予防医療で介護なし!アンチエイジングライフ研究所★栗山雄司

年中、健康食品やサプリメントの製造や販売に関わっている代替医療事業クリエイターのブログです。医療機関向けサプリメントを得意とし、エビデンス型の商品開発を重要視しております。健康メディア用コンテンツ提供、騙されない健康食品の選び方や競技空手・ボクシングの格闘オヤジ日記、新宿ランチ紹介も。

介護のない世の中を作ることがです。介護のない世の中には、アンチエイジングを意識したセルフメディケーション;予防が不可欠です。健康食品・サプリメントも重要なツールの1つです。
また、健康食品業界を良くしていくため、消費者を騙しながらゴミ商品を販売している健康食品を撲滅しようと奮闘中!

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーターとして、日々、健康食品・サプリメントを作ってます。
ビジネスでは市場創造を重要視しております

健康医療分野のコンテンツならびに監修者紹介なども行っております。ご興味がございましたら弊社03-5362-0833まで電話もしくは「アンチエイジングプロ」で検索してお問い合わせください。

通販勝ち組の法則

儲かるようで儲からない健康食品EC

原料・OEMの弊社顧客は、どこがどのような媒体で勝っているか?を見てみると、意外にECは勝ってないです。
小さな店舗やクリニック、薬局でも、コツコツ売っている会社さんの方がスパンは長くても安定的に発注がなされる。オーナー色の強い会社さんか、販売マニュアルが徹底されている会社ほど販売量が伸びます。
一方、ECは、勝負が早く、納品から3ヶ月で再発注の打診がなければ、その商品はほぼ終わりです。ECは、一発で終わる率も高い。

ぶっちゃけ、こういった市場動向は、OEM会社の立場だと、よく見えます。
弊社は、ゴミ商品を作らない方針も強いので、それも影響しているだろう。

健康食品EC最大の欠点は、

LTVが低い

ことです。これは、間違えないだろう。

インターネット広告媒体別に見ると、アフィリエイト広告のLTVは極めて低い、リスティングやアド系の広告はまだ良いが紙媒体と比べるとかなり悪い。

だから、定期で縛るしかない。
必然的に商品は安くて売りやすいクリエイティブが作れるものになり、商品に対する顧客満足度を考えなくなる。ダイエット商材に集中する理由もここにある。
費用対効果重視で、真っ黒な広告(消費者庁がチェックにしにくいスマホ媒体)で騙して出も、攻めてしまう理由がここにある。

LTVだけでなく、課徴金なども加味すると
儲かるようで儲からない

加えて、近年は、広告費用対効果が悪化しており、どの良い媒体もライフサイクルが短く、長く使えない。ほんと、ベタにリスティングなどで費用対効果やトータルでの採算が合うような商品しか生き残らない。

ぶっちゃけ、儲かるのは、広告周辺だけだ。
広告の免責もない会社が、荒い売り方を提案する。

正直、今、健康食品の通販事業で儲かっているのは、一部の紙媒体と電波媒体だと思う。電波媒体を見て、購入ツールとして、ネットで購入するというケースも少なくないだろう。
こういった会社は、LTVを高めるため、CRM(顧客関係管理)も徹底している。クロスセル商品で満足度を高めている会社もある。

満足度の高い商品・サービスは、年単位でリピート購入される。
だから、積み重ねで利益が出る。
言うまでもなく、勝ち組通販会社の特徴です。
リピート購入されない商品では儲からない。

これが真実だと思う。

ちなみに、広告代理店さんやコンサルさんは、こういった健康食品ECの状況に注意しなければならない。
販売者が儲からなければ、次の広告予算にもつながらない。
結果、売上が先細ります。

実際、アフィリエイター会社さんは、売るものがなくなり、商品を作りだした時期もある。
そして、Googleのアルゴリズム変更も重なり、部分的に淘汰された。
そもそも、アフィリエイト広告の成果報酬が高過ぎる。今後も、あまりにも高い成果報酬が続くようであれば、アフィリエイト広告離れがさらに加速するだろう。

まぁ、その前に、真っ黒なコンテンツを一枚挟んだ広告に対する規制やメディア側への管理責任、広告側(代理店やコンサル)への販売教唆なども、問題になってくるだろう。
ぶっちゃけ、販売者に限らず、消費者を騙すことでしか収益を上げれない会社は潰れるべきだと思う。

最期に、ここまで過激な記事を書くと、顧客が減ってしまうのでは?と心配される方もいる。
でも、消費者を騙す顧客の商品を作っても、トラブルにしかつながらない。作り手側も、どんな会社に商品提供するかも、選ばなければならないと思う。
こういった記事は、その顧客セグメントの役割を担っています。
こんな記事を書いても、きちんとOEM問い合わせが来ます。むしろ、賛同してくれる良い顧客が集まる傾向もあります。
それが重要なんだと思います。

製造側からの顧客育成とパートナーシップ

ここ最近、大事だと思うこと。それがタイトルの内容。

今後、製造側のサポートとして、顧客の育成とパートナーシップは非常に重要だと思います。

自分(自社)の成長より、どうしてもコンサルなどに丸投げしたがる顧客が多い。
まぁ、楽でしょうから。

でも、それは絶対にダメ!なのだ。
努力による成長なくして、成功はありえまえません!
誰でも簡単に手に入るノウハウは、すぐに陳腐化してしまうものです。

顧客育成が自然に行えるようなサポートモデルが理想なんだろう。

最終的に、製造側の会社が顧客をサポートしようとすると、如何に良いパートナーシップが築けるかがポイントとなってくる。
販売者も、気持ち良く納得した上で製造側の会社さんに協力してもらえるパートナーシップを築くことが非常に重要。
これは、勝ち組の多くの方々が上手いところ。

コンサル料は不要であり、成果報酬が理想。
一方、パートナーシップが理解できない顧客もいるので、タダ働きさせられたり、ノウハウ流出にも繋がるため、何らかの成果保証も必要になるだろう。

サポートと言っても、いろいろなサポートがある。
基本、顧客ができないこと全部がサポート対象である。
(初めての顧客にとって、受託製造のサービスが最大のサポート項目だ。)
マニュアル化・スキーム化できるものもあれば、特許(明日、ポイントを紹介)のように、難易度の高いものもある。特許に限らず、学術サポートやヒト臨床試験などは、どうしても人を選んでしまう。
その高難易度のノウハウを上手く提供することが双方の成功につながるのだろう。

まぁ、私が通常業務を辞め、高難易度の仕事に特化し、自社以外にも顧客のサポートまで行える体制が理想なんだろう。
さらに、大学の客員教授あたりを兼任しながらできるのが理想であり、途方もないビジョンである。
いずれにしても、もう少し先の話だろう。

常に、こういったことを考える日々です。
こういったことを考えなくなると、会社は衰退するのだろう。

企業防衛のための特許&商標戦略とその注意点

近年、販売者さんが特許や商標を出願することが非常に増えています。ここ数年、毎年2割づつ増えているというデータも見たことがあります。

実際、これだけ模倣品が作られる市場になっていますので、企業防衛策として特許・商標の戦略は、非常に重要になってくると思われます。

困ったことに、特許のクリエイティブでレスが出始めているから、その流れは、加速しています。
景品表示法上、グレーゾーン。
(申請中はアウト!)
取得している特許か必ずしも優れているとは限らないから「優良誤認」であるという見解だそうです。決着はついていないはず。

基本、自社の特許番号を商品に記載するのはグレーゾーンだが、原料メーカーの特許番号を商品に記載してらアウトだと考えています。LPで原料メーカーの特許番号が使われていますが、いつまでグレーゾーンのまま続くかが微妙です。

実際、こういった相談も増えています。
私が原料事業で特許や商標を取得しているからでしょう。

先日、弁理士さん選びについての記事を書きましたが、それだけでは有効性のある特許や商標は取得できないでしょう。
そう甘くない。
出願者もしくはブレインが特許に精通していなければならないでしょう。

水面下で、こちらのコンサルも打診され始めています。
でも、手間もかかるし、フィーをもらうと責任も重くなるので、受けるかは微妙です。

ちなみに、商標は、類似の商品名を防ぐだけの位置付けだけでなくなってきているan>のが実際です。
それは、まだまだノウハウの部分。
それを紹介するのは、もう少し後の話だと思います。

次に注意点。
特許などは誰でも自由に出願できるって勘違いしていませんか?

原料メーカーは、当然、特許出願しています。
同時に、防衛策として、供給先が特許出願できない制限を行っていることも多々あります。
原料メーカーは、いろいろな形で制限していることがあります
当然、弊社も、制限しています。
今月から強化もしております。

もし、無駄での出願が発覚し、トラブルに発展した場合、確実に原料供給が止められます。原料メーカーの特許によって、代替原料での販売ができないケースも少なくありません。

特許戦略を販売者サイドだけで進めてしまうと、痛い思いをすることもあるのです。
場合によっては、ダメな弁理士さんにいい様にされ、費用だけかかるってケースも非常に多いです。

反対に、特許調査が甘くて痛い思いをすることもあります。
近年でいえば、某大手さんのアスタキサンチン化粧品。
大手さんでも、製造を丸投げしたりすると、こういったミスを犯すこともあるのです。
その他、某EC会社さんは、青汁でも痛い目に合っています。

独占禁止法というものも存在するので、原料メーカーやOEM会社などは無茶なことはできないですが、不正競争防止の観点から一定の企業防衛も認められているのです。

今後、こういった特許や商標の戦略は重要度を増します。
販売者も力を入れている一方で、原料メーカーやOEM会社も管理体制を強化する必要がある!のです。
仕事のガイド
30万アクセスを超える前のノウハウを凝縮したブログ記事ガイド
ブログガイド

anti-bar
弊社のガイドです。
通販支援サイトDirectaから弊社ホワイトペーパー(商品開発ノウハウが凝縮)が無料でダウンロードいただけます!
趣味のガイド
競技空手研究
国内外を問わない空手の動画の解説や練習方法、グッツの紹介など
今のテーマはヨーロピアン空手
>> 國際松濤館 若草支部


ボクシングシューズ&コンプレッションまとめ
オススメの1足・1着を紹介!

新宿ラーメンバナー
新宿にお越しの際は、是非、参考に!
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
著書&顧問先
ヘルシー&ビューティー4
ヘルシー&ビューティー vol.4でプロテオグリカンの記事を書かせていただきました。

秘密の赤ワイン
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。


弊社顧問 吉田先生ブログ

<わたしの顧問先>
クリニカメディカ/髪のクリニックSeed
Y'sサイエンスクリニック
顧問先Y'sサイエンスクリニック
サプリに対する想いです。初めての方は、是非、読んでもらいたいです! ブログガイド 健康食品業界に20年近くいると、時代の流れというものも強く感じます。サプリメントは、市場の成熟と共に役割や環境も変化しています。社会に貢献できるサプリメント道というものを必死に模索しております。
プロフィール

博士(水産学) 44歳 富山県滑川市出身  (株)アンチエイジング・プロ COO 現 東京海洋大学卒 順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

営業は天職、通販化粧品会社や広告代理店での所属経験がある異色のコンサルタント。
プロフィール詳細は、カテゴリー最下段より。

カテゴリ別アーカイブ
厳選おすすめ書籍

業界人ならびに健康食品関係の企業は携帯必須。東京都のマニュアル最新版。今回は、若干厚い・・・。


日本抗加齢協会の機能性食品のデータブック


神田昌典さんの本で一番好きな一冊。分厚いけど、あっという間に読めちゃう一冊。Kindle版もあり。

健康食品通販オススメ書籍
本ブログは、Amazon アソシエイト・プログラムやバリューコマースを利用しています。オススメ書籍やスポーツ用品を示すのに活用しております。+マーケティング調査のためです。
良い商品はオススメしても、本プログラムで儲けるつもりはないため、スポーツ用品などは、Yahoo!ショッピングや楽天も含め、最も安いショップでご購入いただければ幸いです。