支持し続けられる健康食品を目指して!栗山雄司 博士コンサル

長く生き残る商品を生み出すことにひたすら情熱を傾ける博士コンサルトのブログ。販売重視の健康食品OEM製造や原料供給を行っております。レスベラトロール、ジオスゲニン、プラセンタ、アミノ酸、プロテオグリカン&非変性Ⅱ型コラーゲンの商品開発が得意分野です。市場動向や注目原料などを紹介。健康メディア用コンテンツ提供、騙されない健康食品の選び方や格闘オヤジ日記、新宿ランチ紹介も。

もう29万アクセス超えちゃいましたが・・・業界の方にこっそり読み続けてもらえるブログであることを目指しています!

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーター&博士コンサルとして、勝ち残る商品を生み出すことに情熱を傾けています!商品開発から、お客様の成功を導きます!
持論:販売の成功は商品開発の段階で8割決まる!です。
初めての方へも丁寧かつ細やかなサポートが我社の自慢です!弊社の8割以上のお客様は、 弊社独自の育成メソッドで健康食品の商品化未経験からスタートされています。同時に、クロスセルやアップセル向けと、販売戦略に一歩踏み込んだ提案も行っております。通販に限らず医療機関向けの商品開発も多くの実績があり得意です。

消費者を騙さない支持される健康食品業界であることを強く願って商品を作り続けています!
そのための情報提供というものを心がけ、人気サプリを斬る!騙されない健康食品のシリーズを書き続けています。

具体的なご相談は >> https://a2-pro.com/ の問い合わせから

裏話

健康被害を起こしたプエラリアの今

先日の業界の仲間との飲み会でも、このタイトルの話題が話されました。
みんな、気になっているようです。

現状について。
まず、こういった局面、ここぞとばかりに、あえてバストアップサプリを作ろうという会社さんは、現れてきます。
そして、代替原料として葛花(プエラリア・ロバータの花)・山芋ジオスゲニンで企画が進められているともチラホラ耳に入ってきます。
ぶっちゃけ、私は、そんなに好ましく思っていない。

既存の会社さんは、派手な動きはないですが、まだ販売し続けている現状があります。中には、販売を停止する会社さんも現れ始めています。
同時に、厚生労働省の指示で、保健所から販売者へ問い合わせが入っているようです。
さらに、販売者に限らず、商品を作っている製造者まで問い合わせが入り始めているようです。

まぁ、ある筋の情報では、厚生労働省はどうしてもプエラリア市場を潰したいご威光のようなので、色々な形で規制が強化されていくと思います。

実際問題、原料の通関が通らないということまで起こり始めているようです。

今後、食薬区分を変更するという力業での規制まで行われないにしても、商品として安全性データを提出できなきゃ販売できなくされるなど、かなり販売制限がかかってくることは間違えなさそうです。
新規でプエラリアの商品を作っていくのは、控えた方が良さそうですね。

そもそも、プエラリアの商品は、生理不順になっても、バストアップしない商品。
キャンドルブッシュのように、下痢などの健康被害もありつつも便秘改善の満足度が高い商品でもありません。基本、一発売り切りの商材。
広告規制も非常に厳しくなりつつある今、ちょうど潮時だと思います。

まぁ、消費者を騙すことができれば商品は何でもよいと考える悪い販売者は、プエラリアがダメなら、別の手で全く効果が期待できないゴミ商品で展開してしまうのだろうが・・・。
ゴミ商品より、健康被害を起こしても少しでも体感があるような設計の商品を売る会社の方がまだ良心的だ。

何れにしても、この状況は、要注意です。

機能性表示食品における分子量の安定による定常性

弊社の競合原料による機能性表示食品が増えている。
一方、この原料は、原料の分子量も安定しておらず、定量分析の方法も開示されていない。かつ、定量限界を満たすとは思えないような配合でも申請が受理されている。
疑問に思うことが多い。

機能性表示食品では、商品に対して成分の定性性や同一性というものが求められます。
近年、この部分が非常に厳しくなっています。
実際、本日改正されたガイドラインでも、その部分が強化されている。

もっと具体的に言うと、1つの成分でも分子量に幅がある原料の場合、ヒト臨床試験を実施して有効性を示したサンプルの分子量と製品の分子量分布は同一であるか?というものが問われます。

コラーゲンや多糖類(ヒアルロン酸、プロテオグリカンなど)の場合、非常にハードルが高い。
例えば、コラーゲンペプチドなどは、今後、分子量分布の定常性(常に一定している、変化のない状態 )を求められ始めるであろう。
プロテオグリカンも同様だ。

現在、消費者庁は、多くの機能性表示食品の含有量などをチェックしています。
実際問題、同一性の延長で、この定常性までチェックされたら、非常に困る商品も多々出てくるでしょう。

例えば、プロテオグリカンの場合。
非変性のプロテオグリカンの場合、HPLCで分析を行うとアグリカンの分子量であると考えられる90~140万Daで分子量の定常性が得られる。
一方、変性したプロテオグリカンの場合、我々の調査では、原料の段階で分子量分布にかなりのバラツキ(非変性部分が増えている傾向)が認められています。よくよく考えると、変性させないより、安定して変性させる方が難しいだろう。でも、この変性したプロテオグリカンでデータを取ってしまっているので、戻ることができない苦悩もあるだろう。

さて、今後、この定常性について厳しくチェックされるようになった時、定常性に問題がある商品は、どのようになっていくのだろうか?
まぁ、その前に、同一性の段階で、商品中の成分の分子量分布を求められたら、どう対応されるのであろう?

まさに、パンドラの箱である。

今回の改定内容を見ていても、冒頭で示した原料については、功を焦り、リスクのあることを進めてしまったなぁと思う次第である。

ここ最近、疑問に感じていることも含めて、チクリと書いてみた。

合成甘味料が採用されてしまう背景

近年、合成甘味料フリーを指定したプロテインドリンクなどのニーズが高まっています。実際、ゴールドジムの一部のプロテインドリンクは合成甘味料フリーになっていて、そういった影響もあるようです。
私は、合成甘味料を極端に避けているので、個人的に、良い傾向だと思います。

一方、こういった要望を出しながら、最終的に合成甘味料を使用されるケースは数なくないです。
理由は、何と言ってもコストです。
企業は、原価率を下げる方を選択してしまいがちです。
とても残念。

私は、よく、合成甘味料問題になると「砂糖より安いから仕方ない。」という表現をします。

一番安い部類の合成甘味料は、砂糖の150倍以上の甘さがあっても原料単価で数千円まで価格が下がっています。まぁ、中国の会社がかなり安く供給しているので・・・。

加えて、アスパルテームなんて、アセスルファムKを合わせると甘味の立ち上がりが砂糖に近くないり、しっかり後を引く甘みも残るので、満足度の高い甘みになるんですわぁ。味の設計を行っている人間としては便利。
そういった商品の味見をしなければならないので、私は、味のある商品は作りたがらない・・・。

そして、カロリーゼロと、いかにも健康な甘味料のように表記できるのも市場で広がる一因です。
まぁ、最近、カロリーゼロでも、糖尿病などのリスクを高めることが明らかになってきているので、もっと大々的に研究報告を紹介していくべきなんでしょうけどね・・・。
まず、テレビのニュースでは、なかなか報道されにくいでしょうね・・・。

また、近年は、合成甘味料の一部で発がん性データが出ていたりします。なので、アメリカでは、企業が自主的に使用を制限し始めている傾向があります。
(私の持論として、毒性が無くても、合成甘味料と認知症の発症率は関係があると考えています。)
なので、ステビアやラカンカの天然甘味料は、価格が上がりつつあり、アメリカの展示会でも頻繁に見かけるようになりました。ラカンカが英語でモンクフルーツっていうんだぁと、とても印象に残っています。

まぁ、日本でネガティブな情報は、なかなか報道されないでしょう。
ぶっちゃけ、日本のアスパルテームの使用に関しては、他国と比べて、ちょっと異常な感じもするんですけど・・・。国によっては、アスパルテームが使用された商品は輸出できないんですけどね。

私の個人的な憶測ですが、その背景には、アスパルテームの製法を生んだのが日本の大企業だからという理由があるのだと考えています。
多くの広告のスポンサーにもなっているので、まぁ、仕方ないんでしょうね・・・。

あと、とても残念なこと。
保存料・合成着色料フリーを謳うのにナチュラルテイストの商品なのに、合成甘味料と香料だらけの商品が存在してしまっている点。スムージーなどに多いです。
日本の表示規制(優良誤認の部分)も甘い部分が存在するからです。
粉末の加工食品で保存料や合成甘味料が入らないのは当たり前。日本でもナチュラルテイストを謳うための明確な基準(例:天産物由来〇%以上で、合成の食品添加物が使用されていない 等)が作られれば良いのにと、いつも思っています。
現状、消費者は、騙されないよう、きちんと原材料表示を確認しなければならないのです。
気を付けましょう!
仕事のガイド
まずはこちら!!
ブログガイド

anti-bar
>> 弊社OEM供給の特徴
自社原料も活用した勝ち残る商品設計が特徴です。
日本抗加齢医学会:賛助会員

OEMマニュアル
丁寧かつ細やかなサポートには自信があります!

原料受託バンクバナー 原料受託バンクで、弊社取扱い原料をチェック!資料のダウンロードも!

通販支援サイトDirectaの弊社ホワイトペーパー 通販支援サイトDirectaで弊社ホワイトペーパー(商品開発ノウハウが凝縮)が無料でダウンロードいただけます!
趣味のガイド
競技空手研究
国内外を問わない空手の動画の解説や練習方法、グッツの紹介など
今のテーマはヨーロピアン空手

ボクシングシューズ&コンプレッションまとめ
オススメの1足・1着を紹介!

今の一押し!

新宿ラーメンバナー
新宿にお越しの際は、是非、参考に!
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
著書&顧問先
ヘルシー&ビューティー4
ヘルシー&ビューティー vol.4でプロテオグリカンの記事を書かせていただきました。

秘密の赤ワイン
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。


弊社顧問 吉田先生ブログ

<わたしの顧問先>
クリニカメディカ
Y'sサイエンスクリニック
head_logo
プロフィール

博士(水産学) 44歳 富山県滑川市出身  (株)アンチエイジング・プロ COO 現 東京海洋大学卒 順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

営業は天職、通販化粧品会社や広告代理店での所属経験がある異色のコンサルタント。
プロフィール詳細は、カテゴリー最下段より。

カテゴリ別アーカイブ
厳選おすすめ書籍

業界人ならびに健康食品関係の企業は携帯必須。東京都のマニュアル最新版。今回は、若干厚い・・・。


神田昌典さんの本で一番好きな一冊。分厚いけど、あっという間に読めちゃう一冊。Kindle版もあり。


記事でも紹介しましたが、広告に関わる方だけでなく商品開発の担当者にも読んでいただきたい一冊。


いつになっても古びない通販のマニュアル本。通販始めるなら、まず読んでもらいたい。


表現を変えるだけで、レスポンスが変わります。健康食品通販では、広告費用対効果が変わってきます。
本ブログは、Amazon アソシエイト・プログラムやバリューコマースを利用しています。オススメ書籍やスポーツ用品を示すのに活用しております。+マーケティング調査のためです。
良い商品はオススメしても、本プログラムで儲けるつもりはないため、スポーツ用品などは、Yahoo!ショッピングや楽天も含め、最も安いショップでご購入いただければ幸いです。
  • ライブドアブログ