支持し続けられる健康食品を目指して!栗山雄司 博士コンサル

長く生き残る商品を生み出すことにひたすら情熱を傾ける博士コンサルトのブログ。販売重視の健康食品OEM製造や原料供給を行っております。レスベラトロール、ジオスゲニン、プラセンタ、アミノ酸、プロテオグリカン&非変性Ⅱ型コラーゲンの商品開発が得意分野です。市場動向や注目原料などを紹介。健康メディア用コンテンツ提供、騙されない健康食品の選び方や格闘オヤジ日記、新宿ランチ紹介も。

もう29万アクセス超えちゃいましたが・・・業界の方にこっそり読み続けてもらえるブログであることを目指しています!

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーター&博士コンサルとして、勝ち残る商品を生み出すことに情熱を傾けています!商品開発から、お客様の成功を導きます!
持論:販売の成功は商品開発の段階で8割決まる!です。
初めての方へも丁寧かつ細やかなサポートが我社の自慢です!弊社の8割以上のお客様は、 弊社独自の育成メソッドで健康食品の商品化未経験からスタートされています。同時に、クロスセルやアップセル向けと、販売戦略に一歩踏み込んだ提案も行っております。通販に限らず医療機関向けの商品開発も多くの実績があり得意です。

消費者を騙さない支持される健康食品業界であることを強く願って商品を作り続けています!
そのための情報提供というものを心がけ、人気サプリを斬る!騙されない健康食品のシリーズを書き続けています。

具体的なご相談は >> https://a2-pro.com/ の問い合わせから

騙されない健康食品の選び方

悪質広告に騙されないためのチェックポイント

先日も、記事で紹介しましたが、最近、悪質なインターネット広告が増えました。
まぁ、インターネット広告に限らず、昔から悪質な広告は、存在し、なかなか無くなりません。
さて、今回は、タイトルにもあるように、騙されないためのチェックポイントを紹介したいと思います。たぶん、原料レベルからの製造と広告の両方を良く知る私だからこそ、ここまで詳細を語れるんだと思います。
役立つなぁと思ったら、是非、シェアしてくださいね!

チェックポイント
1. 機能性関与成分の含有量が示されているか?
2. 原材料表記は示されているか?
3. 無添加は何が無添加?
4. 厚生労働省認可は、何を認可しているか?
5. ビフォアーアフターは、商品だけの効果?


まず、最も騙されることが多いのは、〇〇が良いと謳っているけど、ほとんど良い成分(機能性関与成分;効果をもららす成分)が入っていないケースです。

大事なのは量です!
有効な量に近い量が入っていなければ、意味がありません!


この点は、一番最初に消費者の方が学んでもらいたい点です。
多くの消費者が機能性関与成分がほどんど含まれないゴミ商品に騙される原因です。

厳密には、こういった広告(LP)は、優良誤認の対象だと思います。一方、ここの規制は、なかなか進まないです。おそらく、機能性表示食品でもない、いわゆる健康食品は、(有効な量が入っている保証がないため)機能性はないという頑なな行政の姿勢にも問題があるように思います。

ちなみに、量を謳っていても、あまり意味のないものが存在します。
例えば、プラセンタの胎盤換算量です。
たくさんのプラセンタ(胎盤)から抽出しても、有効な成分が多いとは限りません。抽出効率が悪いだけかもしれません。
そもそも、プラセンタの機能性関与成分が明確になっていないため、このようなことが起こるのです。

また、〇〇種類の野菜・果物や〇〇種類の成分と、たくさんの種類入っているという数のクリエイティブが頻繁に見られますが、この数にも、全く意味がありません。

たくさん入っているように見えて、極極微量しか入っていないことがほとんどです。実際に、商品を作っている我々は、そういったゴミ商品の設計が顧客から届くたびに我々は嘆きます。

各素材の配合量0.0001%って何だろう?
ほとんどが賦形剤や糖類・・・。

こういった設計に消費者は、簡単に騙されてしまいます。

さらに、巧妙な悪質クリエイティブでは、機能性関与成分の由来を誤認させているケースが存在します。これは、なかなか消費者が見破りにくい!

例えば、ビタミンを野菜量換算で表記している商品の多くは、野菜・果物由来のように見せかけて、実は合成の添加されたビタミン由来です。
ビタミンは、野菜や果物に微量しか含まれていないため、合成のビタミンを用いれば、容易に多くの野菜や果物に換算することができるのです。
ビタミンの野菜換算は、何由来のビタミンでの換算かをチェックする必要があります。

原材料表示は、多く配合されているものから記載されています。例えば、青汁でも、ブドウ糖が一番上に記載されているものもあったりします。

消費者は、無添加サプリ、無添加品質という嘘に騙されやすいです。

何が無添加なのか?
その成分は添加されていないことがスゴイことなのか?


をしっかり判断する必要があります。

詳しくは、以下のページをご参照ください。
人気サプリを斬る!妊活サプリ、無添加品質の嘘

最近、特に医薬部外品に多いのですが、厚生労働省認可という広告表現がよく見られます。
確かに間違えではないのですが、強調表記すべき点なのか?という疑問が残ります。極普通にドラックストアーにならぶ医薬品や医薬部外品は、認可を受けています。
まぁ、厳密に言えば、厚生労働省が基準を作り、都道府県を通して認可しているので、厚生労働省が認可している訳ではないようにも思えますが・・・。

当たり前のことをすごく言っているだけ
なのです。

その他にも、〇〇大学開発などという広告も見受けられますが、商品が必ずしも優れているとは限りません。
例えば、ハーバード大学で開発というクリエイティブについて、調査した結果、実は、ハーバード大学に所属していたことがある先生が開発したということも発覚したこともあります。
また、全く実際の製法と異なる製造特許など。

あと、タレントさんの商品利用は、一部を除き、基本広告です。
わかっていても、消費者は騙される・・・。
ステルスマーケティングなんで、タレント生命を短くするだけなんですけどね・・・。

過去、某有名モデルさんがテレビでは、基本オーガニックの食事で、体に悪いものは一切口にしないとい公言しつつ、食品添加物だらけのナチュラル系スムージーを紹介していたりもしています。

海外では、広告費が発生している場合、広告であることを明記しないと違法になります。残念ながら、日本では、そこまでの規制が行われていないのが現状です。

基本、ビフォアーアフターは、嘘だらけです。
酷い例では、わざと太って、アフタービフォアーをビフォアーアフターとして写真を提示するなど。

基本、飲むだけで!という商品は、怪しむことから始めましょう!

是非、この記事の情報をお役立てください!

荒れるインターネット広告:FacebookやSmart News

ここ最近、酷いなぁと思うようなインターネット広告を頻繁に見ないだろうか?
特に、FacebookやSmart Newsで酷いものが多くないだろうか?
まぁ、Yahooのアプリも、たまに酷いものがあるが。

過去のガラケー携帯への広告を思い出します・・・。

こういった真っ黒な酷い広告が乱立する理由は、いくつか考えられます。

1. スマホサイトへの消費者庁による調査の甘さ
2. SNSやニュースアプリという穴
3. 媒体の考査がザル(チェックしていない)
4. コンテンツサイトを1枚挟み広告考査の対象から外れてる
5. 広告主のモラルの低下


スマホサイトのチェックが甘かった点は、消費者庁のコメントや動向を見ていると、よくわかります。そして、今後、スマホサイトのチェックを強化するという指針を示しています。
ちなみに、消費者庁は、おそらくPCでチェックすると考え、PCでのアクセスでは別のページに跳ぶような設定がさえている悪質な広告も存在していました。

今後は、スマホサイトでも、しっかりとチェックされるでしょう。しかし、SNSやニュースアプリは、チェックしにくいだろうなぁと思います。さて、どこまできちんと規制できるかが見ものです。

まぁ、何れにしても、こういったインターネット広告で溢れるってことは、そもそも媒体の考査が甘いのです。

収益のために媒体側も容認しているのではないか?

と思うくらいです。
消費者庁も、媒体側に法令順守管理の指導をすべきだとも思います。特にFacebookとニュースアプリ。

まぁ、販売サイトではなく、真っ黒なコンテンツサイトに広告がかけられていることも多々あります。
これは、コンテンツに広告をかけているのではなく、コンテンツを一枚挟んで販売商品に広告をかけているのと同じです。

コンテンツでは、タレントさんや著名人の写真を肖像権を無視して好き勝手に使用しています。コンテンツの管理会社が記載されていないコンテンツも多く、無法地帯となっています。

アフィリエイトのタグが入っているものは、6月7日の事例同様、今後、がっつり規制されていくでしょう。アフィリエイトの広告主の販売会社が対象です。
一方、単に挟んでいるだけのものは、なかなか規制されにくいかもしれません。しかしながら、消費者庁もバカではないので、コンテンツサイトと販売者の両方に課徴金の支払いを命令したり、様々な手を打つでしょう。

最近、質が悪いのは、販売会社やコンテンツ会社が社名変更したり潰して作り直したりと、脱税する企業のように転々とすることです。尻尾をつかみにくいです。
送り付け詐欺のように組織的に行われているケースも少なくないと思います。
これを見逃すと、こういった企業は、ドンドン好き勝手していくと思うので、徹底して叩いてもらえればと思います。

最後に、やっぱり、ここ最近のECの販売会社さんのモラルは低下しています。
投資や不動産のように、儲かれば良いという感覚で参入されている方も多い様に見受けられます。社会貢献的な理念も持っている会社さんも少ないです。
だから、商品にも会社にもこだわりがなく、儲からないなら変えてしまえという感覚で経営されています。

結局、こういったモラルのない方々は、そのうち、散々市場を荒らして、撤退されるでしょう。まぁ、課徴金リスクや広告費用対効果の低下を加味しすると、必然的に撤退していかなければならない状況に陥るでしょう。まさに、

業界として望まない新規参入

だと思います。
支持される業界と変化していくためには、好ましくない存在だと思います。
業界として、どう対抗していくべきかも考える時期に来ているようにも思えます。

弊社は、このように情報発信することでしか対抗していけないと考えております。メディアも、健康食品は効かないと報道するくらいなら、消費者を騙す詐欺のような売り方について報道してもらいたい。
大事だなぁと共感していただいた方は、組織としてでなく個人としてでも、情報をシェアしていただければなぁと思います。

合成の葉酸だと自閉症リスクが高まる?

先日、抗加齢医学会総会で口頭発表を行ってきたのですが、実は、総会では、葉酸の面白い発表(福岡の葉子クリニック:内山葉子先生)も聞くことができました。とても有意義な発表でした。
そして、その発表の質疑応答で

合成の葉酸だと自閉症リスクが高まるので食品から補うべき

というやり取りがありました。
気になったので、早速調べたら、以下のようなサイトも見つけました。

自閉症が増えた本当の原因(分子栄養学実践講座)
その1も読んでおくと良いでしょう。

この情報にどの程度の信用度があるのか?を検証しました。Web上の情報は、そういった評価を行うことが大事です。

評価の結果、

学説の段階であり、関連性を示した明確な統計データは存在しない。
でも、可能性は否定できない。

と判断しています。
まぁ、分子栄養学に出会って10年以上経過しますが、極端な部分はありますが、真面目な方々が信念を持って実践されておられます。

また、調査の中、合成葉酸と食事性葉酸は、単にモノグルタミン酸型かポリグルタミン酸型の違いだけかと思っていたら、必ずしもそうではないのかな?と思い始めました。明確な確信まで持てていませんが、今は、合成のモノグルタミン酸型葉酸と食事性葉酸が代謝されて生じたモノグルタミン酸型葉酸はやや形が違うと考えています。

それが、活性型と未(非)活性型の違いという、分子栄養学実践講座でも紹介されていた葉酸の違いだろう。

食事性葉酸が代謝されて生じたモノグルタミン酸型葉酸は、おそらく、MTHFR酵素(メチレンテトラヒドロ葉酸還元酵素)と反応する部位を持っているのだろう。
もっとしっかりした確信を得るため、私も、もっと勉強が必要そうだ。

もしかすると、MTHFR酵素が弱い方(子供・赤ちゃん)でも、植物性葉酸のサプリであれば、自閉症リスクを減らすことがでいるのかな?と思い始めています。

いずれにしろ、私の仕事で、多くの方が喜んでもらえることが重要だと考えています。
今回の赤ちゃんの健康もそうですが、シニア層の認知症が予防されたり、健康寿命が延伸されたりなど、仕事の中にも社会貢献性というものあるべきです。
そのためには、できる限りのことをやっていければと思います。
仕事のガイド
まずはこちら!!
ブログガイド

anti-bar
>> 弊社OEM供給の特徴
自社原料も活用した勝ち残る商品設計が特徴です。
日本抗加齢医学会:賛助会員

OEMマニュアル
丁寧かつ細やかなサポートには自信があります!

原料受託バンクバナー 原料受託バンクで、弊社取扱い原料をチェック!資料のダウンロードも!

通販支援サイトDirectaの弊社ホワイトペーパー 通販支援サイトDirectaで弊社ホワイトペーパー(商品開発ノウハウが凝縮)が無料でダウンロードいただけます!
趣味のガイド
競技空手研究
国内外を問わない空手の動画の解説や練習方法、グッツの紹介など
今のテーマはヨーロピアン空手

ボクシングシューズ&コンプレッションまとめ
オススメの1足・1着を紹介!

今の一押し!

新宿ラーメンバナー
新宿にお越しの際は、是非、参考に!
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
著書&顧問先
ヘルシー&ビューティー4
ヘルシー&ビューティー vol.4でプロテオグリカンの記事を書かせていただきました。

秘密の赤ワイン
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。


弊社顧問 吉田先生ブログ

<わたしの顧問先>
クリニカメディカ
Y'sサイエンスクリニック
head_logo
プロフィール

博士(水産学) 44歳 富山県滑川市出身  (株)アンチエイジング・プロ COO 現 東京海洋大学卒 順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

営業は天職、通販化粧品会社や広告代理店での所属経験がある異色のコンサルタント。
プロフィール詳細は、カテゴリー最下段より。

カテゴリ別アーカイブ
厳選おすすめ書籍

業界人ならびに健康食品関係の企業は携帯必須。東京都のマニュアル最新版。今回は、若干厚い・・・。


神田昌典さんの本で一番好きな一冊。分厚いけど、あっという間に読めちゃう一冊。Kindle版もあり。


記事でも紹介しましたが、広告に関わる方だけでなく商品開発の担当者にも読んでいただきたい一冊。


いつになっても古びない通販のマニュアル本。通販始めるなら、まず読んでもらいたい。


表現を変えるだけで、レスポンスが変わります。健康食品通販では、広告費用対効果が変わってきます。
本ブログは、Amazon アソシエイト・プログラムやバリューコマースを利用しています。オススメ書籍やスポーツ用品を示すのに活用しております。+マーケティング調査のためです。
良い商品はオススメしても、本プログラムで儲けるつもりはないため、スポーツ用品などは、Yahoo!ショッピングや楽天も含め、最も安いショップでご購入いただければ幸いです。
  • ライブドアブログ