支持し続けられる健康食品を目指して!栗山雄司 博士コンサル

長く生き残る商品を生み出すことにひたすら情熱を傾ける博士コンサルトのブログ。販売重視の健康食品OEM製造や原料供給を行っております。レスベラトロール、ジオスゲニン、プラセンタ、アミノ酸、プロテオグリカン&非変性Ⅱ型コラーゲンの商品開発が得意分野です。市場動向や注目原料などを紹介。健康メディア用コンテンツ提供、騙されない健康食品の選び方や格闘オヤジ日記、新宿ランチ紹介も。

もう29万アクセス超えちゃいましたが・・・業界の方にこっそり読み続けてもらえるブログであることを目指しています!

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーター&博士コンサルとして、勝ち残る商品を生み出すことに情熱を傾けています!商品開発から、お客様の成功を導きます!
持論:販売の成功は商品開発の段階で8割決まる!です。
初めての方へも丁寧かつ細やかなサポートが我社の自慢です!弊社の8割以上のお客様は、 弊社独自の育成メソッドで健康食品の商品化未経験からスタートされています。同時に、クロスセルやアップセル向けと、販売戦略に一歩踏み込んだ提案も行っております。通販に限らず医療機関向けの商品開発も多くの実績があり得意です。

消費者を騙さない支持される健康食品業界であることを強く願って商品を作り続けています!
そのための情報提供というものを心がけ、人気サプリを斬る!騙されない健康食品のシリーズを書き続けています。

具体的なご相談は >> https://a2-pro.com/ の問い合わせから

中国案件

中国案件の次の波

中国案件は、絶えないです。
ただし、形を変えつつあります。

中国案件は、とにかく流れが速いです。

まず、中国人のビジネスって、日本人は排除され、結局、中国人だけで独占する傾向があるなぁとヒシヒシと感じています。

まぁ、レアメタルもそうでしたし、アミノ酸もそう。
そして、近年の日本観光ビジネスも中国人が主導権を握り始めています。中国人が経営するレストランやショップに中国人観光客が訪れる・・・。

健康食品の輸出事業も、徐々に中国人が中国本土に商品を供給する割合と、中国人が中国本土から商品を作りに来る割合が増えています。

国内の中国人も、そういった点を理解しているので、焦っている感もある。

そして、水面下では、日本の健康食品原料を買い付け、中国で商品を製造する方式にシフトし始めています。

化粧品と同じ。
CMや派手な広告活動を行っているトップブランドだけは、中国に最終商品を供給する。

これは、OEM会社であり、かつ原料メーカーでなければ、この段階で感じ取れないんだろうなぁと思います。

こうなってくると、弊社が行うべき戦略も見えてきます。
まぁ、自分を信じ、その戦略を淡々と進めるしかないですね。

成約率が高い中国案件の見分け方

相変わらず、中国案件は、多いです。
一方、案件が成約するのは、ほんのわずか。

成約するパターンに法則があるなぁとわかり始めています。

それは、以下のようなパターン。

中国人が直接問い合わせてきているケース
販売と直結しているケース
商品設計が固まっているケース
正規通関にこだわらないケース


1つでも多ければ、成約率が高くなります。

日本人を経由してくる案件より、在日の中国人の方を経由してくる案件の方が成約率が高いです。もちろん、本国と確固たる人脈でつながっている人ほど、成約率が高いのは言うまでもありません!

さらに、中国本土から直接、日本語ができる中国人によってコンタクトされる場合は、商品化が前提であることが多いです。特に、販売と直結している会社であれば、一番、成約率が高いケースかもしれないです。

まぁ、間に何社も入っているケースは、日本案件でもなかなか上手くいかないものです。

ぶっちゃけ、まず、今から中国人顧客に提案を行うという日本人は、成約した試しがありません。特に、中国語ができる人間がいないケース。
そういた案件は、商品設計も、コロコロ変わります。

おそらく、情報収集で複数の日本人が利用されるケースの方が多そうです。日本人を用いて情報収集させて商品設計を固め、実際の調達は同朋(中国人)に任せるというケースも多いのだと考えています。
まぁ、複数人に情報収集目的でコンペさせれば、良いとこ取りの設計になりがちで、提案のたびに商品設計も変わるのでしょう。

リアルな案件では、商品設計に限らず、流通の部分も固まっていることが多いです。場合によっては、目標コストも決まっていることがあります。

そのため、流通面の予定も現実的です。
非正規からスタートすることを前提としていたり、非正規・正規の両建てでプロジェクトを進めているケースが多いです。
正規で進める場合、正規通関が可能な条件も熟知されています。

ちなみに、どんな人(どこの国、何人)がコンタクトしてきているかは、メールだけでは判断しにくいことが多いです。
例えば、日本の名前かつ非常に上手なメール文面でコンタクトして来られても、実際、来客されたり電話されたりされると、中国人の方だったりすることがあります。
日本の国籍をお持ちの中国人の方のケースもありますので、当然、このようなことが起こります。

まぁ、何となく、ビジネスの進め方で、人種がわかってしまうことも多いです。
中国の方は、基本、せっかち。

最近は、ベトナムの案件も増えているのですが、基本、中国案件の法則と同じです。

是非、参考にしていただければ幸いです。
舞い込む案件に対する評価が的確に行いやすくなり、効率の良い案件獲得に近づけると思います。

中国案件との付き合い方と健康食品の法的整備後の未来像

今の日本の健康食品市場は、必ずしも好調とは言えない。一方、中国を始めとした海外案件が好調で、潤っているというのが実情だと思います。

一方、中国案件は、非常に回転が速くフラッシュマーケティング的要素が強いため、付き合う方も大変。
加えて、中国に限らず海外案件は、いろいろな面で担当者を振り回す。
私自身が海外案件を担当しない一番の理由(笑)。
というか、担当すると会社全体の業務に支障が出る。

それでも、中国案件に対して積極的に対応していくべきだろうと考えています。

ただし、中国案件を狩りつつ、必ず国内案件に対しても先手を打ち続ける必要があります。
会社は、1つの柱より、より多い柱での方が安定します。
弊社は、原料事業・国内OEM事業・海外OEM事業の三本立てです。そのうち、海外OEM事業が下火になり海外原料事業が生まれてくると考えております。

その理由は?

中国など東南アジアを中心とした諸国も、いずれ健康食品の法的整備が進むためです。

中国などは、ドイツの基準を導入している面もあるので、本格的に整備され始めると、中国で流通する商品もかなり限定されてくると考えております。
私の予想では、基本的に正規通関が必要になり、最終商品で通関を通す場合、各原料の規格書やMSDSなどが要求されるのでは?と考えております。
中国に関しては、現状、お目こぼしで非正規流通させていただいているような部分があります。
いつまで続くか?という不安定要素があります。

最終商品の通関が厳しくなった場合、化粧品のように健康食品も日本から原料を仕入れ、中国で生産するというケースも増えてくるでしょう。
実際、そのような動きも出始めています。
原料事業をやっていないと、わからない動き。
なかには、日本から原料やバルクを仕入れ、保税庫で充填して日本製にするというケースもあるみたいです。
おそらく、この中国製造の方法の方がビジネスの障壁が少ないという状況になるでしょう。
何れにしても、後々、中国生産品の健康食品が伸びてくるのは間違えないでしょう。

そういった市場になった場合、強いのは国産のオリジナル原料!

もしくは、弊社の葛花のように、中国産でも日本の技術で作られている原料

例えば、乳酸菌(特に大手さんのもの)、還元型コエンザイムQ10、プロテオグリカン、エラスチン、一部の菌糸体系素材などでしょうね。
プラセンタは、馬の原料であれば、可能性はありますね。

ちなみに、ナットウキナーゼに関しては、すでに段階が進み、中国原料が多数出始めているので、状況が混とんとし始めています。
他の原料も、模倣原料が作られることを加味して、戦略を講じていくことが不可欠です。
例えば、産地や権威などの特色がある原料などは、模倣されにくいんでしょうね・・・。私は、そういった目利きやブランディングを意識しています。

どの世でも盛者必衰。
勝ちモデルやセオリーは、近年、すぐに変わる時代になってきています。情報化による影響。実際、取り残されてしまった企業を多く見てきています。
何れにしても、先を見据えつつ戦略を立てていくことが重要です。
終わりなく頑張り続けないといけないんだなぁと思います。
仕事のガイド
まずはこちら!!
ブログガイド

anti-bar
>> 弊社OEM供給の特徴
自社原料も活用した勝ち残る商品設計が特徴です。
日本抗加齢医学会:賛助会員

OEMマニュアル
丁寧かつ細やかなサポートには自信があります!

原料受託バンクバナー 原料受託バンクで、弊社取扱い原料をチェック!資料のダウンロードも!

通販支援サイトDirectaの弊社ホワイトペーパー 通販支援サイトDirectaで弊社ホワイトペーパー(商品開発ノウハウが凝縮)が無料でダウンロードいただけます!
趣味のガイド
競技空手研究
国内外を問わない空手の動画の解説や練習方法、グッツの紹介など
今のテーマはヨーロピアン空手

ボクシングシューズ&コンプレッションまとめ
オススメの1足・1着を紹介!

今の一押し!

新宿ラーメンバナー
新宿にお越しの際は、是非、参考に!
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
著書&顧問先
ヘルシー&ビューティー4
ヘルシー&ビューティー vol.4でプロテオグリカンの記事を書かせていただきました。

秘密の赤ワイン
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。


弊社顧問 吉田先生ブログ

<わたしの顧問先>
クリニカメディカ
Y'sサイエンスクリニック
head_logo
プロフィール

博士(水産学) 44歳 富山県滑川市出身  (株)アンチエイジング・プロ COO 現 東京海洋大学卒 順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

営業は天職、通販化粧品会社や広告代理店での所属経験がある異色のコンサルタント。
プロフィール詳細は、カテゴリー最下段より。

カテゴリ別アーカイブ
厳選おすすめ書籍

業界人ならびに健康食品関係の企業は携帯必須。東京都のマニュアル最新版。今回は、若干厚い・・・。


神田昌典さんの本で一番好きな一冊。分厚いけど、あっという間に読めちゃう一冊。Kindle版もあり。


記事でも紹介しましたが、広告に関わる方だけでなく商品開発の担当者にも読んでいただきたい一冊。


いつになっても古びない通販のマニュアル本。通販始めるなら、まず読んでもらいたい。


表現を変えるだけで、レスポンスが変わります。健康食品通販では、広告費用対効果が変わってきます。
本ブログは、Amazon アソシエイト・プログラムやバリューコマースを利用しています。オススメ書籍やスポーツ用品を示すのに活用しております。+マーケティング調査のためです。
良い商品はオススメしても、本プログラムで儲けるつもりはないため、スポーツ用品などは、Yahoo!ショッピングや楽天も含め、最も安いショップでご購入いただければ幸いです。
  • ライブドアブログ