幸せ笑顔を作るアンチエイジングライフ研究所★栗山雄司

年中、健康食品やサプリメントの製造や販売に関わっている代替医療事業クリエイターのブログです。医療機関向けサプリメントを得意とし、エビデンス型の商品開発を重要視しております。健康メディア用コンテンツ提供、騙されない健康食品の選び方や競技空手・ボクシングの格闘オヤジ日記、新宿ランチ紹介も。

介護のない幸せ笑顔あふれる世の中を作ることがです。そのためには、アンチエイジングを意識したセルフメディケーション;予防が不可欠です。健康食品・サプリメントも重要なツールの1つです。
また、健康食品業界を良くしていくため、消費者を騙しながらゴミ商品を販売している健康食品を撲滅しようと奮闘中!

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーターとして、日々、健康食品・サプリメントを作ってます。
ビジネスでは市場創造を重要視しております

仕事のご依頼がございまいたら、弊社までお気軽にお問い合わせください。

注目の原料

山薬(中国山芋)由来の免疫活性のあるステロイド系サポゲニン:ジオスゲニンのプレバイオティクス効果

最新の論文ではないのだが、ジオスゲニンの面白い論文を見つけたので紹介させていただきます。

簡単に言うと、ジオスゲニンが一部の乳酸菌を増やす(;プレバイオティクス効果)という論文。

Huang CH, Cheng JY, Deng MC, Chou CH, Jan TR. Prebiotic effect of diosgenin, an immunoactive steroidal sapogenin of the Chinese yam. Food Chem. 2012;132(1):428-32. Pbumed ID: 26434311

この表題を和訳すると、タイトルの「山薬(中国山芋)由来の免疫活性のあるステロイド系サポゲニン:ジオスゲニンのプレバイオティクス効果」となる。

ネズミのジオスゲニンの摂取によって、Lactobacillus murinusLactobacillus reuteri(ロイテリ菌)というラクトバチルス属の乳酸菌で顕著な増殖が確認されています。
一方、エンテロコッカス属の乳酸菌では、増殖を示さなかったという結果が示されています。

そして、この結果は、ジオスゲニンの化学構造上の特性ではないか?と推測されています。

また、Lactobacillus murinusとLactobacillus reuteriは、免疫活性が確認されており、これら乳酸菌の選択的な増殖によって、アレルギー関係への免疫活性(炎症抑制性のT細胞の分化の誘導)の可能性についても述べられれています。
どうやら、こういった乳酸菌を腸で増やすことでβグルカンと同じような機能性を示すようです。

参考:低分子βグルカン摂取により炎症性腸疾患を予防、改善:東京理科大(外部サイト)

実は、この後、このプレバイオティクス効果が作用メカニズムとなり、いくつかの免疫関係の論文につながってきます。
免疫賦活や食物アレルギー改善、心疾患予防などにです。

Lactobacillus murinusについても調べてみましたが、結構、面白かったです。
結構、マニアックな乳酸菌。

まぁ、乳酸菌の商品も増えています。
ロイテリ菌などは、人気が高まりつつある乳酸菌。でも、生菌の担保も難しい原料でもあるので、ロイテリ菌を増やす素材として、ジオスゲニンを活用するのも一手だと思います。
是非、差別化素材として、ぬるっとしたイメージの山芋抽出物も副材として活用していただければと思います。

プラセンタを科学する2:蒙古馬のプラセンタ

過去、私は、こういったプラセンタのページを作成しております。

プラセンタを科学する
小ネタも満載♪

まぁ、もともとプラセンタ会社に所属し、今でもその会社の顧問も務めるので、非常に得意な領域でもあります。

今、モンゴル産馬(蒙古馬)のプラセンタエキスで、仕掛けようと企んでいます。
その際、どうしても、クリエイティブ戦略が重要になってきます。サラブレットに対抗できるクリエイティブが必要です!

いろいろ考えてみた。
そこで、生まれたのが以下のキャッチフレーズ。

チンギス・ハンと共に世界を制した
マイナス45℃の極寒環境に耐え抜くタフな
蒙古馬
その胎盤力も高かった!

実際、モンゴル産馬(猛攻馬)のプラセンタは、以下のような特徴がある。

サラブレットよりサイトカインの値が高い
抗生物質が使用される心配がない(データ有)
安定した供給・リーズナブルなコスト


サイトカインに関しては、比較データもあるので、優位性を示すことができるだろう!

馬の胎盤の場合、スーパープラセンタとも呼べる羊膜(卵膜の一部)の厚みも豚より厚い。この羊膜を含んだ状態で豚と比較すると、サイトカインの値は、豚より馬の方が高くなるだろう。

また、競走馬は、ドーピングの関係があるため、薬は極力使われないだろう。
一方、繁殖馬は、レースに出る訳でもないので、抗生物質などの薬の制約がなく、抗生物質が残留してしまう可能性が生じてしまう。
モンゴルの蒙古馬は、抗生物質などを使う必要がないくらい強い品種のようだ。
そういった安全性面の優位性もある。

コスト面は、今後、SPF豚プラセンタ並みに下がってくる予定である。
サラブレットのプラセンタではありえない。

私の市場予想。
ぶっちゃけ、サラブレットの胎盤は、アホみたいに高騰している。商品にならないようになってきている。高額商品に限定されてくるだろう。
同時に、良いクリエイティブと共に蒙古馬の安価なプラセンタエキスが流通しだすと、価格面などでサラブレットの馬プラセンタエキスは太刀打ちできなくなるだろう。

停滞しているプラセンタ市場。
そこに風穴を空けれればと企んでいる次第です。

ちなみに、蒙古馬のフリー素材は、結構、充実しています。
豚プラセンタに比べ、馬プラセンタは、クリエイティブをキレイかつ力強く見せやすいです。

最後に、今回のような素材の魅せ方というのは、原料を売っていく上で不可欠なものです。
求めるフックのイメージ、歴史(ストーリー)やエビデンスなどを加味して、作り込んでいかなければならないです。
一方、誰もが簡単にできる訳ではないです。
そうった人材をどのように育てていくかも、私の課題です。

最新研究:軟骨細胞の代謝における変形性関節炎に対するジオスゲニンのSIRT1シグナル伝達経路を媒介した効果

この度は、ジオスゲニンの最新研究のご紹介です。
ジオスゲニンが長寿遺伝子の1つの伝達経路を媒介して軟骨代謝(アポトーシス阻害など)に影響を与え、変形性関節炎を防ぐという論文です。

ジオスゲニンの抗炎症の論文でもあり、アンチエイジング効果の論文でもあります。

以下のように、要旨も翻訳してみました。ざざっと翻訳しただけなので、細かい言い回しなどの間違えは、お許しください。
原文は、残念ながら中国語だったため、図表を眺めただけです。

--------------------------
タイトル:軟骨細胞の代謝における変形性関節炎に対するジオスゲニンのSIRT1シグナル伝達経路を媒介した効果
Sirtuin type 1 signaling pathway mediates the effect of diosgenin on chondrocyte metabolisms in osteoarthritis

要旨(翻訳:栗山)
変形性関節炎(OA)の病因におけるSIRT1シグナル伝達経路とジオスゲニン(Dgn)の関係性を明確にするため、軟骨細胞の代謝とミトコンドリアの酸化ストレスにおけるサーチュン遺伝子タイプ1;SIRT1伝達経路を調べた。
方法:OAのC57BL/6マウス(13.5~18.0g)モデルを用いた。軟骨細胞は、ランダムにOA群、Dgn+OA群、Dgn+Sirtinol(SIRT1経路遮断薬)+OA群、Sirtinol+OA群のに4群に分けた。そして、各群においてSIRT1、転写因子1(Ac-FOXO1)に関係したアセチル化、Baxタンパク質の発現をウェスタンブロット法で検出した。4群のミトコンドリアにおけるコハク酸脱水素酵素、シトクロムCオキシダーゼ、スーパーオキシドジスムターゼ(SOD)のおける変化を測定した。
結果:OA群と比較し、DgnはSIRT1発現レベルを有意に増加させ(P<0.05)、Ad-FOXO1とBaxタンパク質発現を減少させたが(P<0.05)、SDHとCOXタンパク質発現レベルとSOD含有量を増加させた(P<0.05)。しかし、OA+Dgn群と比較し、Sirtinolは、SIRT1発現を減少させ、Ac-FOXO1タンパク質とBaxタンパク質発現を増加させ、SDHとCOXタンパク質発現を減少させた(P<0.05)。結論:SIRT1シグナル伝達経路とOAは軟骨細胞のアポトーシスに密接に関連し、Dgnは、軟骨細胞のアポトーシスを阻害と軟骨におけるミトコンドリアの酸化ストレスキャパシティーを増加することでSIRT1シグナル伝達経路を活性化し、抗OAにおける保護的作用をもたらすのであろう。
--------------------------

まぁ、まだマウス実験の段階なので、次の段階でヒト臨床試験に進んでいかないと、この変形性関節炎への効果は、確定的ではないです。最適な摂取目安量も定かでない。
一方、過去のモニター試験(ジオスゲニンとして50mg摂取)で、抗炎症的な効果がアンケートで確認できているので、可能性はなくはないと思います。

でも、この報告を見ると、治療的な作用でなく、予防的な作用の方が強そうな感じがする。その場合、特別なマーカーで軟骨細胞の破壊を検証したりする必要があるだろう。

近年、中国でジオスゲニンの研究が進んでいます。
研究のレベルも高い。
漢方研究の延長だろう。

元々、中国という国は、不老長寿(不老不死);アンチエイジングに執着する国でもある。
歴代の皇帝など権力者達は、不老長寿(不老不死)を追い続けていた経緯を見れば、一目瞭然です。紀元前からプラセンタ;紫河車も利用していたくらいです。

山薬も中国最古の草学書 「神農本草経」にて

虚弱体質を補って早死にしない。胃腸の調子をよくし、暑さ寒さにも耐え、耳、目もよくし、長寿を保つことができる。

とされ、多くの漢方処方に利用されてきました。

そして、弊社の懐山芋抽出物:ジオパワー15の懐山芋も、最高峰の山薬山芋として周の時代から皇帝に献上され続けました。

結局、八角(スターアニス)はタミフルの出発原料になっていますし、山薬のジオスゲニンもホルモン剤の出発原料に用いられています。

今、漢方素材(生薬)の研究が中国で盛んになっています。本気で、科学のチカラで漢方素材の効果を解き明かそうとしています。
ジオスゲニンは、オートファジーという最先端の研究もなされています。ほんと、マルチな成分だ。
参考:オートファジー系成分:レスベラトロール・ジオスゲニン・フェリチン鉄

近い将来、アンチエイジング医学が進み、老化をコントロールできる日が来るのでしょう。ジオスゲニンを改良したとんでもない新薬ができるかもしれない。
今後、こういった研究結果に注目です!
仕事のガイド
30万アクセスを超える前のノウハウを凝縮したブログ記事ガイド
ブログガイド

anti-bar
弊社のガイドです。
通販支援サイトDirectaから弊社ホワイトペーパー(商品開発ノウハウが凝縮)が無料でダウンロードいただけます!
趣味のガイド
競技空手研究
国内外を問わない空手の動画の解説や練習方法、グッツの紹介など
今のテーマはヨーロピアン空手
>> 國際松濤館 若草支部


ボクシングシューズ&コンプレッションまとめ
オススメの1足・1着を紹介!

新宿ラーメンバナー
新宿にお越しの際は、是非、参考に!
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
著書&顧問先
ヘルシー&ビューティー4
ヘルシー&ビューティー vol.4でプロテオグリカンの記事を書かせていただきました。

秘密の赤ワイン
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。


弊社顧問 吉田先生ブログ

<わたしの顧問先>
クリニカメディカ/髪のクリニックSeed
Y'sサイエンスクリニック
顧問先Y'sサイエンスクリニック
サプリに対する想いです。初めての方は、是非、読んでもらいたいです! ブログガイド 健康食品業界に20年近くいると、時代の流れというものも強く感じます。サプリメントは、市場の成熟と共に役割や環境も変化しています。社会に貢献できるサプリメント道というものを必死に模索しております。
プロフィール

博士(水産学) 44歳 富山県滑川市出身  (株)アンチエイジング・プロ COO 現 東京海洋大学卒 順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

営業は天職、通販化粧品会社や広告代理店での所属経験がある異色のコンサルタント。
プロフィール詳細は、カテゴリー最下段より。

カテゴリ別アーカイブ
厳選おすすめ書籍

業界人ならびに健康食品関係の企業は携帯必須。東京都のマニュアル最新版。今回は、若干厚い・・・。


日本抗加齢協会の機能性食品のデータブック


神田昌典さんの本で一番好きな一冊。分厚いけど、あっという間に読めちゃう一冊。Kindle版もあり。

健康食品通販オススメ書籍
本ブログは、Amazon アソシエイト・プログラムやバリューコマースを利用しています。オススメ書籍やスポーツ用品を示すのに活用しております。+マーケティング調査のためです。
良い商品はオススメしても、本プログラムで儲けるつもりはないため、スポーツ用品などは、Yahoo!ショッピングや楽天も含め、最も安いショップでご購入いただければ幸いです。