健康食品サプリメント原料OEM製造業界 生き残り術

健康食品サプリメントの受託製造加工;OEMや原料供給を行う栗山雄司(広告代理店経験のある博士マーケッター)のブログ。原料クリエイティブからの商品設計ノウハウ、最新研究データ、機能性表示食品、食品表示法・薬機法・景品表示法、中国を始めとした海外展開の話など

機能性食品素材で介護のない幸せ笑顔あふれる世の中を作ることがです。そのためには、素材の研究開発とマーケット創造の両方が不可欠です。
本ブログでは、その理想像を追い求めながら、その実践で得られた市場での生き残り術を紹介していきます。

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーターとして、日々、健康食品サプリメントを作ってます。
近年は、機能性表示食品にも力を入れております。

仕事のご依頼がございまいたら、弊社までお気軽にお問い合わせください。

市場動向

商品力でリピート率やLTVを獲得する時代に

先月あたりから、広告審査基準などが変化し、ネット通販市場が大きく変化していることを紹介していますが、その変化により、勝ち残っていく商品というものも大きく変化していくでしょう。

【ネット通販市場の変化の記事】


こういった変化の中、弊社の顧客(OEM顧客・原料顧客)でも、勝ち負けが明確に表れ始めています。やっぱり、最も落ちているのは、こんな商品です。

最も落ちている商品:
定期縛り依存型の商品

こういった商品は、売り方ありきなので、ゴミ商品が多いです。

うちのグループは、大きな案件より、中小の案件がたくさんあるOEM会社なので、顧客の動向から市場動向が見えやすいです。

やっぱり、定期縛りへの指導も増えていますし、定期で縛れなきゃ、広告費が回収できずに赤字確定という状況になっていきますからね・・・。
今後、特定商取引法が見直され、さらに定期縛りが厳しくなりそうですからね・・・。

特定商取引法及び預託法の制度の在り方に関する検討委員会

こういった定期縛り依存型のゴミ商品の場合、基本、リピート率やLTVは、定期縛りの依存度が高く、商品力による依存度が低いです。
当然、定期縛りができないようであれば、儲ける販売モデルが完全に崩れてしまいます。

実際、今勝っている通販会社は、信用度が高い大企業と一部の中小企業だけです。大手さんは、原価率も高い、ベースサプリや広告審査が通りやすい機能性表示食品が売れているでしょう。

一方、勝っている中業企業は、

商品力によるリピート率やLTVの重視型

で展開されている会社さん。
実は、当たり前でかつ簡単なことで、こういった販売モデルのポイントは、顧客満足度を追求した商品開発なんですけどね。

ちなみに、弊社の顧客では、特徴のあるベースサプリで成功している会社さんが多いです。定期での縛りも緩く、商社とのトラブルも少ないです。
一方、今後、特徴のあるベースサプリだけでは妊活市場のように飽和してしまうので、機能性表示食品も組み込んでいく必要もあるんだろうなぁととも感じています。

さらに、近年は、以下のような要素も強く求められるようになってきたなぁと感じています。

オーガニック
食品添加物不使用
チャイナフリー


チャイナフリーは、原産国表示の影響でしょう。特に、原産国表示が必要な主剤原料で注意が必要になってきています。
NMNですらチャイナフリーで国産を求められますからね。
弊社では、提案の際、予測される原産国表示も提示し始めています。

後日ご紹介しますが、市場も二極化し始め、その一翼のナチュラル志向の商品が選ばれやすくなり始めています。
市場が成熟することで、消費者も、選ぶ目が養われ始めています。

まぁ、ずっと、私が提唱し続けていた商品戦略でもあるんですけどね・・・。
何れにしても、ここに来て、私が提唱してきた商品開発モデルを的確に行っている会社が勝ち始めたなぁというのが率直なコメントです。
非常に嬉しい傾向。

そして、その先には、中小企業にはややハードルが高いですが、原料戦略からの商品開発が待っています。
今、私も、大手さんと原料開発(+研究開発)を一緒に行っていますが、やっぱり、こういった原料開発が行っていけないと、LTVが最大化する商品開発というレベルの高い商品開発が行っていけません。
商品開発も、原料に投資させるのではなく、自ら投資していく時代になっていくのでしょう。


この記事は、我ながら、上手くポイントをまとめれたと思う記事です。是非、ご一読ください。

何れにしても、ホント、変化が速い時代です。
その変化を察知して、先手を打ち続けなければなりません。

原料受託バンクランキングのアクセス寄与因子と寄与率

今回は、原料受託バンクランキングについて、どのように参考にすれば良いか考え上での、基本的な判断基準を示したいと思います。
ただし、その寄与率などは、私の感覚的なものです。
なと、皆さんの予測と異なるかもしれません。その上で、補正するなど、参考にしていただければ幸いです。

まず、原料受託バンクランキングのアクセス寄与因子と寄与率は、以下のように考えています。

 業界人リピートユーザー:60%
 Google等検索エンジンからの一元ユーザー:30%

 その他(特定サイトからの直リンクなど):10%


こんな感じでアクセスされていると考えています。
近年は、意外に、Google等検索エンジンからの一元ユーザーの比率が高まっているような感じもします。

業界人リピートユーザーとは、OEM会社、原料メーカー、問屋、商社です。
その60%の細かい内訳は、

原料メーカー:30%
OEM会社:20%
問屋・商社:10%

かな?と考えています。
登録している原料メーカーが頻繁に閲覧するため、

売れている素材より
業界が売りたい素材 が高ランキングされやすくなります。

当然、原料メーカーが多いほど、登録素材への閲覧も増えるので、高ランキングされやすくなります。

だから、ランキング変動は、必ずしも売上に反映されない!

良い例が、弊社の山芋抽出物:ジオパワーなどです。
原料メーカーが少ないので、ランキングは上がりません。一方、売上は、着実に伸びています。

Google等検索エンジンからの一元ユーザーは、市場のリアルな動向を示す一方、

販売会社の広告やメディア露出

が強く影響します。
なので、突発的なアクセスが多いです。

業界人リピートユーザー(特に原料メーカー)の影響力の方が安定して大きいため、この原料受託バンクのランキング(特に10位以内)は、乱高下しにくい特徴が示されます。

8月のランキングの10位黒ショウガ(ブラックジンジャー)は、機能性表示食品の広告(主に地上波インフォマーシャル)がたくさん出稿されたからだと思います。



ちなみに、Google等検索エンジンからの一元ユーザーと、一元ユーザーとしたのは、Google等検索エンジンから原料受託バンクのユーザーもアクセスするため、あえて分けました。

実際、ジオスゲニンについては、原料受託バンク内の弊社ページがトップで検出されやすいです。
原料受託バンクユーザーの多くは、トップに検出されやすいと思います。

過去にアクセスしたページは再表示されやすいというGoogleなどの追尾機能のためです。
原料受託バンクユーザーは、Googleで原料を検索しても、原料受託バンクページが引っ張られやすいのです。
業界人リピートユーザーの60%も、結構な割合で、Googleなど検索エンジンから誘導されていると考えています。だから、60%も占めているんですよね。

また、ビックワードの素材では、上位に上がりにくいですが、導入期・成長期の素材であれば、自社サイトより原料受託バンクでのページの方が引っかかりやすいはずです。

やっぱり、原料メーカーサイトより原料受託バンクのサイトの方がSEOが効いていますからね。それが導入期・成長期の素材になると、顕著にSEOの差が出てくるんですよね。

素材のライフサイクル(導入期、成長期、成熟期)については、本ページを参照。


まぁ、原料受託バンク内SEOというものも、適度に行っておく必要があるということです。

今回の記事で紹介した内容より、原料受託バンクのランキングの見方もレベルアップしてくると思います。
是非、参考にしていただければ幸いです。

健康食品サプリメント市場を荒らした人達の逃避

ここ数ヶ月、何度か他の記事でも紹介していますが、

広告審査基準 が厳しくなりました。

また、多額な課徴金を課されたり、薬事法などで逮捕されなりなど、健康食品サプリメント会社の処罰が続いています。

当然、健康食品サプリメントの製造業界にも影響が生じます。
お盆中に書いた記事ですが、こういった問題が起こることも、現実味を帯びてきています。



今ちょうど、健康食品サプリメント市場を荒らした人達が逃げようとしている局面です。

儲からなくなって、支払いを踏み倒して、逃げちゃう会社さんが増えてくるでしょう。
(裁判を行っても、勝訴する頃には、もぬけの殻でお金は全く残っておらず、裁判費用分損するだけです。)

そして、本日の薬事法広告研究所さんのメルマガで、以下のような一文がありました。

通販ECのビジネスを行っている会社にとって
一番大変なことは措置命令などの行政処分を受けて、
媒体社から広告出稿NGの判断を下されることです。

しかしながら、これも売り逃げする人たちにとっては
無意味なものになっています。
商品ごとに会社を設立して、
行政処分を受けたら潰して、
また新しい会社を作る。

媒体社にも大人の事情があることはわかりますが、
そこでの企業審査、広告審査をもう少し厳密に行えば、
悪い人たちが活動する場は狭まります。

出典:薬事法広告研究所メルマガ

まさに、その通り!
また、今、起こりつつある諸問題を意味しているのでしょう。

そもそも、存在のない会社が真っ黒な広告を出し続け、消費者を騙し続けていたのは明白です。メディアも、知っていて野放しにしていた。



審査を厳しくすると、広告収入が落ちちゃいますからね・・・。
BPOのような管理団体もないので、メディアのモラルで審査されると、収益重視で審査があってないようなものになりがちです。最悪、グノシーで起こったようなねつ造記事型広告のような問題が生じます。

過去にも主張しましたが・・・

メディアにも責任がないと本当に言い切れるのだろうか?

消費者が騙されて儲かったという点では、同じなのだから、やっぱり、責任があると思う。

そして、ステラ漢方の事件が分岐点 になりました。

ステラ漢方さんの件では、メディアの責任すら問われなかったが、広告を提案した広告代理店まで逮捕されています。


広告代理店さんに限らず、メディアにとっても、衝撃的なことだったのでしょう。

それにより、メディア側も、重い腰をようやく上げて、企業審査や広告審査を厳しくしたのです。
言い方換えれば、責任を問われないよう守りに転じたとも言えるのではないだろうか?

結果、今まで通りの真っ黒広告(記事型広告)が出来なくなったため、手堅く儲からなくなったので、先述の通り、健康食品サプリメント通販事業から撤退する会社が増えています。
まぁ、課徴金をくらうまえに、会社を畳んだ方が賢いでしょうからね・・・。

市場を荒らした人達は、早々に退散していただいた方が良いのですが・・・
去り際は、立つ鳥跡を濁さずとはいかず、製造側の会社に迷惑をかけながら逃げている。

そこは、健康食品サプリメントの製造業界は、ほんと、注意すべき局面なのです。

やっぱり、リピートを追わず、ワンペイモデルで儲けようとする健康食品サプリメントの会社さんは、信用できないです。
まぁ、そういった会社さんは、弊社のセグメントで引っかからないようになっているのですが、客を選ぶことも非常に重要なことだなぁと改めて思いました。
仕事のガイド
35万アクセスを超える前のノウハウを凝縮したブログ記事ガイド
ブログガイド

業務効率化の神ツールを紹介!
業務効率化ツール
各種マニュアル

成熟する健康食品サプリメント業界、勝てるセオリーで商品を作り、業務は効率化する!が非常に重要になってきております。是非、参考にしていただければと思います。
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

趣味のガイド
競技空手研究
国内外を問わない空手の動画の解説や練習方法、グッツの紹介など
今のテーマはヨーロピアン空手
>> 國際松濤館 若草支部


ボクシングシューズ&コンプレッションまとめ
オススメの1足・1着を紹介!

新宿ラーメンバナー
新宿にお越しの際は、是非、参考に!
記事検索
著書&顧問先
ヘルシー&ビューティー4
ヘルシー&ビューティー vol.4でプロテオグリカンの記事を書かせていただきました。

秘密の赤ワイン
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。


弊社顧問 吉田先生ブログ

<わたしの顧問先>
クリニカメディカ/髪のクリニックSeed
Y'sサイエンスクリニック
顧問先Y'sサイエンスクリニック
ギャラリー
  • スポーツマスクとファッション
  • スポーツマスクとファッション
  • スポーツマスクとファッション
  • 鉄サプリメントの不足量を加味した商品設計
  • 7月のGoogleアルゴリズム変動
  • テレワーク時の営業管理
プロフィール

博士(水産学) 46歳 富山県滑川市出身  (株)アンチエイジング・プロ COO 現 東京海洋大学卒 順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

営業は天職、通販化粧品会社や広告代理店での所属経験がある異色のコンサルタント。
博士論文は海洋プラスチックごみがテーマ。
プロフィール詳細は、カテゴリー最下段より。

カテゴリ別アーカイブ
厳選おすすめ書籍

業界人ならびに健康食品関係の企業は携帯必須。東京都のマニュアル最新版。今回は、若干厚い・・・。


日本抗加齢協会の機能性食品のデータブック


神田昌典さんの本で一番好きな一冊。分厚いけど、あっという間に読めちゃう一冊。Kindle版もあり。

健康食品通販オススメ書籍
アフィリエイトプログラム
本ブログは、Amazon アソシエイト・プログラムやバリューコマースを利用しています。オススメ書籍やスポーツ用品を示すのに活用しております。+マーケティング調査のためです。

良い商品はオススメしても、本プログラムで儲けるつもりはないため、スポーツ用品などは、Yahoo!ショッピングや楽天も含め、最も安いショップでご購入いただければ幸いです。