健康食品サプリメント市場の理想像と未来像

勝ち残る健康食品サプリメントをテーマに受託製造加工・原料供給を行う栗山雄司のブログ。原料クリエイティブからの商品設計ノウハウ、最新研究データ、機能性表示食品、食品表示法・薬機法・景品表示法の話など

健康食品サプリメントを利用して介護のない幸せ笑顔あふれる世の中を作ることがです。そのためには、アンチエイジングをベースとしたセルフメディケーション;予防が不可欠です。
本ブログでは、その理想像を追い求めながら、市場の未来を予測しつつ、勝ち残っていける商品作りを追求し続けています。

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーターとして、日々、健康食品サプリメントを作ってます。
近年は、機能性表示食品にも力を入れております。

仕事のご依頼がございまいたら、弊社までお気軽にお問い合わせください。

裏話

オルニチン塩酸塩の由来変更のお知らせ+コメント

この度、弊社で取り扱っているオルニチン塩酸塩の由来が変更されます。
正確には、オルチニンの出発原料となるアルギニンの由来が変わります。

アルギニン:
羽毛からの加水分解抽出 ⇒ トウモロコシ由来のブドウ糖から発酵生産


なお、最終商品への表示上、変更はございません。

 ↓

遺伝子組み換えの微生物(大腸菌?)による生産に変わっただけ。

まぁ、加水分解法も由来が羽毛だろうが人毛だろうが、最終的に産生されるのはアルギニンの純ピンだから一緒。
判別も付かんだろう。

加水分解法と発酵法も然り。

ただし、どうしても、発酵生産のオルニチンの方が響きが良い・・・

健康被害を起こしたプエラリアの今

先日の業界の仲間との飲み会でも、このタイトルの話題が話されました。
みんな、気になっているようです。

現状について。
まず、こういった局面、ここぞとばかりに、あえてバストアップサプリを作ろうという会社さんは、現れてきます。
そして、代替原料として葛花(プエラリア・ロバータの花)・山芋ジオスゲニンで企画が進められているともチラホラ耳に入ってきます。
ぶっちゃけ、私は、そんなに好ましく思っていない。

既存の会社さんは、派手な動きはないですが、まだ販売し続けている現状があります。中には、販売を停止する会社さんも現れ始めています。
同時に、厚生労働省の指示で、保健所から販売者へ問い合わせが入っているようです。
さらに、販売者に限らず、商品を作っている製造者まで問い合わせが入り始めているようです。

まぁ、ある筋の情報では、厚生労働省はどうしてもプエラリア市場を潰したいご威光のようなので、色々な形で規制が強化されていくと思います。

実際問題、原料の通関が通らないということまで起こり始めているようです。

今後、食薬区分を変更するという力業での規制まで行われないにしても、商品として安全性データを提出できなきゃ販売できなくされるなど、かなり販売制限がかかってくることは間違えなさそうです。
新規でプエラリアの商品を作っていくのは、控えた方が良さそうですね。

そもそも、プエラリアの商品は、生理不順になっても、バストアップしない商品。
キャンドルブッシュのように、下痢などの健康被害もありつつも便秘改善の満足度が高い商品でもありません。基本、一発売り切りの商材。
広告規制も非常に厳しくなりつつある今、ちょうど潮時だと思います。

まぁ、消費者を騙すことができれば商品は何でもよいと考える悪い販売者は、プエラリアがダメなら、別の手で全く効果が期待できないゴミ商品で展開してしまうのだろうが・・・。
ゴミ商品より、健康被害を起こしても少しでも体感があるような設計の商品を売る会社の方がまだ良心的だ。

何れにしても、この状況は、要注意です。

機能性表示食品における分子量の安定による定常性

弊社の競合原料による機能性表示食品が増えている。
一方、この原料は、原料の分子量も安定しておらず、定量分析の方法も開示されていない。かつ、定量限界を満たすとは思えないような配合でも申請が受理されている。
疑問に思うことが多い。

機能性表示食品では、商品に対して成分の定性性や同一性というものが求められます。
近年、この部分が非常に厳しくなっています。
実際、本日改正されたガイドラインでも、その部分が強化されている。

もっと具体的に言うと、1つの成分でも分子量に幅がある原料の場合、ヒト臨床試験を実施して有効性を示したサンプルの分子量と製品の分子量分布は同一であるか?というものが問われます。

コラーゲンや多糖類(ヒアルロン酸、プロテオグリカンなど)の場合、非常にハードルが高い。
例えば、コラーゲンペプチドなどは、今後、分子量分布の定常性(常に一定している、変化のない状態 )を求められ始めるであろう。
プロテオグリカンも同様だ。

現在、消費者庁は、多くの機能性表示食品の含有量などをチェックしています。
実際問題、同一性の延長で、この定常性までチェックされたら、非常に困る商品も多々出てくるでしょう。

例えば、プロテオグリカンの場合。
非変性のプロテオグリカンの場合、HPLCで分析を行うとアグリカンの分子量であると考えられる90~140万Daで分子量の定常性が得られる。
一方、変性したプロテオグリカンの場合、我々の調査では、原料の段階で分子量分布にかなりのバラツキ(非変性部分が増えている傾向)が認められています。よくよく考えると、変性させないより、安定して変性させる方が難しいだろう。でも、この変性したプロテオグリカンでデータを取ってしまっているので、戻ることができない苦悩もあるだろう。

さて、今後、この定常性について厳しくチェックされるようになった時、定常性に問題がある商品は、どのようになっていくのだろうか?
まぁ、その前に、同一性の段階で、商品中の成分の分子量分布を求められたら、どう対応されるのであろう?

まさに、パンドラの箱である。

今回の改定内容を見ていても、冒頭で示した原料については、功を焦り、リスクのあることを進めてしまったなぁと思う次第である。

ここ最近、疑問に感じていることも含めて、チクリと書いてみた。
仕事のガイド
30万アクセスを超える前のノウハウを凝縮したブログ記事ガイド
ブログガイド

SEOの関係上、弊社サイトへのリンクは外しました。弊社にご興味がございましたら、是非、Googleでアンチエイジング・プロと検索してみてください!
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

趣味のガイド
競技空手研究
国内外を問わない空手の動画の解説や練習方法、グッツの紹介など
今のテーマはヨーロピアン空手
>> 國際松濤館 若草支部


ボクシングシューズ&コンプレッションまとめ
オススメの1足・1着を紹介!

新宿ラーメンバナー
新宿にお越しの際は、是非、参考に!
記事検索
著書&顧問先
ヘルシー&ビューティー4
ヘルシー&ビューティー vol.4でプロテオグリカンの記事を書かせていただきました。

秘密の赤ワイン
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。


弊社顧問 吉田先生ブログ

<わたしの顧問先>
クリニカメディカ/髪のクリニックSeed
Y'sサイエンスクリニック
顧問先Y'sサイエンスクリニック
アフィリエイトプログラム
本ブログは、Amazon アソシエイト・プログラムやバリューコマースを利用しています。オススメ書籍やスポーツ用品を示すのに活用しております。+マーケティング調査のためです。

良い商品はオススメしても、本プログラムで儲けるつもりはないため、スポーツ用品などは、Yahoo!ショッピングや楽天も含め、最も安いショップでご購入いただければ幸いです。
プロフィール

博士(水産学) 45歳 富山県滑川市出身  (株)アンチエイジング・プロ COO 現 東京海洋大学卒 順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

営業は天職、通販化粧品会社や広告代理店での所属経験がある異色のコンサルタント。
博士論文は海洋プラスチックごみがテーマ。
プロフィール詳細は、カテゴリー最下段より。

カテゴリ別アーカイブ
サプリに対する想いです。初めての方は、是非、読んでもらいたいです! ブログガイド 健康食品業界に20年近くいると、時代の流れというものも強く感じます。サプリメントは、市場の成熟と共に役割や環境も変化しています。社会に貢献できるサプリメント道というものを必死に模索しております。

近年、儲け主義だけで社会的貢献意識やモラルがない会社さんが増えております。そういった想いより、真っ黒な広告で消費者を騙す商品は、許せない!撲滅したい!という気持ちも強いです。
そういった背景より、真っ黒広告の撲滅活動なども行っております。
ギャラリー
  • 赤ちゃん肌のプロテオグリカンはリッチで大きい!
  • PayPayでドラッグストアはしご
  • PayPayでドラッグストアはしご
  • 動画インターネット社会の競技空手教育論
  • 原料受託バンクで数・質・量のクリエイティブの資料を公開
  • 蹴り技の位置付け