていないです。
そのため、利益率が低い案件が工場の製造ラインの多くを占めてしまい、儲かる仕事が入れれない状況すら存在します。
最悪、赤字案件が製造ラインを半分以上を占めている。
これは、明らかに機会損失している。

加えて、給与水準も上がらず、優秀な人材も集まりにくくなります。反対に、優秀な人材の流出にもつながってしまうでしょう。

今までは、儲からないビジネスを行っても、なんとかやっていける良い時代でしたが、今後のアフターコロナ時代は、経営が悪化し、やっていけなくなるだろう。
OEM業界も、ますます厳しい時代に入っていくのだろう。

弊社も、その厳しい時代で生き残っていけるよう、できることを淡々と行っていくだけです。
仕事のガイド
35万アクセスを超える前のノウハウを凝縮したブログ記事ガイド
ブログガイド

業務効率化の神ツールを紹介!
業務効率化ツール
各種マニュアル

成熟する健康食品サプリメント業界、勝てるセオリーで商品を作り、業務は効率化する!が非常に重要になってきております。是非、参考にしていただければと思います。
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

趣味のガイド
競技空手研究
国内外を問わない空手の動画の解説や練習方法、グッツの紹介など
今のテーマはヨーロピアン空手
>> 國際松濤館 若草支部


ボクシングシューズ&コンプレッションまとめ
オススメの1足・1着を紹介!

新宿ラーメンバナー
新宿にお越しの際は、是非、参考に!
記事検索
著書&顧問先
ヘルシー&ビューティー4
ヘルシー&ビューティー vol.4でプロテオグリカンの記事を書かせていただきました。

秘密の赤ワイン
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。


弊社顧問 吉田先生ブログ

<わたしの顧問先>
クリニカメディカ/髪のクリニックSeed
Y'sサイエンスクリニック
顧問先Y'sサイエンスクリニック
ギャラリー
  • スポーツマスクとファッション
  • スポーツマスクとファッション
  • スポーツマスクとファッション
  • 鉄サプリメントの不足量を加味した商品設計
  • 7月のGoogleアルゴリズム変動
  • テレワーク時の営業管理
プロフィール

博士(水産学) 46歳 富山県滑川市出身  (株)アンチエイジング・プロ COO 現 東京海洋大学卒 順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

営業は天職、通販化粧品会社や広告代理店での所属経験がある異色のコンサルタント。
博士論文は海洋プラスチックごみがテーマ。
プロフィール詳細は、カテゴリー最下段より。

カテゴリ別アーカイブ
厳選おすすめ書籍

業界人ならびに健康食品関係の企業は携帯必須。東京都のマニュアル最新版。今回は、若干厚い・・・。


日本抗加齢協会の機能性食品のデータブック


神田昌典さんの本で一番好きな一冊。分厚いけど、あっという間に読めちゃう一冊。Kindle版もあり。

健康食品通販オススメ書籍
アフィリエイトプログラム
本ブログは、Amazon アソシエイト・プログラムやバリューコマースを利用しています。オススメ書籍やスポーツ用品を示すのに活用しております。+マーケティング調査のためです。

良い商品はオススメしても、本プログラムで儲けるつもりはないため、スポーツ用品などは、Yahoo!ショッピングや楽天も含め、最も安いショップでご購入いただければ幸いです。