健康食品サプリメント市場の理想像・未来像 by 博士マーケッター

勝ち残る健康食品サプリメントをテーマに受託製造加工・原料供給を行う栗山雄司のブログ。原料クリエイティブからの商品設計ノウハウ、最新研究データ、機能性表示食品、食品表示法・薬機法・景品表示法の話など

健康食品サプリメントを利用して介護のない幸せ笑顔あふれる世の中を作ることがです。そのためには、アンチエイジングをベースとしたセルフメディケーション;予防が不可欠です。
本ブログでは、その理想像を追い求めながら、市場の未来を予測しつつ、勝ち残っていける商品作りを追求し続けています。

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーターとして、日々、健康食品サプリメントを作ってます。
近年は、機能性表示食品にも力を入れております。

仕事のご依頼がございまいたら、弊社までお気軽にお問い合わせください。

表示広告規制

ランキングサイトはステルスマーケティング!?

私のスマホ版の広告スペースに、葉酸のランキングサイトのバナーがでる。非常に気分が悪い。葉酸の記事を書いているためだろう。

自然派ママのための葉酸サプリランキング

ステルスマーケティング(Stealth Marketing)とは、消費者に宣伝と気づかれないように宣伝行為をすること。
まぁ、詐欺のようなもの。

一時、ペニーオークション問題で、ステルスマーケティングが問題視されたが、インターネット上では、未だステルスマーケティングが横行している。
ただ形を変えただけ。

そのステルスマーケティングの形の変え方の1つがランキングサイト!
今回は、その仕組みや手口を紹介します。年々、手口も巧妙になってきています。

まず、上記のランキングサイトを含め、ランキングサイトの購入ページへのボタンなどの上にスクロール(マウスのポインターを移動)していただければわかるのですが、基本、ランキングの上位の商品だけ、アフィリエトのタグが組み込まれています。

露骨にアフィリエイトのタグが貼られているものは、

バリューコマース:http://ck.jp.ap.valuecommerce.com/・・・
例:PCサイトのボクシングシューズ写真

A8:https://px.a8.net/・・・
例:



などと、アフィリエイトサービスのタグが組み込まれています。実際に、バナーなどをスクロールしていただくと、リンク先が表示されます。
(私は、本当に良いものしか紹介しないし、広告であることも明確にする。)

そして、ランキングサイトを経由して商品が購入されると、成果報酬がサイト運営者に振り込まれます。
要するに広告なんです。
だから、ステルスマーケティングに位置付けられる!

ランキングサイトの調査結果は、その目的の結果に導かれている。もしくは、すべて自作データ。比較されると都合の悪い商品は比較されない。

基本、ランキングサイトは利益目的であり、信じてはいけない!
確実に利益相反がある。
米国のように、広告であることを明記させるべきだと思う。

特定の上位ランキング商品にアフィリエトのタグが付いているようであれば、確信犯です。
そして、近年注意すべきは、妊活サプリランキングでも利用されている広告管理ツールを利用されているケース。

リンク先はhttps://ac.ebis.ne.jp/・・・と表示される。

このツールの特徴。

1. アフィリエイトサービスのドメインを隠せる
2. 広告主と直接契約して報酬や広告費を請求できる


どこを経由してどのように購入されたかがわかるので、広告管理しやすい、便利なツール。
一方、手数料が取られるアフィリエイトサービスを挟まないで、顧客と直接契約ができる。実際、成果報酬にしなくても、純広告として定額で顧客から広告費を受け取っても良いのです。

こういった広告管理ツールは、悪用されれば、ステルスマーケティングを隠すためのツールにもなりえます。

やはり、消費者を騙して儲ける手口は使うべきではないと思います。

一方、近年の消費者庁の動きを見ていると、ランキングサイトも、規制対象になってくると思います。消費者庁が見逃すはずない。

私は、こういった悪質な広告を見つけると、マメに通報している。AdWordsの以下の手順で。

AdWords に関する質問や苦情、意見→AdWords 広告についてのご意見から、苦情を出すようにしています。

広告がその他の AdWords ポリシーに違反している→ヘルスケア・医薬品→その他情報で薬機法に抵触する旨のコメント

あまりにも酷い場合、消費者庁の景品表示法違反被疑情報提供フォームを活用することもある。

きちんと成果も出始めています。
例えば、このサイト。
関節痛サプリ人気ランキング2018 | 本当に良い関節痛サプリ1位は?

Googleで「関節 サプリ」と検索すると、広告表示される。それも、このままのタイトルで。当然、アフィリエイトが用いられている。
関節痛という表現がされており、確実に薬機法に抵触する。ランキングサイトを経由した薬機法逃れの集客手法とも言えるだろう。
過去は、この中には、サプリメントも含まれていた。
通報後、アフィリエイトのタグが貼られていたサプリはなくなりました。

やはり、業界の適正化のためにも、健康食品に関わる人達みんなで通報していく必要があると思います。そうしなければ、健康食品市場は、信用されなくなってしまうでしょう。

意外に、こういった情報って紹介されない。
公開されると都合が悪い人がたくさんいるから。
でも、違法なことがされている訳だから、しっかり情報を発信していくべきだと思う。そして、こういった情報ほど、シェアして拡散されるべきだと思います。

人気サプリを斬る!妊活サプリ、無添加品質の嘘

近年、やたらと、無添加品質と標榜しつつ、添加物だらけのサプリが多いです。特に、妊活サプリで。
まぁ、ビタミンやアミノ酸の多くも食品添加物だし、賦形剤のほとんどが食品添加物だから、サプリで食品添加物が使用されるのは仕方ない。

でも、以下のケースは、明らかに虚偽表示である。

ビタミンB2を配合して着色料フリーを謳う商品
→ビタミンB2は、着色料としての用途もある

知らないで、着色料フリーを標榜している商品が多い。まぁ、ウコン抽出物、マリーゴールド色素、βカロテンでも、同じことが言えるだろう。

そもそも、食品添加物の用途は、主に18種類ある。まぁ、人工甘味料のように摂取すべきではない添加物もあれば、強化剤や酸味料など、安全な添加物(むしろ体に良いもの)もある。

参考:東京都福祉保健局ページ

まぁ、よく無添加に使われる「保存料」「防かび剤」「膨張剤」「漂白剤」なんて、通常、サプリメントでは使わない!
チュアブル錠以外の錠剤やハードカプセル、ソフトカプセルでは「香料」「(添加物の)甘味料」を使うこともない。

その内、6つほどの用途だけを並べて無添加品質を謳うことは、間違っています。ほとんどの方は、添加物が入っていないと誤って認識(;優良誤認)しているだろう。

これは、消費者を騙していないのだろうか?

都合の良い無添加品質

だと、私は思います。

そんな商品が世の中に溢れています。そして、そんな商品ほど、ランディングページなどに原材料表記がされていない。だから、優良誤認もバレない。無添加品質は、謳ったもん勝ちなのです。

最悪のケース、そんな妊活商品ほど、葉酸は取り過ぎても安全と謳う。とても危険な嘘クリエイティブ(詳しくは「水溶性ビタミンでも過剰摂取を注意すべき葉酸」)である。

売ること目的の嘘クリエイティブ

まさに

詐欺

だと思う。

残念ながら、そんな嘘クリエイティブに、多くの女性が騙される。
広告側は、嘘であることも、危険なことも、判断できない。無知を理由に、広告主の詐欺に加担している。
コンテンツ型マーケティングの悪影響でもある。

最低限、妊活やマタニティの領域では、やめて欲しいです。
最悪、赤ちゃんに危険が及ぶ。
近年、葉酸の高用量摂取による小児喘息リスク向上などの研究報告もなされています。

※Whitrow MJ, Moore VM, Rumbold AR, Davies MJ. Effect of supplemental folic acid in pregnancy on childhood asthma: a prospective birth cohort study. Am J Epidemiol. 2009 Dec 15;170(12):1486-93.


私の場合、無添加品質を謳うのであれば、どうしてもかなりの制限になってしまうが、食品添加物は一切配合しない!

それくらいのポリシーは、商品を作って行く上で、当たり前ではないだろうか?

まぁ、儲けだけで社会貢献の理念のない会社は、騙したもん勝ちと考えているだろうが。
そんな会社は、健康食品業界から消えればよいと心から思う。

最後に、こういった記事は、多くの人に読んでもらいたいから、出来るだけシェアしてもらいたいです。
m(_ _)m
何卒よろしくお願い申し上げます。

米国・日本市場の違いと次世代の販売モデル

日本の健康食品・サプリメント市場は、米国市場と大きく違いが表れ始めています。

米国は、エビデンスさえあれば、比較的緩く機能性表示が可能です。
一方、広告規制については、めちゃ厳しいです。
また、訴訟社会なので、下手に嘘を言って売ったら、訴えられる社会でもあります。米国は、損害賠償額が小さくても、弁護士費用の負担が負けた側になるので、勝てる見込みがあれば訴えやすい背景もあります。

例えば、タレントのSNS広告の場合、広告であることの告知がないと、処罰されます。消費者を騙したことになります。決め手は、金銭の授与の有無でしょう。
まぁ、過去、日本でもステルスマーケティング騒動で問題になりましたが、今でも巧みにステルスマーケティングを行っている日本のタレントさんは、処罰・訴訟されてしまうでしょう。
こういった部分が、非常に厳しいのが米国市場です。

日本なんて、アフィリエイターの広告規制が野放しで、コンテンツ型マーケティングが主流となりつつあり、嘘でも本当にしてしまうような詐欺商法が流行っています。
米国市場では、信じられないようなことが起こっています。
おそらく、米国市場では、消費者が集まって集団訴訟されてしまうでしょう。

こういった違いがあり、米国市場は、日本市場ほど、国が広告規制を取り締まる必要性がなかったりもするのでしょう。
一方で、米国市場は、安全性管理に対して、うるさい部分もあります。まず日本の素材が米国市場で成功するためには、GRAS認証を取得していく必要があったりもします。

ただし、米国市場は、安全性さえ担保されれば、合成の新規成分でも簡単に流通できてしまいます。ちょっと怖い部分もあります。

まぁ、どちらも良し悪しがあるでしょう。

もちろん、日本でも、コンテンツ型マーケティングの問題が表面化し始めています。例えば、昨年末からGoogleは、エビデンスがないものは上位検索されないように手を打ち始めました。

一方、今春は、ニュース配信アプリとFacebook・Instagramで、酷い広告が目につきます。
広告規制が甘い媒体を狙った真っ黒なクリエイティブでの販売です。いつでも会社を潰せるような会社さんが一時的な儲けを狙って、手を出されています。
イタチの追いかけっこ状態。

まぁ、悪い販売会社さんの動きは無視して、日本市場では、ECに次ぐ新しい販売方法の創出が求められていると思います。
もちろん、クリーンなもの。

ちなみに、日本市場と米国市場では、健康食品・サプリメントでは、販売チャンネルの比率が全く異なります。近年、ややインフォマーシャルの比率が近づいてきたかな?と思うくらい。
米国では、大型店舗に入っているミニドラックストアのような薬剤師(アドバイザリースタッフ)による対面販売の市場が大きいです。安心・信頼というものが重要視されているようです。

このような米国の事例も加味して、新しい事業モデルを構築していくべきなのでしょうね。
例えば、LINEを含めたチャットでのサポート型販売など。

健康食品・サプリメントのEC市場も、行き詰まり感が見えてきています。
ほんと、新たなモデルで市場を創出していくしかないんでしょうね。
私も頑張らないと!
仕事のガイド
35万アクセスを超える前のノウハウを凝縮したブログ記事ガイド
ブログガイド

業務効率化の神ツールを紹介!
業務効率化ツール

成熟する健康食品サプリメント業界、勝てるセオリーで商品を作り、業務は効率化する!が非常に重要になってきております。是非、参考にしていただければと思います。
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

趣味のガイド
競技空手研究
国内外を問わない空手の動画の解説や練習方法、グッツの紹介など
今のテーマはヨーロピアン空手
>> 國際松濤館 若草支部


ボクシングシューズ&コンプレッションまとめ
オススメの1足・1着を紹介!

新宿ラーメンバナー
新宿にお越しの際は、是非、参考に!
記事検索
著書&顧問先
ヘルシー&ビューティー4
ヘルシー&ビューティー vol.4でプロテオグリカンの記事を書かせていただきました。

秘密の赤ワイン
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。


弊社顧問 吉田先生ブログ

<わたしの顧問先>
クリニカメディカ/髪のクリニックSeed
Y'sサイエンスクリニック
顧問先Y'sサイエンスクリニック
ギャラリー
  • トップ選手の見えない蹴りの軌道
  • トップ選手の見えない蹴りの軌道
  • 赤ワインエキス末の製法特許
  • 中間加工原材料の生鮮原材料まで遡っての原産国表示
  • 追悼:國際松濤館空手道連盟 (SKIF)金澤弘和先生
  • ボクシングジムでの組手トレーニング
プロフィール

博士(水産学) 45歳 富山県滑川市出身  (株)アンチエイジング・プロ COO 現 東京海洋大学卒 順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

営業は天職、通販化粧品会社や広告代理店での所属経験がある異色のコンサルタント。
博士論文は海洋プラスチックごみがテーマ。
プロフィール詳細は、カテゴリー最下段より。

カテゴリ別アーカイブ
厳選おすすめ書籍

業界人ならびに健康食品関係の企業は携帯必須。東京都のマニュアル最新版。今回は、若干厚い・・・。


日本抗加齢協会の機能性食品のデータブック


神田昌典さんの本で一番好きな一冊。分厚いけど、あっという間に読めちゃう一冊。Kindle版もあり。

健康食品通販オススメ書籍
アフィリエイトプログラム
本ブログは、Amazon アソシエイト・プログラムやバリューコマースを利用しています。オススメ書籍やスポーツ用品を示すのに活用しております。+マーケティング調査のためです。

良い商品はオススメしても、本プログラムで儲けるつもりはないため、スポーツ用品などは、Yahoo!ショッピングや楽天も含め、最も安いショップでご購入いただければ幸いです。