予防医療で介護なし!アンチエイジングライフ研究所★栗山雄司

年中、健康食品やサプリメントの製造や販売に関わっている代替医療事業クリエイターのブログです。医療機関向けサプリメントを得意とし、エビデンス型の商品開発を重要視しております。健康メディア用コンテンツ提供、騙されない健康食品の選び方や競技空手・ボクシングの格闘オヤジ日記、新宿ランチ紹介も。

介護のない世の中を作ることがです。介護のない世の中には、アンチエイジングを意識したセルフメディケーション;予防が不可欠です。健康食品・サプリメントも重要なツールの1つです。
また、健康食品業界を良くしていくため、消費者を騙しながらゴミ商品を販売している健康食品を撲滅しようと奮闘中!

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーターとして、日々、健康食品・サプリメントを作ってます。
ビジネスでは市場創造を重要視しております

健康医療分野のコンテンツならびに監修者紹介なども行っております。ご興味がございましたら弊社03-5362-0833まで電話もしくは「アンチエイジングプロ」で検索してお問い合わせください。

表示広告規制

キャリアを含んだエキス末(抽出物)の分割表示と外枠配合量表示

食品表示法の改正後、原材料表示に関しては、原則、複合原材料は、分割表示が推奨されるようになってきています。
弊社でも、健康食品業界の複合原材料の代表であるキャリアを含んだエキス末(抽出物)は、キャリア(デキストリンなど)とエキス部分を分けて表示することとしております。

●●●エキス末(デキストリン、●●●抽出物)
 ↓
デキストリン、●●●抽出物

ちなみに、分割表示することで、配合量が少なく見える素材も出てきます。乳酸菌の原料などは、9割以上がキャリアです。

そこで、表示作成の現場で起こる問題/疑問。
外枠に、配合した原材料製品の量を表記しようとした場合、分割表示されたエキス部分の量を表記すべきなのか? という疑問が生じます。
(乳酸菌などは、個数で外枠表示できるので、問題は生じない。)

基本、摂取目安量は、原材料製品の量で設定されています。キャリアも含んでいます。
配合量を強調表記したい場合、当然、原材料製品の配合量:エキス末量で表記したいはずです。一方、その原材料製品のエキス末量≠表示上の抽出物部分の量という矛盾が生じます。
だからと言って、分割表示された抽出物部分の量を表記するのも間違えのような気がします。

その場合、原材料に製品名があれば、商標が取れていなくても、【原材料製品名】(●●●エキス末):XXmgと表記するのが好ましいだろう。まぁ、●●●エキス末(【原材料製品名】)でも良いだろう。

アメリカの商品などは、エキス末名より原材料製品名で表示され、同時に機能性関与成分の名前と含有量が表示されていることが多い。
例えば、弊社原料のヤマイモ抽出物の場合、以下のように記載されるだろう。

DioPower®15: 167mg
 Diosgenin: 25mg


キャリアが含まれてても同じように表示されます。
こういったエキス末の表記の場合、日本でもアメリカンのように必ず機能性関与成分量を書くのが最も好ましいのだが、いろいろと問題もある。
現在、機能性関与成分量を表示が義務付けられているのは、機能性表示食品だけである。

強調表示するべき機能性関与成分は、必ず成分量を書くべきだと思います。

大事なのは、嘘偽りがなく、如何に消費者の誤解を招かない表示にするかだと思います。

弊社、特に私は、強調表示する成分や素材の量を表示しても問題ないような設計を心がけます。数のクリエイティブではなく、量のクリエイティブが謳える素材を選定するからです。
その方が顧客満足度も高いだろうし、先々生き残っていけると考えています

今後、景品表示法や健康増進法がどう変化していくかはわかりません。優良誤認という非常に便利な言葉あるので、良いに拡大解釈して規制することも可能です。
その規制対象にならないよう、少しでも正しい表示を心がけていきましょう!

景品表示法及び健康増進法の解釈拡大によるリスク

弊社のOEMでは、数のクリエイティブは推奨しません。理由は、タイトルの通り、景品表示法及び健康増進法の解釈拡大により、一発で規制対象になってしまうリスクがあるからです。

現在、ビタミンたっぷり、鉄が豊富など、強調表記を行う栄養素については、栄養成分表示の中に含有量が記載されていなければ、景品表示法及び健康増進法上、表示違反(優良誤認)になる。

一方、この規制は、パッケージなどに対してのみであり、広告まで規制されていない現状がある。
そのため、パッケージに栄養成分の表示がなくても、栄養素の強調表記が広告で盛んに行われている。

まず、表示義務を広告まで解釈が拡大されれば、多くの商品が表示違反となってしまう。
そのリスクを加味して、栄養成分表示を行っていく必要があるのです。

次に、まだまだ規制が浸透していないが、消費者庁や富山県を始めとした一部の行政では、栄養素に限定せず、強調表記を行う成分すべてに対して、栄養成分と同様な含有量表示を求めています。
(消費者庁がそいういうなら、そうなってしまう。)

含有する旨も、内閣府令で定める事項に該当するからです。

これが栄養成分同様、含有成分も、広告にも解釈が拡大されれば、数のクリエイティブが利用できなくなってしまいます。

数のクリエイティブには、そういったリスクがあるのです。
なので、上場会社レベルの大手企業は、数のクリエイティブを使うことがほとんどありません。このリスクを理解しているからでしょう。

例えば、ファンケルさんの効年ですが、以下のように表記されています。

【主要成分/1日3粒当たり】
トンカットアリエキス:100mg、ジオスゲニン(ヤマイモ由来):50mg、亜鉛:10.0mg、ビタミンD:25.0μg

しっかりと、含有量が表記されていますので、解釈が拡大しても、問題になることはないでしょう。

そもそも、1日分あたりに1mg配合しても、有効量配合しても、同じような取り扱いがなされてしまうのは、明らかに問題がある。
そして、私の意見、強調表示成分の配合量を消費者に伝えないことも、優良誤認に該当するだろう。今後、消費者庁も、こういった優良誤認を客観的に判断していくだろう。

ほとんどの数のクリエイティブは、消費者を騙している要素がある。

上記の段階で徐々に解釈を拡大していけば、中小企業がネットで販売している多くの商品は無くなってしまうだろう!

その点を加味して、クリエイティブをイメージしながらの商品開発が求められる。

この数のクリエイティブの要素は、化粧品から生まれているのだろう。でも、健康食品と化粧品は違う!
数のクリエイティブは、どうしても消費者を騙してしまう。

そんな消費者を騙す業界であってはいけない!

商品開発に携わる多くの方に、その点は、理解していただきたい。
利益だけでなくモラルも大事にすべきです。

おそらく、このブログタイトルでの投稿は、本記事が最後となるだろう。
今、支持される健康食品業界であるために最も言いたいことを記事にしてみた。

販路・媒体による規制の違い:キリン堂の事例を用いて

消費者庁による販路や媒体による規制の違いが大きくなりつつある。今年に入り、ドラックストアーなどの量販店での規制がさらに強化された。
それを示すのがキリン堂の事例です。
問題になったのは、グラリスゴールドという商品の以下のPOP。

20180904kirindo
※出典:消費者庁HP

このようなクリエイティブ、インターネット上では、極当たり前のように存在します。もっと酷いクリエイティブも多数存在するのが現状です。

しかも、規制対象となった商品は、プロが見ても良い商品である。
グラボノイド(甘草抽出物)を300mg、還元型コエンザイムQ10を30mgも配合すれば、原価も1000円を超えてくるだろう。どちらも、1kgあたり10万円を超える高級原料だ。

ネット上のゴミ商品とは異なる!

おそらく、機能性表示食品に申請すれば、受理できるレベルのものだろう。
そこは、きちんと違いを認識する必要がある。
個人的見解としては、少々厳しいなぁと思う部分もある。

ここまで厳しい理由は、おそらく、OTCなど医薬品やグラボノイドの機能性表示食品と並べられて販売されるからだろう。

これだけ良い商品を作りながら
なぜ?機能性表示食品で販売しなかったのか?

まぁ、以下の理由が考えられるだろう。

管理コストを考えると、さらに原価アップするため
※下限値保証のため、増し仕込みが必要になる
受理まで時間がかかるため

ぶっちゃけ、機能を謳うグラボノイドや還元型コエンザイムQ10の機能性表示食品と並べて販売すると、同じ含有量であれば、消費者は間違えなく安い方を選ぶだろう。
実際、並べられていただろう。

悪質と言えば悪質な販売方法とも言えるだろう。おそらく、消費者庁は、このような販売方法が行われないよう見せしめで吊るし上げたのだろうとも考えられる。

ルテインやアスタキサンチンでも、同じような販売がされないように消費者庁が先手を打ったようにも感じられます。

さて、インターネットでも、同じようなことが起こる可能性もある。また、それ以上に酷いクリエイティブの規制は、どうなっていくのか?という問題が残っている。

そして、最大の課題。
アフィリエイトや広告管理ツールを用いた脱法販売も、どのように規制されていくのか?
今、荒れたい放題、荒れている。
アフィリエイトは規制されるようになると、次の脱法販売の手法が現れる。

今後、こういった部分の規制をきちんとウォッチしていく必要があるのだろう。おそらく、消費者庁は、徹底的に潰しにかかると思う。
その市場動向にマッチした商品開発を行っていく必要があると思う。
仕事のガイド
30万アクセスを超える前のノウハウを凝縮したブログ記事ガイド
ブログガイド

anti-bar
弊社のガイドです。
通販支援サイトDirectaから弊社ホワイトペーパー(商品開発ノウハウが凝縮)が無料でダウンロードいただけます!
趣味のガイド
競技空手研究
国内外を問わない空手の動画の解説や練習方法、グッツの紹介など
今のテーマはヨーロピアン空手
>> 國際松濤館 若草支部


ボクシングシューズ&コンプレッションまとめ
オススメの1足・1着を紹介!

新宿ラーメンバナー
新宿にお越しの際は、是非、参考に!
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
著書&顧問先
ヘルシー&ビューティー4
ヘルシー&ビューティー vol.4でプロテオグリカンの記事を書かせていただきました。

秘密の赤ワイン
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。


弊社顧問 吉田先生ブログ

<わたしの顧問先>
クリニカメディカ/髪のクリニックSeed
Y'sサイエンスクリニック
顧問先Y'sサイエンスクリニック
サプリに対する想いです。初めての方は、是非、読んでもらいたいです! ブログガイド 健康食品業界に20年近くいると、時代の流れというものも強く感じます。サプリメントは、市場の成熟と共に役割や環境も変化しています。社会に貢献できるサプリメント道というものを必死に模索しております。
プロフィール

博士(水産学) 44歳 富山県滑川市出身  (株)アンチエイジング・プロ COO 現 東京海洋大学卒 順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

営業は天職、通販化粧品会社や広告代理店での所属経験がある異色のコンサルタント。
プロフィール詳細は、カテゴリー最下段より。

カテゴリ別アーカイブ
厳選おすすめ書籍

業界人ならびに健康食品関係の企業は携帯必須。東京都のマニュアル最新版。今回は、若干厚い・・・。


日本抗加齢協会の機能性食品のデータブック


神田昌典さんの本で一番好きな一冊。分厚いけど、あっという間に読めちゃう一冊。Kindle版もあり。

健康食品通販オススメ書籍
本ブログは、Amazon アソシエイト・プログラムやバリューコマースを利用しています。オススメ書籍やスポーツ用品を示すのに活用しております。+マーケティング調査のためです。
良い商品はオススメしても、本プログラムで儲けるつもりはないため、スポーツ用品などは、Yahoo!ショッピングや楽天も含め、最も安いショップでご購入いただければ幸いです。