予防医療で介護なし!アンチエイジングライフ研究所★栗山雄司

年中、健康食品やサプリメントの製造や販売に関わっている代替医療事業クリエイターのブログです。医療機関向けサプリメントを得意とし、エビデンス型の商品開発を重要視しております。健康メディア用コンテンツ提供、騙されない健康食品の選び方や競技空手・ボクシングの格闘オヤジ日記、新宿ランチ紹介も。

介護のない世の中を作ることがです。介護のない世の中には、アンチエイジングを意識したセルフメディケーション;予防が不可欠です。健康食品・サプリメントも重要なツールの1つです。
また、健康食品業界を良くしていくため、消費者を騙しながらゴミ商品を販売している健康食品を撲滅しようと奮闘中!

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーターとして、日々、健康食品・サプリメントを作ってます。
ビジネスでは市場創造を重要視しております

健康医療分野のコンテンツならびに監修者紹介なども行っております。ご興味がございましたら弊社03-5362-0833まで電話もしくは「アンチエイジングプロ」で検索してお問い合わせください。

栗山サプリメント論

医療機関サプリメント事業のトライアルビジネス

ここ数年、様々な医療機関では、サプリメント事業が活発になり始めています。一方、弊社も、設立時より医療機関向けのサプリメント事業を行いながら、様々なノウハウが蓄積しつつあります。

比較的成約率が高い案件が多いのですが、成約しない場合の理由は、ほぼ以下のどれかに当てはまります。

ロットが合わない
食品衛生法に抵触する設計
仲介会社のぼったくり


比較的、単価が合わないというケースは少ないですが、小ロットの認識の違いというものは、求めるビジネス規模の違いであり、医療機関に限らず、どの顧客に対しても生じることです。

弊社は、どんなに少なくても、600個くらいからの供給になります。
金額ベースで、1商品あたり60~120万円くらいの予算が必要であり、高単価の商品をこだわって作られるケースも多いので、100万円前後の顧客が多いです。

大手受託加工会社さんは、こういった小さな事業は行わないでしょう。
弊社より小さなロットで供給する会社もあるかもしれませんが、採算が合っているとは思えません。社員だけが苦しい思いをしているかもしれません。

基本的に、年間で600個くらいというのは、月50個くらいです。
(賞味期限は2年です。)
1院でも、その3倍以上を販売するクリニックもあります。
これくらい消化できないのであれば、オリジナルサプリで展開していくべきではないと思います。

そうは言っても、経験がゼロであれば、いきなりの投資は躊躇してしまうでしょう。いくらお金を持っている方が多くても、意外に堅実な方も多いのが実際です。

弊社では、2~3品ほど、そのトライアル販売用に商品を用意しております。
今後、この窓口事業を拡大していこうと計画しています。

上手く行くと自信が持てたら、オリジナルサプリを作れば良いとも考えています。
窓口事業で儲ける必要がないのが弊社の一番の強みかもしれないです。

やっぱり、医療機関におけるサプリメント販売には、重要なポイントがいくつか存在します。
医師とコメディカルの連帯で販売していかなければなりません。
非常に簡単なスキームなのですが、一般的な対面販売とは、ちょっと異なる販売スキームが求められたりします。

サプリメントの役割のコメディカル教育
インセンティブ制度
(;コメディカルの販売メリット)

この2つに尽きます。

こういった医療機関物販の活性化をマニュアル化したコンサルを組み込んだ事業にしていければと思っております。
こういったことは、私がクリニックのサプリメント販売を活発化するために行ってきたことですが、もう私が直接的に実施することはないと思います。
ただし、マニュアル化はする。

ぶっちゃけ、散々コメディカルの商品説明も行ってきましたが、そういったものは不要だと思います。
商品は、医師・医療機関が選定したものであれば、どんな商品でも良く、それを数ワードで手短に伝えれるだけで良いのです。

むしろ重要なのは、販売をコメディカルの意図で行える環境作りです。

すぐに呼びつける医師も多いのですが、私は、一切出向かない方針でビジネスを構築するつもりです。
こういったクリニック向けのサプリメント事業の一番の問題点は、営業経費が合わないという点です。特に、人件費の高い私が営業を行ったら、ビジネスとして成り立つはずがありません。

お互いにWinWInになるビジネスモデルを構築していきたいと思います。

サプリメントの予防医療・代替医療おけるポジション

サプリメントの中には、予防医療・代替医療に利用されている商品が多く存在します。米国栄養評議会の2010年の調査では、米国における医師・看護師のサプリメント利用実態と患者に対するサプリメント提案割合から医療現場でもサプリメントが活用されている状況が示されています。
その調査では、医師の72%看護師の89%がサプリメントを利用しており、医師の79%看護師の82%が患者にサプリメント利用の提案を行っているという結果が示されています。サプリメントによるセルフメディケーションが浸透している結果です。

これは、国民皆保険が存在しない米国らしい結果でもあるのですが、膨大な医療費で国の財政が圧迫されている日本でも、見習っていかなければならないと私は考えます。

重要なことは、如何に疾患を予防していくか?です。

一方、私は、サプリメントを利用すべきだと考えますが、依存すべきではないと考えています。
原則は、食事と運動だと考えております。飲むだけで健康は、ありえないです。

青魚を積極的に食べる
夕食は糖質を適度に制限する
野菜は多めに、そして、肉・野菜から食べる
発酵食品を意識して摂る
人工甘味料は絶対に摂らない
週2回以上の運動
生涯スポーツを持つ など


私の専門が水産でもあるので、資源の事を考え、青魚でも、できれば近海で漁獲された青魚を選択すべきだと考えています。

サプリメントは、ビタミン・ミネラル・抗酸化物質などを補う目的が基本であり、QOLを高めるような機能性素材を利用するのも良いと考えています。
特に、機能性素材を用いたサプリメントをジャッチしていく際、以下のような評価ポイントでジャッチする必要があります。

エビデンス量の配合
ヒト臨床試験の有無ならびに内容
コストパフォーマンスや利便性


基本、配合・含有量が表示されていないサプリメントは、買うべきではないです。厳しく言うと、LP上ではなく、パッケージ上にです。大事なのは、エビデンスに基づいて効果が期待できる量が配合されているか?です。

さらに、そのエビデンスとして実施されたヒト臨床試験は、摂取量も含め、どんな条件で行われたかも加味してジャッチする必要があります。動物試験だけでは足りない時代になってきています。
商品によっては、臨床試験に用いられた試験品そのものというケースもあります。
ただし、こういった点を的確にジャッチするには、医師・薬剤師・看護師など医療関係者/有知識者に相談するのが一番良いでしょう。

平成26年(2015年)8月28日、厚生労働省医政局総務課からの事務連絡で「サプリメントの販売は附帯業務」と認められる通達が出されておりますので、医療機関も、サプリメントの販売が行いやすくなっています。

アドバイザリースタッフの育成という点では、なかなか理想に近づけないですが、統一基準で業界が取り組んでいくべき点だと思います。

最後のコストパフォーマンスについてですが、いろいろな意味があります。
ビタミンやミネラルのベースサプリは、量販店で購入した方がコストパフォーマンスが良いです。いつでも購入も可能可能で、便利です。それは、こういった商品は、自分でジャッチできるから量販店でも購入できるのです。

一方、説明が必要な商品(サプリメント)は、医療関係者/有知識者からのアドバイスも必要になってきます。例えば、医療機関で販売されている商品などは、そのアドバイス料も加味してジャッチする必要もあったりするのです。

今の時代、インターネット上の情報も、成果報酬目的で商品に誘導するための情報が氾濫しており、どれが真実かは見抜きにくい環境があります。
私は、基本、出典や引用文献が示されていなければ、信じません。商品誘導を目的に利用されていることも多々あるので、医師のコメントですら信じません。

ちなみに、機能性表示食品も、上手く利用すべきだと考えています。
一方、機能性表示食品は、残念ながら、予防を目的としない文言が入ってしまった。医薬品・医薬部外品との線引きを行ったのです。
でも、機能性表示食品も、疾患予防やQOL向上などには十分活用できると考えております。
ただし、ヘルスクレームだけでは、すべてを伝えることができません。作用メカニズムや原文等が公開されているので、ジャッチはできるのですが、プロ中のプロしかジャッチが難しいと思います。

加えて、機能性表示食品で網羅できないような機能性というものも存在します。疾患治療領域に近いものなど。そこはそこでニーズが高かったりすることもあります。
なので、必ずしも機能性表示食品である必要もないと考えています。大事なのは、消費者を騙さず、満足度の高い商品を提供していくことだと思います。

何れにしても、一番良い形でサプリメントが予防医療・代替医療に活用されていけばと思っております。
その仕組みを作っていくことも、私の役割。
コツコツ頑張っていくつもりです。

サプリメントで予防医療を実践する販売モデル

私は、予防医療の重要なツールの1つとして、サプリメントを用いた代替医療が行われていくことを人生の目標としています。

近年、実践していかれる販路は、費用対効果が合わないため、通販という販売手法ではないなぁと感じています。
結局、最終的には、サプリの有効成分を摂らせるのではなく、広告費を喰わせているようなビジネスになってしまう。

だからと言って、MLMのようなネットワークビジネスでもないと思います。
なかなか健康を届ける目的でディストリビューションされない。どうしても、利益を上げることが最も重要になってしまう。

私は、やっぱり、医療機関が実践していくべき!だと思う。

決してゴミ商品を売らない信頼・信用というものがあり、広告費の比率が低い販売モデルが望ましいと思う。

一方、医療機関で商品展開を行おうとすると、どうしても以下のような問題が生じてしまいます。

営業コストが意外にかかる
1店舗当たりの売上が上がりにくい
コメディカル教育
浮気されやすい
最終的にオリジナル商品を作りたくなる


まぁ、最後のオリジナルサプリを推奨して作ってきているのは弊社だ。実際、サプリをたくさん売れるようになったら、オリジナルサプリにチェンジすべきだと思う。
その方が、在庫リスクはあるが、利益率も上がるし、実際、売上個数も伸びる。
(ちょっとした上手くチェンジするノウハウがあります♪)

自社商品を売るだけのビジネスを行っていたら、こういった発想にはならんだろう。
これがうちの強み。
うちは、原料も、OEMも、卸事業も、全部やっているから、どんな形態でも、どこかで利益が出れば良いので、可能なのだろう。

さて、残りの3つについては、Web中心のB to B ビジネスであれば、かなり解決できるだろう。
コメディカルサポートも、漫画調のコンテンツページで紹介していけば良い。
ただし、製薬会社のような学術サポートできる体制も必要だ。
これは、医療機関で展開するための必須条件です。

あとは、売る商品だ。
私の経験上、原料レベルでヒト臨床試験が行われていることが必須だ。

幸い、弊社は、3原料もヒト臨床試験が実施されている。これからも増えるだろう。
当然、これらの原料を使用した商品は、弊社が最も安く卸販売できるだろう。ただし、市場価格というものもあるので、販売価格は下げれない。
でも、卸価格を下げて、医療機関に還元し、市場拡大に貢献することはできる。やっぱり、卸価格が5掛け6掛けでは、医師の人件費を考えると儲からんだろう。

実は、これが大きなボトルネックになっているんだろう。
クリニックをしっかり儲けさせる必要がある。うちは、その利益を研究開発費の予算に振り分け、ヒト臨床試験を実施していく。

原料事業の方も、データが蓄積されるので、正の循環が生まれる。
(自社原料以外は、商品化のつもりはない。それは、この正の循環を作れないから。)

こういったことができる会社は、大手も含め、そうそうないだろう。
弊社は、原料を持っていて、ヒト臨床が行え、OEMの工場も持っている。中小だからできるビジネスモデルでもある。
実際、こういったビジネスモデルでサプリメント事業が展開されないと、サプリメントを活用した予防医療というものは、大きくなっていかないだろう。

これが、私が出した結論。
弊社しかできないことであり、弊社が行うべきこと。

ビジネスの中で介護のない世界を作っていく!

このブログタイトルにしたのも、こういった背景がある。

現状、販売モデルは完成している。
あとは、形にして、集客をかけるだけ。

こういったことは、ずっとやりたいと思っていたこと。人生をかけて!
でも、時代的に早過ぎるとも考えていました。
ちょうど、そのやるべきタイミングに来た。

機は熟した!

頑張らねば!!

仕事のガイド
30万アクセスを超える前のノウハウを凝縮したブログ記事ガイド
ブログガイド

anti-bar
弊社のガイドです。
通販支援サイトDirectaから弊社ホワイトペーパー(商品開発ノウハウが凝縮)が無料でダウンロードいただけます!
趣味のガイド
競技空手研究
国内外を問わない空手の動画の解説や練習方法、グッツの紹介など
今のテーマはヨーロピアン空手
>> 國際松濤館 若草支部


ボクシングシューズ&コンプレッションまとめ
オススメの1足・1着を紹介!

新宿ラーメンバナー
新宿にお越しの際は、是非、参考に!
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
著書&顧問先
ヘルシー&ビューティー4
ヘルシー&ビューティー vol.4でプロテオグリカンの記事を書かせていただきました。

秘密の赤ワイン
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。


弊社顧問 吉田先生ブログ

<わたしの顧問先>
クリニカメディカ/髪のクリニックSeed
Y'sサイエンスクリニック
顧問先Y'sサイエンスクリニック
サプリに対する想いです。初めての方は、是非、読んでもらいたいです! ブログガイド 健康食品業界に20年近くいると、時代の流れというものも強く感じます。サプリメントは、市場の成熟と共に役割や環境も変化しています。社会に貢献できるサプリメント道というものを必死に模索しております。
プロフィール

博士(水産学) 44歳 富山県滑川市出身  (株)アンチエイジング・プロ COO 現 東京海洋大学卒 順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

営業は天職、通販化粧品会社や広告代理店での所属経験がある異色のコンサルタント。
プロフィール詳細は、カテゴリー最下段より。

カテゴリ別アーカイブ
厳選おすすめ書籍

業界人ならびに健康食品関係の企業は携帯必須。東京都のマニュアル最新版。今回は、若干厚い・・・。


日本抗加齢協会の機能性食品のデータブック


神田昌典さんの本で一番好きな一冊。分厚いけど、あっという間に読めちゃう一冊。Kindle版もあり。

健康食品通販オススメ書籍
本ブログは、Amazon アソシエイト・プログラムやバリューコマースを利用しています。オススメ書籍やスポーツ用品を示すのに活用しております。+マーケティング調査のためです。
良い商品はオススメしても、本プログラムで儲けるつもりはないため、スポーツ用品などは、Yahoo!ショッピングや楽天も含め、最も安いショップでご購入いただければ幸いです。