予防医療で介護なし!アンチエイジングライフ研究所★栗山雄司

年中、健康食品やサプリメントの製造や販売に関わっている代替医療事業クリエイターのブログです。医療機関向けサプリメントを得意とし、エビデンス型の商品開発を重要視しております。健康メディア用コンテンツ提供、騙されない健康食品の選び方や競技空手・ボクシングの格闘オヤジ日記、新宿ランチ紹介も。

介護のない世の中を作ることがです。介護のない世の中には、アンチエイジングを意識したセルフメディケーション;予防が不可欠です。健康食品・サプリメントも重要なツールの1つです。
また、健康食品業界を良くしていくため、消費者を騙しながらゴミ商品を販売している健康食品を撲滅しようと奮闘中!

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーターとして、日々、健康食品・サプリメントを作ってます。
ビジネスでは市場創造を重要視しております

健康医療分野のコンテンツならびに監修者紹介なども行っております。ご興味がございましたら弊社03-5362-0833まで電話もしくは「アンチエイジングプロ」で検索してお問い合わせください。

空手道

基礎稽古は自分の限界に挑戦!

本日は、午前中は母校の東京海洋大学で、午後は青梅で空手の稽古でした。

母校での稽古は、師範稽古でした。
久しぶりに、しんどい稽古ができたので、記憶をとどめておくためにも、この記事を書くことにいたしました。

今日は、移動稽古とその場基本が長かった・・・。
でも、学生時代は、普通に行っていた内容でもある。なかなか自分を追い込むような稽古ができなくなっていることを痛感しました。
やっぱり、大学の中で勝つことを意識したら、あれくらいの強度の稽古は不可欠だろう。

一方、ただ厳しい稽古を行うだけではダメ!

1つ1つの技のレベルを高めるため、自分を追い込み、自分の限界にチャレンジし続けないといけない。


空手の移動稽古やその場稽古の良さであり奥の深さは、同じ連数内容でも、技のレベルを高めようとすればするほど負荷が高まることです。
1人では絶対にできない稽古を、みんなであればできてしまうのが素晴らしい点です。
そこで、仲間意識というものも強くなる。

同じ稽古でも、120%の力で行おうとし続ける選手は必ず強くなる!

例えば、蹴りは、一呼吸で蹴って引き足まで取れていないといけない。前屈立ちの前蹴りも、蹴ったら、元の位置に戻すまでを一呼吸で行えなければならない。
そうでなければ、蹴りでポイントは取れない。

でも、今のご時世の若者は、人に言われて苦しい状況に追い込むようなことは、なかなかできないだろう。
それでも、やってもらいたいなぁというのは、OBとしての親心です。
この経験は、社会に出た際、絶対に役立つはずです。

今日は、自分もまだまだ追い込みが足らんなぁとも思いました。
短い時間でも、もっともっと自分を追い込めるはず!
明日からは、もっともっと頑張ろうと思います!

突き技のポイント:ステップインの形とスピードへ追記

今日は、トレーニングはお休み。
その代わり、空手の研究。

先日、投稿した記事に、追記しました。

突き技のポイント:ステップインの形とスピード

動画を1つ追加しました。
この動画。


このルフェーブル先生の動画の方が寄せがわかりやすい。

ここに、突き技の大部分のノウハウが詰まっていると思います。
あとは、実践での経験と、1つ1つの技の完成度だと思います。刻み突きなどは、反応できないくらいのスピードでしょう。

今日、ワンツーも、ステップインして入ることを学びました。奥が深い。短くても、インすると良いんだろうなぁと思いました。
間合いが遠いと、間を詰め切れないなぁと思うこともあったので、これで解決できそう!

ルフェーブル先生の空手と國際松濤館

私は、和道流だけでなく、國際松濤館の空手を行っています。
また、近年は、ルフェーブル先生の空手を研究しています。

研究を進めていると、ルフェーブル先生が松濤館であることは公言されているのですが、松濤館でも國際松濤館であることがわかります。
まぁ、若き日の金澤先生と写真が物語っていると思います。

加えて、Facebookのルフェーブル先生のコメントを見ていると、松濤館愛も感じ取れます。

ルフェーブル先生の空手には、いくつかの松濤館の技術が見られます。ちょっとまとめてみました。

回し蹴り→蹴上げ(横蹴り)の応用
※開いて蹴る形や前足回し蹴りの足運びなど

逆突きの腰の使い方

何と言っても、回し蹴りは、松濤館の技術の応用だと思います。日本では行われなかった進化を遂げていると思います。

日本では、回し蹴りは、体の横に膝を上げてから出すことを基本としています。一方、ルフェーブル先生やヨーロピアン空手では、蹴上げから発展させた形の回し蹴りになっています。

私の持論ですが、正確には、蹴上げ+蹴込みであると思います。蹴上げのように開いて蹴りつつ蹴込みのように腰を入れ、蹴上げのように素早く引く。
日本の松濤館の蹴りとは、全く別の方向で進化していると思います。



ちなみに、踵を上げる組手の中段逆突きについては、国内でも一部の國際松濤館の試合で見られます。海外に近い國際松濤館らしいなぁと思っております。
日本全体で、増えつつあるのですが、これは、海外の組手技術が逆輸入されたのかなぁ?とも考えています。
5月の某錬成大会では、ジャパンの先生が踵を上げた逆突きを行っておられました。日本でも、踵を上げるタイプの逆突きが増えていくでしょう。私も、取り入れています。

最後に、組手の技術とは、時代やルールに合わせて常に変化するものです。
流派毎の基本をベースに、指導者毎にも異なってくるんだと思います。いろいろな流派の技術も混ざってきます。
私自身がそうですからね。
仕事のガイド
30万アクセスを超える前のノウハウを凝縮したブログ記事ガイド
ブログガイド

anti-bar
弊社のガイドです。
通販支援サイトDirectaから弊社ホワイトペーパー(商品開発ノウハウが凝縮)が無料でダウンロードいただけます!
趣味のガイド
競技空手研究
国内外を問わない空手の動画の解説や練習方法、グッツの紹介など
今のテーマはヨーロピアン空手
>> 國際松濤館 若草支部


ボクシングシューズ&コンプレッションまとめ
オススメの1足・1着を紹介!

新宿ラーメンバナー
新宿にお越しの際は、是非、参考に!
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
著書&顧問先
ヘルシー&ビューティー4
ヘルシー&ビューティー vol.4でプロテオグリカンの記事を書かせていただきました。

秘密の赤ワイン
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。


弊社顧問 吉田先生ブログ

<わたしの顧問先>
クリニカメディカ/髪のクリニックSeed
Y'sサイエンスクリニック
顧問先Y'sサイエンスクリニック
サプリに対する想いです。初めての方は、是非、読んでもらいたいです! ブログガイド 健康食品業界に20年近くいると、時代の流れというものも強く感じます。サプリメントは、市場の成熟と共に役割や環境も変化しています。社会に貢献できるサプリメント道というものを必死に模索しております。
プロフィール

博士(水産学) 44歳 富山県滑川市出身  (株)アンチエイジング・プロ COO 現 東京海洋大学卒 順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

営業は天職、通販化粧品会社や広告代理店での所属経験がある異色のコンサルタント。
プロフィール詳細は、カテゴリー最下段より。

カテゴリ別アーカイブ
厳選おすすめ書籍

業界人ならびに健康食品関係の企業は携帯必須。東京都のマニュアル最新版。今回は、若干厚い・・・。


日本抗加齢協会の機能性食品のデータブック


神田昌典さんの本で一番好きな一冊。分厚いけど、あっという間に読めちゃう一冊。Kindle版もあり。

健康食品通販オススメ書籍
本ブログは、Amazon アソシエイト・プログラムやバリューコマースを利用しています。オススメ書籍やスポーツ用品を示すのに活用しております。+マーケティング調査のためです。
良い商品はオススメしても、本プログラムで儲けるつもりはないため、スポーツ用品などは、Yahoo!ショッピングや楽天も含め、最も安いショップでご購入いただければ幸いです。