予防医療で介護なし!アンチエイジングライフ研究所★栗山雄司

年中、健康食品やサプリメントの製造や販売に関わっている代替医療事業クリエイターのブログです。医療機関向けサプリメントを得意とし、エビデンス型の商品開発を重要視しております。健康メディア用コンテンツ提供、騙されない健康食品の選び方や競技空手・ボクシングの格闘オヤジ日記、新宿ランチ紹介も。

介護のない世の中を作ることがです。介護のない世の中には、アンチエイジングを意識したセルフメディケーション;予防が不可欠です。健康食品・サプリメントも重要なツールの1つです。
また、健康食品業界を良くしていくため、消費者を騙しながらゴミ商品を販売している健康食品を撲滅しようと奮闘中!

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーターとして、日々、健康食品・サプリメントを作ってます。
ビジネスでは市場創造を重要視しております

健康医療分野のコンテンツならびに監修者紹介なども行っております。ご興味がございましたら弊社03-5362-0833まで電話もしくは「アンチエイジングプロ」で検索してお問い合わせください。

やっちゃダメ!

やっちゃダメ!レスベラトロールの高用量摂取

金・土・日で以下の論文について、資料をまとめてみた。やっぱり、2012年のシンクレア教授の研究チームの研究報告により、ヒト臨床試験について、評価や見解が大きく変化したと思います。

摂取量と作用メカニズム
シンクレア教授の研究チーム(2012年) Cell Metab. 2012;15(5):675-90.

中・高用量のヒト臨床試験報告
Timmersら(2011年) Cell Metab. 2011;14(5):612-22.
Wongら(2011年) Nutr Metab Cardiovasc Dis. 2011;21(11):851-6.
Poulsenら(2013年) Diabetes. 2013;62(4):1186-95.
Timmersら(2016年) Diabetes Care. 2016;39(12):2211-2217.

低用量のヒト臨床試験報告
Brasnyóら(2011年) Br J Nutr. 2011;106(3):383-9.
Magyarら(2012年) Clin Hemorheol Microcirc. 2012;50(3):179-87.
Buonocoreら(2012年) Clin Cosmet Investig Dermatol. 2012;5:159-65.
Tomé-Carneiroら(2013年) Drugs Ther. 2013;27(1):37-48.
浅野ら(2015年) 医学と薬学 2015; 72(7):1261-1273.
栗山ら(2016年) 新薬と臨牀2017; 66: 783 -801 ※弊社原料

シンクレア教授の研究チームの報告だが、

低用量摂取では直接的なサーチュイン活性の増強が起こっても、高用量摂取では直接的にサーチュイン活性の増強が行らない(ただし、AMPKを活性化して間接的にサーチュインを増強する)

というものである。

実際問題、その後、高用量条件のヒト臨床試験(Poulsenら 2013年、Timmersら 2016年)では、必ずしも良い結果が出ていないです。
また、高用量の摂取は、女性ホルモン様作用も問題視さえており、レスベラトロールの海外メーカーの1つ(DSM)も150mgを上限とするような報告も行っています。

また、しっかり低用量でも有効性が示されているので、今後、レスベラトロールは、10~20mgくらいの低用量(+他のポリフェノール)での摂取が広まってい行くのではないかと考えております。

まぁ、あくまで健康食品であるという点を考えると、その用量で摂取し、健康維持やアンチエイジングに役立てた方が良いと思います。

ちなみに、肥満者でないと、サーチュインが不活性状態になっていないことも読み取れます。アンチエイジングのためには、同時に、適度な運動も行っていくことが重要なんだと思います。

なお、摂取目安量の見解書として、既存顧客向けの資料としても用意してあります。各論文の概要も紹介されております。既存顧客の方で、必要な方は、お気軽にお問い合わせください。

やっちゃダメ!:健康食品業界で独立して失敗の事例と理由

いろいろなお客様と出会う機会があります。

結構、多いのは独立して勝負している方。
7人に1人は、社長という話も聞くくらいですから、多くの方が独立され勝負されているのでしょう。
2004年時点の開業企業数が16.8万件という数ですからね・・・。

ただし、残念ながら、8割以上の方は、1年で会社をたたんでしまわれます。
年平均廃業企業数29万件って数字もあるくらいですから、厳しい世の中なのです。
また、1年で4割が廃業というデータもあるようですが、健康食品業界は、勝負が速いのでしょう。

加えて、会社は存続していても、儲かっていない会社や大赤字の会社も存在します。

さて、何が悪かったのでしょう?
一番多いケースかな?と思うのは、この理由です。

見込みが甘い

1つの案件に対して、どれくらいの角度で成約率を想定し、マネージメントしていくかは非常に重要です。
厳しく管理していく必要があります。

中には、1つの大きな案件にしがみつき、結局、成約せず働き損するという方もいらっしゃいます。

原料メーカーやOME会社から独立したり、転職したりする場合、必ず既存の顧客が助けてくれると思って行動されます。
でも、よほどのスーパー営業マン出ない限り、既存顧客は、それほど助けてくれません!
これが現実です。

そういったことは、顧客が自分と付き合っているから仕事が成立していると勘違いするために起こります。顧客は、会社という信頼があるからこそ、付き合っているのです。
それは、顧客の担当者が経営者でなく一担当者であれば、その傾向がより強いです。
まぁ、経営者だからといって、都合よく使われて、切られてしまうこともあるので安心はできないんですけどね・・・。

何れにしても、既存顧客に助けてもらえなくてもゼロから成功するつもりの気持ちと計画・管理が必要なのです。

また、見込みが甘い形の事例として多いのは、運転資金の問題です。

例えば、通販事業の場合、商品を作って売る予算なしという例も少なくありません。
また、最初から銀行から融資を受けること前提の顧客もいますが、それは、勝負したい時に使うべき手であり、見込みが甘ければ、銀行も貸してくれません。

過去、書籍で「MBAの本質は、勝てる商売しかしないこと」とされており、勝算があって初めて行動すべきなのでしょうね。

だからと言って、反対に、何もできないという方も多いです。
失敗する理由として、以下のように言えるでしょうね。

チャレンジ精神がない

中小企業は、勝負してナンボです!


行動しなければ、何も生まれません。

加えて・・・、よくあるケースとして。

完全他力本願なんてありえない!

中小企業は、
切り開いてナンボです。

他人のノウハウは、他人にも利用され、すぐに陳腐化します。そこに成功はありません。

特に、健康食品のECの場合、常に新しいことにチャレンジしなければ、成功はありません。
大手さんの通販が、ECで成功する率が少ない理由も、実は、そこに合ったりもします。ぶっちゃけ、大手の広告代理店型のモデルでは、到底、勝っていけるとは思えないです。

独り言。
過去、過労死を起こした超大手広告代理店さんの場合、起したのは子会社、それもウィークポイントであったEC系。亡くなった女性は、かわいそうに、そこが運の尽きだったのでしょう・・・。死ぬほど働かされたけど、結局、既得権益を持っていないので、顧客には成功を持たさらなかったでしょう。会社が悪い最悪の事例。
私は、そういった目で見ていました。

チャレンジの仕方は、いろいろあります。

例えば、健康食品の販売を行う場合、原料作りから真似されない商品を作っていくのか自作PCのようにパーツを組み合わせて商品を作っていくのかでは、大きく差が出ます。
前者は、めちゃめちゃ大変ですが、ハイリスクハイリターンです。まぁ、どのレベルで行うかによって、予算感も異なってきます。
後者は、販売の上手い下手だけです。なかなか、既得権益がないと、上手くいかない時代になってきています。

当然のことですが・・・

どうチャレンジするかも大事です!

そのためには、正しい情報を集め、的確な選択と判断を行っていく必要があるのです。
ネットを見て売れてそう、営業マンが言う売れている、通販コンサルの勝てる方法などって正確性がないんですよね・・・。
このご時世、情報戦が重要になってきています。ほんと、的確な選択と判断が大事なのです。

まぁ、この「やっちゃダメ!」シリーズですが、今回のように、製造面に限らず、経営面でもコメントしていくつもりです。
是非、参考にしていただければ幸いです。

やっちゃダメ!:知らないと回収騒動に発展する原料一覧

最終商品を輸入した場合、原材料で輸入する時より植物検疫のチェックがどうしても緩くなってしまいます。
後々、回収騒動といえケースも少なくありません!
数年前、放射線殺菌された大麦若葉エキス末の大きな回収騒動があったくらいですから・・・。
今回は、気をつけるべき原材を紹介いたします。

エチレーションされた魚油
注意レベル:★★★★
過去にも紹介しましたが、日本は、意外に魚油の規制が厳しいです。濃縮の工程でエチレーションが認められておらず、酵素法で製造された魚油しか輸入できません!
特に、トリグリセリド(TG)ではなくエチルエステル(EE)に置換された魚油は、日本において医薬品グレードの魚油だったりもします。
海外産の魚油は、ほぼ該当すると考えても良いかもしれません。
まぁ、末端商品としては、結構、スルーして流通してしまっているような感じもします。

DIMORPHANDRA MOLLIS由来のケルセチン
注意レベル:★★★☆
ケルセチンは、エンジュや蕎麦、小豆など、由来原料が限定されています。ケルセチンは、ルチンからの分解物とされており、当然、ケルセチンの由来植物の条件は原料となるルチンと同じだそうです。
ルチン(抽出物) (アズキの全草、エンジュのつぼみ若 しくは花又はソバの全草から得られ た、ルチンを主成分とするものをいう。)
>>もっと詳しく
DIMORPHANDRA MOLLIS由来のケルセチンは、ブラジルのメルクが供給しており、世界的に広く流通しています。安くて品質が良い。でも、日本ではNG。
東京検疫所に照会をかけるとNGと回答されるのですが、稀にスルーして流通している原料が存在します。東京ではなく、緩い検疫で通ってしまったのかなぁ?
まぁ、何れにしても、最終商品に配合されていたら、なかなか発見できないでしょう。

イタドリ根由来のレスベラトロール/プテロスチルベン
注意レベル:★★★☆
由来が医薬品区分のイタドリ(虎杖根)だと、医薬品区分の原料になってしまいます。
アメリカなどでは、安価な中国産イタドリ根由来のレスベラトロールが主で流通しています。合成されたプテロスチルベン;メチル化レスベラトロールも流通しているくらいですからね・・・。
最近では、アミノ酸を出発原料として酵素を用いた合成方法も確立され、日本でもNGではないそうです。でも、アミノ酸が遺伝子組み換えの微生物から抽出されたものなので、通関を通すのは、かなり厄介と考えています。過去、私も原料輸入でチャレンジしましたが、諦めました・・・。

パラアミノ安息香酸

注意レベル:★★☆☆
ビタミンB群の一種で、アメリカではサプリメント素材です。日本では、医薬品成分に該当します。
海外のマルチビタミンには、かなりの比率で配合されています。また、育毛の医薬品パントガールなどにも配合されていることが知られています。

キレートミネラル
注意レベル:★★☆☆
アメリカのミネラルサプリメントには、極普通に配合されている成分。
日本では認可されていません。指定外添加物に該当します。

アシュワガンダ
注意レベル:★★☆☆
数年前、医薬品区分に移行しました。もうサプリメントには使えなくなっちゃいました。

イカリ草やヨヒンベ(ヨヒンビン)
など
注意レベル:★☆☆☆
アメリカではサプリメント素材でも、日本では医薬品素材です。精力系のサプリには、配合されていることが多いです。

まぁ、★が2つの素材は、十中八九、通関で止まると思います。
健康食品を末端製品でも原料でも輸入する場合、食薬区分のチェックは、一番最初に行うことです。そして、次は、由来原料や製法のチェック(日本の規制に適合しているかどうか)です。★が3つ以上の素材は、チェックしないとわからないこともあります。
しっかりとしたチェックが必要なのです。

是非、こういった事例を参考にしていただければ幸いです。続きを読む
仕事のガイド
30万アクセスを超える前のノウハウを凝縮したブログ記事ガイド
ブログガイド

anti-bar
弊社のガイドです。
通販支援サイトDirectaから弊社ホワイトペーパー(商品開発ノウハウが凝縮)が無料でダウンロードいただけます!
趣味のガイド
競技空手研究
国内外を問わない空手の動画の解説や練習方法、グッツの紹介など
今のテーマはヨーロピアン空手
>> 國際松濤館 若草支部


ボクシングシューズ&コンプレッションまとめ
オススメの1足・1着を紹介!

新宿ラーメンバナー
新宿にお越しの際は、是非、参考に!
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
著書&顧問先
ヘルシー&ビューティー4
ヘルシー&ビューティー vol.4でプロテオグリカンの記事を書かせていただきました。

秘密の赤ワイン
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。


弊社顧問 吉田先生ブログ

<わたしの顧問先>
クリニカメディカ/髪のクリニックSeed
Y'sサイエンスクリニック
顧問先Y'sサイエンスクリニック
サプリに対する想いです。初めての方は、是非、読んでもらいたいです! ブログガイド 健康食品業界に20年近くいると、時代の流れというものも強く感じます。サプリメントは、市場の成熟と共に役割や環境も変化しています。社会に貢献できるサプリメント道というものを必死に模索しております。
プロフィール

博士(水産学) 44歳 富山県滑川市出身  (株)アンチエイジング・プロ COO 現 東京海洋大学卒 順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

営業は天職、通販化粧品会社や広告代理店での所属経験がある異色のコンサルタント。
プロフィール詳細は、カテゴリー最下段より。

カテゴリ別アーカイブ
厳選おすすめ書籍

業界人ならびに健康食品関係の企業は携帯必須。東京都のマニュアル最新版。今回は、若干厚い・・・。


日本抗加齢協会の機能性食品のデータブック


神田昌典さんの本で一番好きな一冊。分厚いけど、あっという間に読めちゃう一冊。Kindle版もあり。

健康食品通販オススメ書籍
本ブログは、Amazon アソシエイト・プログラムやバリューコマースを利用しています。オススメ書籍やスポーツ用品を示すのに活用しております。+マーケティング調査のためです。
良い商品はオススメしても、本プログラムで儲けるつもりはないため、スポーツ用品などは、Yahoo!ショッピングや楽天も含め、最も安いショップでご購入いただければ幸いです。