健康食品サプリメント市場の理想像・未来像 by 博士マーケッター

勝ち残る健康食品サプリメントをテーマに受託製造加工・原料供給を行う栗山雄司のブログ。原料クリエイティブからの商品設計ノウハウ、最新研究データ、機能性表示食品、食品表示法・薬機法・景品表示法の話など

健康食品サプリメントを利用して介護のない幸せ笑顔あふれる世の中を作ることがです。そのためには、アンチエイジングをベースとしたセルフメディケーション;予防が不可欠です。
本ブログでは、その理想像を追い求めながら、市場の未来を予測しつつ、勝ち残っていける商品作りを追求し続けています。

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーターとして、日々、健康食品サプリメントを作ってます。
近年は、機能性表示食品にも力を入れております。

仕事のご依頼がございまいたら、弊社までお気軽にお問い合わせください。

プロフィール詳細

24時間テレビでもマイクロプラスチック問題

昨日の24時間テレビでも、マイクロプラスチックの問題が紹介されていました。
新聞でも、以下のように取り上げられています。



基本的に、プラスチックごみ問題がクローズアップされることは、良いことだと思います。

一方、こういった環境問題は、理想論や極論 を言う奴が出てきます。

例えば、プラスチックフリーなんて不可能!

そして、こういった生活をすることがファッション になってくる。

先日も記事にしましたが、プラスチックとは、上手く付き合っていくしかないと思う。



ディスポーザブルな包装資材を減らしていくことは、緊急性が伴うと思う。
中国が受け入れなくなった今、その処理の問題は、必ず深刻な問題へと発展するでしょう。

でも、しっかり、プラスチックの容器などのリユースも同時に働きかけていくべきだと思います。

環境先進国ドイツでは、ペットボトルでさえ、リユース商品が存在します。
こちらの環境リサイクル学習のページでも紹介されています。



小学生でも理解しやすいような内容になっています
こういった行政の取り組みは、私の大学時代から行われていました。でも、なかなか浸透しなかったのが現状です。
浸透させるなら、今なんでしょうね!

ちなみに、マイクロプラスチックが問題は、流出源を止めることが一番重要です。

まともな行政管理がされている国であれば、心無い人のポイ捨てでプラスチックが流出しない限り、流出量は大して多くないです。
(まぁ、農業用フィルムなどの流出もあるが、話がややこしくなるので、議論しないでおこう・・・。)
問題は、管理がなされていない途上国へ送り込まれて流出してしまうこと。

我々がディスポーザブルな包装容器の使用を減らして、全て日本国内で処理されるのが理想だろう。
処理の実態や輸出後の管理責任が報じられない点は、報じられるといろいろ困る人も多いからだろう。ほんと、日本らしい。

また、一番問題なのは、すでに流出したプラスチックごみです。

流出したプラスチックごみは、完全に分解しません。

一方、特にフィルム状のプラスチックごみは、紫外線や経時変化で劣化して細分化(マイクロ化)します。
これがマイクロプラスチックができるメカニズム。
あまり知られていないだろう。

そして、非常に厄介なのは、海に流出しても、取り除きにくい状況があること。

まず、漂着したプラスチックごみは、仮に海外から流れついてきたものであっても、漂着した自治体で処理費用を負担する必要があります。
その額が凄まじい。
なので、放置されるケースも非常に多い。

また、漂流したり海底に蓄積したプラスチックごみは、漁業者などが漁獲物と一緒に回収した場合、漁業者や漁協などが処理費用を負担しなければならない。
違法なのだが、(行政が補助しない限り)どうしても海に戻してしまうのが実際だろう。

加えて、塩を含んだごみは処理しにくい・・・。

こういった処理の問題を国が取り組まないと、なかなか解決しないだろう。

今現在は、海洋プラスチックごみの表面(;問題性)しか報じられていないが、実は根が深い んです・・・。

我々は、ディスポーザブルな包装容器の使用を減らすことから始めなければならないのだが、それ以外の問題もたくさんあることは、知っておく必要があると思います。

何れにしても、これを機に、海洋プラスチックごみの問題を多くの人に知ってもらえればと思います。表面だけでなく、現実問題も。
海洋プラスチックごみの元研究者としての想いです。

プラスチックと上手く付き合う社会

ここ1年、SDGsや海洋プラスチックごみの問題の広がりによって プラスチックフリーという言葉を目にする。

私は、安易な判断であり、間違っていると思う。
プラスチックの事をあまりも知らなすぎる。

タイトルの通り、プラスチックとは上手く付き合っていかなければならない!

問題なのは、プラスチックではなく、ディスポーザブルプラスチックなのである。

一応、海洋プラスチックごみが博士課程のテーマなので、そこは、しっかり情報発信しておこうと思う。

我々の社会は、プラスチックとは切り離したく切り離せない時代になっている。そもそも、完全にフリーな生活を送ることは不可能に近いだろう。

例えば、衣類(速乾のポリエステル)や子供用の食器、食品容器、家電、オフィス機器、スマホなど、プラスチックは世の中にあふれている。
その他、住宅などのコーティング剤や断熱材、様々なパッキン関係など目に付きにくいところで活躍しているものもある。
今や、メガネのレンズも、プラスチックだ。

大事なのは、プラスチックの Re である。
リデュース(Reduce 減らす)、リユース(Reuse 再利用)、リサイクル(Recycle 再生)です。

リサイクルも、熱エネルギーに変換するサーマルリサイクルや再びプラスチックや油に戻すケミカルリサイクルなどに分類される。
まぁ、ケミカルリサイクルは、コスト的に難しいから、現実的なのは、サーマルリサイクルだろう。実際、温水プールなどにも利用されている。

日本の社会では、1つ根付いていないものがある。

それはプラスチックの リユース (;使いまわし)である。

リユースは、環境先進国であるドイツでは、当たり前になっている。例えば、ペットボトルなどは、リユースされている。

でも、リユースは、日本の文化や国民性では、根付かないだろう。
そうなってくると、もっと努力しなければならないのは、Reduce;減らすことだろう。

プラスチックを用途や重要性で優先順を考えると、まず減らすべきは、ディスポーザブル;使い捨ての食品包装容器である。

プラスチックごみの問題は、処理のキャパと流出 である。

そもそも、こんなにプラスチックごみ問題が注目されるようになったのも、中国での受け入れ(輸入)が禁止されたことに由来します。



急に、受け入れ先が無くなり、処理のキャパが縮小してしまい、プラスチックごみを減らさざる終えなくなりました。

加えて、中国以外の国に輸出し、そのプラスチックごみが流出してしまい今の海洋ごみ問題に発展しているのである。

もともと、東京湾も、プラスチックを始めとしたごみが流出し、海底に蓄積してゴミ箱状態になった時期もある。
gyokaku1
漁獲物と共に様々なごみが漁獲される様子

実は、日本国内の処理のキャパは、オーバーしており、外国に頼ざる負えない状況だ。
ちなみに、日本での処理のキャパは、主に焼却して熱エネルギーにサーマルリサイクルすることだろうと思いますが、それも限界だろう。

とにかく、日本はディスポーザブルな食品包装容器を減らさざる終えない状況にある。

ぶっちゃけ、待ったなし状況でもあるのです。

実際問題、スタバなどがストローをプラスチックフリーにすることより、対応すべきはコンビニ業界と弁当業界、スーパーだろう。

例えば、お弁当業界は、容器を持ってきたら割引するなどの対応(ゴミを減らす努力)が求められていくだろう。
コンビニも、アイスコーヒーなどで、非ディスポーザブルな容器を準備して、容器ごみを減らす努力が必要だろう。
スーパー業界は、ディスポーザブルな包装資材を減らす努力が必要だろう。肉なんて、昔のお肉屋さんが用いていた「へぎ板(経木)」に戻せば良いと思うんだけどな・・・。

ちなみに、スーパーの袋って、減らそうと思えば減らせるので、減らせば良いと思いますが、スーパーの袋って、ゴミ袋などとしてリユースされているから、そんなに問題視する必要もないような気がします。
論点がズレているんだよなぁ・・・。

最後に健康食品業界。
日本特有のパウチ型のアルミ袋を見直す必要があるかもしれない。
さて、どうなっていくだろう?

私の本業は? 私はどんな人?

本日、久しぶりにプロフィールを提示する必要性があり、会の趣旨に合ったようなプロフィールを作成しました。

この健康食品・サプリメント製造側の方々は、何となく理解されているケースが多いだろう。でも、他業種の方々からすると、つかみどころがないのかもしれない。
人によっては、怖い人と思われていたりもする(笑)

私が行ている業務は、重要度の高い順より、こんな感じです。

特許戦略
研究開発
集客
(SEO)
新規原料開発
学術業務
品質管理業務
クリエイティブ開発

輸出入管理業務
限定されたOEM営業
原料営業

幅は広いが、会社全体の収益を上げることが一番のミッションです。

まぁ、どのポジションでも立ち回れるのが私の特徴かもしれないです。

でも、絞るのであれば、

マーケッター 研究者

だろう。
どうしても1つには絞れん・・・。

まぁ、私の大学時代の研究には、推定統計学を組み込んでいた関係上、どうしてもマーケッターが強くなるだろうが・・・。

通常のコンサルは、私の人件費や会社売上貢献に対する費用対効果を加味すると合わないので、特別なケースを除き、お断りしています。
近年は、ブログや弊社サイトにノウハウを公開するだけ。
まぁ、OEMの依頼を受ければ、ディスカッションやアドバイスくらいは行っています。一方的な指導は行わない。求めるのは、お互いの成長です。

原料営業なんて、ルート営業することもないし、売り込みに行くことも全くない。
OEM営業も、新規で担当を持たなくなった。
基本、弊社の営業は、完全プル型です。
弊社の社員も、電話営業などをさせたことがない。飛び込み営業なんて、非常にナンセンスと考えている。
甘いのかもしれないですが、それでも結果が出続けているのだから、問題ないと考えている。

極論、大事なのは、選んでもらえる要素を作ること。
選んでもらえる要素さえあれば、自ずと選ばれ、無理に悪い条件で商売をする必要もなくなります。これは、どんなビジネスにも言える鉄則だと思います。
重要度の順位の意味は、ここにあります。

まぁ、うちは、だから接待交際やベタベタな営業が求められるようなビジネスに弱いんですけどね・・・。

弊社のOEM事業なんて、もはやマーケティング会社のようなものです。
どういった販路で、どのように、何を売ったら良いのか?という部分ばかり考え、市場を分析している。
それら売り方がダメだと、どんなに良い商品も売れないからだ。

通販化粧品会社からスタートし、広告代理店に所属していた経験があるから、それが良く見えてくる。
一方、反対に、どんなに売り方が上手くても、商品開発がダメだと、上手く行かないことも良く理解している。販売と商品開発の両方が伴わないと、なかなか成功できないのが現実です。
甘いことは言わない。
販売者の立場と、多くの販売者をサポートする仕事の両方をやってないと見えないことが多い。

まぁ、こういったことを行いながら、データ取りやヒト臨床試験など、研究もコツコツやっている。

でも、私の今の研究は、

儲けにつなげるための研究

です。
マーケティングベースの研究である。

しっかり研究に対する費用対効果も考えるし、開発費という投資に対する目標回収機関なども加味する。
一方、投資し続けないと、必ずビジネスは先細りになるとも考えており、悩みながら必死に開発費を投じるようにしている。
ほんと、私らしい、考え方です。

こういった考え方が私自身を物語っているのだろう。

最近は、ビジネスマッチング型コンサルにもトライしている。
私でなければできないビジネスマッチング♪
極秘任務(笑)

ん~、今週はいろいろなことがある。
充実!
仕事のガイド
30万アクセスを超える前のノウハウを凝縮したブログ記事ガイド
ブログガイド

業務効率化の神ツールを紹介!
業務効率化ツール

成熟する健康食品サプリメント業界、勝てるセオリーで商品を作り、業務は効率化する!が非常に重要になってきております。是非、参考にしていただければと思います。
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

趣味のガイド
競技空手研究
国内外を問わない空手の動画の解説や練習方法、グッツの紹介など
今のテーマはヨーロピアン空手
>> 國際松濤館 若草支部


ボクシングシューズ&コンプレッションまとめ
オススメの1足・1着を紹介!

新宿ラーメンバナー
新宿にお越しの際は、是非、参考に!
記事検索
著書&顧問先
ヘルシー&ビューティー4
ヘルシー&ビューティー vol.4でプロテオグリカンの記事を書かせていただきました。

秘密の赤ワイン
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。


弊社顧問 吉田先生ブログ

<わたしの顧問先>
クリニカメディカ/髪のクリニックSeed
Y'sサイエンスクリニック
顧問先Y'sサイエンスクリニック
ギャラリー
  • 独身の日2019から見える中国市場の変化
  • ROASが命! from ECのミカタ
  • 足が付きにくいバナーでの薬機法違反
  • 努力できることが才能である:松井秀喜
  • 剤型を工夫した高用量商品の差別化
  • Web広告の原料販売への影響と原料市場の育成
プロフィール

博士(水産学) 45歳 富山県滑川市出身  (株)アンチエイジング・プロ COO 現 東京海洋大学卒 順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

営業は天職、通販化粧品会社や広告代理店での所属経験がある異色のコンサルタント。
博士論文は海洋プラスチックごみがテーマ。
プロフィール詳細は、カテゴリー最下段より。

カテゴリ別アーカイブ
厳選おすすめ書籍

業界人ならびに健康食品関係の企業は携帯必須。東京都のマニュアル最新版。今回は、若干厚い・・・。


日本抗加齢協会の機能性食品のデータブック


神田昌典さんの本で一番好きな一冊。分厚いけど、あっという間に読めちゃう一冊。Kindle版もあり。

健康食品通販オススメ書籍
アフィリエイトプログラム
本ブログは、Amazon アソシエイト・プログラムやバリューコマースを利用しています。オススメ書籍やスポーツ用品を示すのに活用しております。+マーケティング調査のためです。

良い商品はオススメしても、本プログラムで儲けるつもりはないため、スポーツ用品などは、Yahoo!ショッピングや楽天も含め、最も安いショップでご購入いただければ幸いです。