支持し続けられる健康食品を目指して!栗山雄司 博士コンサル

長く生き残る商品を生み出すことにひたすら情熱を傾ける博士コンサルトのブログ。販売重視の健康食品OEM製造や原料供給を行っております。レスベラトロール、ジオスゲニン、プラセンタ、アミノ酸、プロテオグリカン&非変性Ⅱ型コラーゲンの商品開発が得意分野です。市場動向や注目原料などを紹介。健康メディア用コンテンツ提供、騙されない健康食品の選び方や格闘オヤジ日記、新宿ランチ紹介も。

もう29万アクセス超えちゃいましたが・・・業界の方にこっそり読み続けてもらえるブログであることを目指しています!

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーター&博士コンサルとして、勝ち残る商品を生み出すことに情熱を傾けています!商品開発から、お客様の成功を導きます!
持論:販売の成功は商品開発の段階で8割決まる!です。
初めての方へも丁寧かつ細やかなサポートが我社の自慢です!弊社の8割以上のお客様は、 弊社独自の育成メソッドで健康食品の商品化未経験からスタートされています。同時に、クロスセルやアップセル向けと、販売戦略に一歩踏み込んだ提案も行っております。通販に限らず医療機関向けの商品開発も多くの実績があり得意です。

消費者を騙さない支持される健康食品業界であることを強く願って商品を作り続けています!
そのための情報提供というものを心がけ、人気サプリを斬る!騙されない健康食品のシリーズを書き続けています。

具体的なご相談は >> https://a2-pro.com/ の問い合わせから

設計・製造ノウハウ

生きた痩せ菌とハーブのサプリメント

本日の試作品は、痩せ菌(生菌)とハーブのサプリメントです。

DAD56DE6-E80D-499B-AEAE-799166D048D9
やせ菌三種を摂りながら、ハーブでもスッキリ!ダイエットがコンセプトの設計です。

この秘密のハーブは、体感があります。
隠れたクロスセル商品での人気者です。
私は、お腹が痛くなるので利用できませんが、慢性的に便秘の方には良いでしょう。
宿便もなくなるので、一時的にでも痩せるでしょう。

今回は、生きた乳酸菌・生きたビフィズス菌・生きた酪酸菌と、全部生菌です。

生菌サプリなので、ぶっちゃけ、なかなか本処方を受けてくれるところはないでしょう♪

おそらく、中国向けダイエットサプリにもピッタリ。ただし、秘密のハーブは中国人仕様でもっと増やした方が良いでしょう。

まぁ、これに数のクリエイティブが謳いやすい死菌の乳酸菌を足して、菌数のクリエイティブを高めるのも一手。
これをベースに、面白い商品を提案できていけたらなぁと思います。

赤ワインレスベラトロールの市場を伸ばすには?

レスベラトロールの市場は、現在、やや成長しているものの、その成長は、正直、やや停滞感があります。

採用されている商品は、増えているだろう。
多くが、量のクリエイティブを謳うための副材としてである。
弊社の原料は、ヒト臨床試験も行われているのに、もったいない・・・。

近年、低用量での摂取でないと直接的にサーチュイン遺伝子が活性化しないこともわかってきているので、チャンスなんですけどね・・・。

レスベラトロールの市場を伸ばすには、2つの選択肢があると思います。

1. 主材としての新たな剤形での展開
2. 副材としての新たな切り口での展開


前者に関しては、我々も試行錯誤しています。
近年は、赤ワインエキスを用いたレスベラトロール商品は、錠剤やカプセル形状の場合、どうしてもコスト合戦になってしまい、大手さんが有利です。

そのため、新たな剤形での展開が求められているのです。
我々にも、用途開発が求められます。

そこで我々が着目しているのは、一般食品に近い形態の美味しく続けやすい剤形です。
いろいろ、試行錯誤しています。

それには、理由があります。
最も継続的に売れ続けている商品の1つに、大瓶ドリンクの商品が存在するためです。
サプリメント形状が苦手な方に支持されているのだろう。
そういった商品がもっとあっても良いと思います。

ベースとなる試作品は、できていますが、もっと良い設計にも調整可能なのでは?とも考えております。これからも、試行錯誤が続きます。

次に、後者の副材の方ですが・・・
レスベラトロール(8mg/日)で肌老化のデータも示されている訳ですから、もう少し美容路線を強めた売り方が良いのでは?と考えております。

引用文献:Buonocore D, Lazzeretti A, Tocabens P, Nobile V, Cestone E, Santin G, Bottone MG, Marzatico F. Resveratrol-procyanidin blend: nutraceutical and antiaging efficacy evaluated in a placebocontrolled, double-blind study. Clin Cosmet Investig Dermatol. 2012;5:159-65.

もしくは、機能性表示食品(末端商品でのヒト臨床試験)の1素材として活用するのも一手だと考えております。
わかさ生活さんがリンゴンベリーエキス末のレスベラトロール12mgで試験を行われましたが、残念ながら、群間での有意差まで示されませんでした。

個人的な見解ですが、Buonocoreら(2012年)の報告と異なり、ポリフェノール(プロシアニジン)量も少なかったのが影響しているものと考えられます。また、被験者はシニアに限定した方がよかったのでは?とも感じています。

引用文献:浅野智哉、小林沙織、坂野克久、海老原淑子:二重盲検ランダム化比較試験によるレスベラトロール経口摂取の肌改善効果、医学と薬学 2015; 72(7):1261-1273.

弊社の赤ワインエキスでも、肌老化のヒト臨床試験も実施していきたいのですが、本当に有意差が出るのか? また、試験は単味で良いのか?という点で、躊躇している部分があります。

サーチュイン遺伝子活性に関しても、被験者のバックグラウンドの方が大きく影響するような感じがします。
肥満の被験者でしか良い結果が示されておらず、健常人で有意差をつけるのは難しいのでは?とも感じています。

適度に運動して、規則正しい食生活をしていれば、若さは保たれる!

ということなんでしょう。
健康食品・サプリメントのポジショニングをどこに置くかが難しいところだと思います。

まぁ、何れにしても、

市場を伸ばすには、新たな研究は不可欠です!


ん~、でも、次は、研究助成金を活用しながらとも考えていますので、新たなパートナーも探していかなければなぁとも思っています。
コツコツ努力するしかないんでしょうね!

健康食品リコール(回収)責任の所在と過去事例

健康食品事業は、リコール(回収)とは全く無縁と考える人も少なくありません。実際、健康食品のリコールは、いろいろな理由で起こっています。

医薬品成分の混入
食品添加物の使用基準
表示上の問題
原料の品質の問題


医薬品成分の混入というのは、海外から輸入した商品(主に精力剤)からタダラフィルなど医薬品成分が検出され、回収されるケースです。
まぁ、意図的に入れているのですから、当然です。
実際問題、私も、顧客から持ち込まれた商品を分析したら、タダラフィルが検出されたということもありました。
普通、起こりにくい事例です。

次に、意外に即回収になるのは、食品添加物の使用基準に反していたケース。
過去、こういった事例を見て参りました。

パントテン酸カルシウム:Caとして食品の1%以下
グルコン酸亜鉛・ビオチン:栄養機能食品のみ
スクラロース:各種食品毎の配合量上限


まぁ、なかなか一般消費者では判別できないケースなので、主に競合会社からの指摘により発覚することが多いため、リコールにつながりやすいのでしょう。

責任の所在は、販売者と製造者の両方でしょうが、費用負担などは、力関係などもあるので、ケースバイケースでしょう。
我々OEM会社も、他人事ではないのです。この添加物使用の部分ついて、販売者は製造者に丸投げですからね。

さてさて、意外に多いけど、表に出にくいのが表示上の問題のケース。
商品を見ていて、たまに、これ間違えだろうというケースもあります。

例えば、NMN。
原材料表示で、食品添加物の欄に記載されているケースがあります。
まぁ、流通が合法であるかは別として、食品添加物での表示は間違え。行政にも確認済。食品添加物の欄には、食品添加物リストに記載されているものしか表示できません。
表示するのであれば、食品添加物以外(いわゆる食品)の欄に表示する必要があります。リコールが起こった場合、責任は、販売者と製造者の両方でしょうね。

また、過去にも紹介しましたが、酵母ビタミンの表示も、本ケースです。
酵母ビタミンは、流通上、問題ないです。
酵母もビタミンも、流通可能なものだからです。

一方、問題になるのは、表示上の問題です。
過去に私が行政から受けた見解では、酵母とビタミン(添加物として)は、別々に記載が必要です。
例えば、厳密には、酵母(葉酸含有)などとは表示できないはずです。

理由は、添加された合成のビタミン類に変化がないため。製造助剤ではなく、単に混合されているだけと判断されているためです。
酵母内のタンパクなどと結合が確認できるミネラル酵母とは別物なのです。

こういったリコールの場合、責任の所在が販売者と製造者に留まりません。

おそらく、原料メーカーにも責任が及ぶでしょう。
原料メーカーは、納入規格書や調査書などで必ず最終商品での表示方法を提示しているはずです。販売者や製造者が書類に沿って表示したならば、責任は、提示した原料メーカーとなるです。

そのため、原料メーカーは、必ずPL保険にリコール特約を付けます。大手さんなどは、この特約の有無をチェックするケースも多々あります。

最終的な責任は、原料メーカーにあっても、リコールによる販売者や製造者のダメージも小さくないでしょう。
原料を選定する場合は、慎重に行わなければなりません。また、使用して表示する側も原料メーカーが提示する表示名が正しいかも厳しくジャッチする必要もあるのです。。

その他、食品表示は、新旧で混在させてはいけないなど、結構、市場に流通する商品でも、多く見られます。でも、大きな問題に発展することも少ないので、行政からスルーされていることも多い様に思えます。

最後に、原料の品質の問題についてですが、以下のような例があります。

放射線殺菌がなされていた
アフラトキシンの検出
規格成分を極端に満たしていなかった


当然ながら、責任は、原料メーカーです。
幅広く流通させていた場合などは、大規模なリコールになり得ます。
想定外の出来事もあり得ます。

健康食品事業には、リコールリスクが潜んでいます。
(だから、原料販売も、リスクマネージメント分を価格に乗せなければならないので、薄利多売もできん。)
その点を理解し、管理していかなければいけないのです。甘く考えてはいけません。
我々も、気を引き締めて、管理していきたいと思います!
仕事のガイド
まずはこちら!!
ブログガイド

anti-bar
>> 弊社OEM供給の特徴
自社原料も活用した勝ち残る商品設計が特徴です。
日本抗加齢医学会:賛助会員

OEMマニュアル
丁寧かつ細やかなサポートには自信があります!

原料受託バンクバナー 原料受託バンクで、弊社取扱い原料をチェック!資料のダウンロードも!

通販支援サイトDirectaの弊社ホワイトペーパー 通販支援サイトDirectaで弊社ホワイトペーパー(商品開発ノウハウが凝縮)が無料でダウンロードいただけます!
趣味のガイド
競技空手研究
国内外を問わない空手の動画の解説や練習方法、グッツの紹介など
今のテーマはヨーロピアン空手

ボクシングシューズ&コンプレッションまとめ
オススメの1足・1着を紹介!

今の一押し!

新宿ラーメンバナー
新宿にお越しの際は、是非、参考に!
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
著書&顧問先
ヘルシー&ビューティー4
ヘルシー&ビューティー vol.4でプロテオグリカンの記事を書かせていただきました。

秘密の赤ワイン
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。


弊社顧問 吉田先生ブログ

<わたしの顧問先>
クリニカメディカ
Y'sサイエンスクリニック
head_logo
プロフィール

博士(水産学) 44歳 富山県滑川市出身  (株)アンチエイジング・プロ COO 現 東京海洋大学卒 順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

営業は天職、通販化粧品会社や広告代理店での所属経験がある異色のコンサルタント。
プロフィール詳細は、カテゴリー最下段より。

カテゴリ別アーカイブ
厳選おすすめ書籍

業界人ならびに健康食品関係の企業は携帯必須。東京都のマニュアル最新版。今回は、若干厚い・・・。


神田昌典さんの本で一番好きな一冊。分厚いけど、あっという間に読めちゃう一冊。Kindle版もあり。


記事でも紹介しましたが、広告に関わる方だけでなく商品開発の担当者にも読んでいただきたい一冊。


いつになっても古びない通販のマニュアル本。通販始めるなら、まず読んでもらいたい。


表現を変えるだけで、レスポンスが変わります。健康食品通販では、広告費用対効果が変わってきます。
本ブログは、Amazon アソシエイト・プログラムやバリューコマースを利用しています。オススメ書籍やスポーツ用品を示すのに活用しております。+マーケティング調査のためです。
良い商品はオススメしても、本プログラムで儲けるつもりはないため、スポーツ用品などは、Yahoo!ショッピングや楽天も含め、最も安いショップでご購入いただければ幸いです。
  • ライブドアブログ