支持し続けられる健康食品を目指して!栗山雄司 博士コンサル

長く生き残る商品を生み出すことにひたすら情熱を傾ける博士コンサルトのブログ。販売重視の健康食品OEM製造や原料供給を行っております。レスベラトロール、ジオスゲニン、プラセンタ、アミノ酸、プロテオグリカン&非変性Ⅱ型コラーゲンの商品開発が得意分野です。市場動向や注目原料などを紹介。健康メディア用コンテンツ提供、騙されない健康食品の選び方や格闘オヤジ日記、新宿ランチ紹介も。

もう29万アクセス超えちゃいましたが・・・業界の方にこっそり読み続けてもらえるブログであることを目指しています!

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーター&博士コンサルとして、勝ち残る商品を生み出すことに情熱を傾けています!商品開発から、お客様の成功を導きます!
持論:販売の成功は商品開発の段階で8割決まる!です。
初めての方へも丁寧かつ細やかなサポートが我社の自慢です!弊社の8割以上のお客様は、 弊社独自の育成メソッドで健康食品の商品化未経験からスタートされています。同時に、クロスセルやアップセル向けと、販売戦略に一歩踏み込んだ提案も行っております。通販に限らず医療機関向けの商品開発も多くの実績があり得意です。

消費者を騙さない支持される健康食品業界であることを強く願って商品を作り続けています!
そのための情報提供というものを心がけ、人気サプリを斬る!騙されない健康食品のシリーズを書き続けています。

具体的なご相談は >> https://a2-pro.com/ の問い合わせから

コメント

昨日も業界の仲間と新宿で

昨晩は、業界の仲間ととさかで会食でした。

24870282
店内が暗くて上手く撮影できなかったので、食べた刺身盛りの写真をお店からお借りしました。
美味かったなぁ。

彼も入社15年、課長に出世しているし、時の流れを感じます。

まぁ、仕事の情報交換もたくさんしたのですが・・・

この健康食品OEM業界も情報化で大きく変化した

と改めて思いました。
特に、海外案件(中国など)は、その情報化の影響がもろに出ているのだろう。

情報化の影響で、日本の市場も、細分化されるだけ。
頭打ちになっても物量を動かせる大手さんは、下請け先を競わせる。
工賃商売は、地獄モード。
価格だけで争わない武器が必要!
そういった部分で、OEM業界でも勝ち負けが出始めているのかな?

また、うちのようにドライな営業を行っている会社のメリット・デメリットも感じました。
そもそも、プッシュ営業は一切しないという方針で成り立っているのは、本当に良いことなのだろうか?とついつい思っちゃいます。

大きい魚は、待っているだけでは、なかなか釣れない。

ん~、何かに投資しし続けないと企業って成長しないんだろう。
弊社は、有形のものではなく無形の財産を蓄積していくことで伸ばしていきたいと思っている。
それはそれで大変。

あと、特許って怖い・・・。

ちなみに、前回の業界の大先輩方との会食も、どうしても、機密情報が多くなり過ぎる・・・。
多くは言えん。
まぁ、こういった情報は、とても勉強になる。

サマータイム導入の問題点と導入の可能性

今、与党は2019年から2年間限定で、サマータイムの導入を検討しているようです。
でも、やっぱり、問題があり過ぎる。

昨日と今日は、いつもより1時間以上早く出勤していたが、それは、かみさんと子供達が不在だったから。
家庭があると、なかなか難しいだろう。
特に、子育て世代の共働き世帯。
私もそうだ。
子供が小さいと、もっと大変だと思う。
保育園の開園時間との兼ね合いもあると思うし、例え夏休みでも、親が早く出勤したら、残された子供達は困ってしまうだろう。

まぁ、早寝早起きして活動することは、成長ホルモンの分泌という面では、アンチエイジングな生活だろう。
でも、いきなりライフスタイルは変更できない!

そもそも、2年限定なんて、止めて欲しい。
生活に慣れた頃に戻される。

そうそう、朝活している女子達のことは、全く無視している。
サマータイムが始まると、朝活なんてできない!

プレミアムフライデーもそうだったが、ほんと、勝手だ!

プレミアムフライデーの時だって、しわ寄せを受けて、大変な思いをした人もいる。
人手が足りていない業界なんて、迷惑でしかなかったと思う。

サマータイムは、最悪、早く出勤するけど、帰宅する時間は同じだったり、長時間労働が悪化する人達も出てくるだろう。
アメリカと違って、サービス残業させることが罪にならない日本社会では難しいと思う。

まぁ、政府はどうするかわからんが、うちは、導入することはないと思う。
フレックスタイムの時代である。
社員がサマータイムの希望を出せば、曜日別でも認めれば良いと思う。
その分、効率的に働いてもらえれば良いと思う。
仕事だけでなく、人生面でも有意義な時間を過ごしてもらえれば良いと思う。

最近の人気記事の傾向が面白い

以下が本日の人気記事ランキング。
本ブログの。

まあ、上位4つは、不動です。
ジオスゲニン以外、本職の内容が上がってこないのは、非常に残念・・・。
これが市場のニーズだから、仕方ない。溢れている情報より、貴重な珍しい情報の方が求められることがあります。

ボクシング練習用シューズ選び(211)
安物と高級品のコンプレッションウェアの違い(139)
アンチエイジングホルモンDHEA類似体:ジオスゲニンの研究/効果・効能(63)
高級スポーツタイツの履き比べ(CW-X、バイオギア、スキンズ)(59)
市場動向:スムージー(58)
原料受託バンク原材料ランキングから見えるもの2018年5月(56)
ピンチ!OEMや受託加工の検索順位が(53)
プル型営業の原料メーカーの特徴と健康食品事業の成功(51)
Vitafoods 2018 ヨーロッパ市場レポート(51)
レスベラトロールの原料別特徴と最新研究(50)
合成の葉酸だと自閉症リスクが高まる?(44)
原料調査書のアップデート: ワシントン条約(43)
昨日は抗加齢医学会総会で口頭発表&誕生日(43)
Reebok コンバット プレミア ボクシング トレーニング(41)
無添加サプリ(食品添加物フリー)の製造:制約と実績(40)

レスベラトロール葉酸の記事が上に上がるのは、私らしい。
また、ここに市場のニーズがあるのだろう。

最近、市場が求めている情報ってなんだろう?とついつい考えてしまう。
アクセスを上げるには、市場が求めている方法を発信しなければならないのだろう。

先週、学んだこと。
現代のインターネット市場におして、発信される情報は量より質の方が大事!
今後の課題でもあります。
がんばらなきゃな。
仕事のガイド
まずはこちら!!
ブログガイド

anti-bar
>> 弊社OEM供給の特徴
自社原料も活用した勝ち残る商品設計が特徴です。
日本抗加齢医学会:賛助会員

OEMマニュアル
丁寧かつ細やかなサポートには自信があります!

原料受託バンクバナー 原料受託バンクで、弊社取扱い原料をチェック!資料のダウンロードも!

通販支援サイトDirectaの弊社ホワイトペーパー 通販支援サイトDirectaで弊社ホワイトペーパー(商品開発ノウハウが凝縮)が無料でダウンロードいただけます!
趣味のガイド
競技空手研究
国内外を問わない空手の動画の解説や練習方法、グッツの紹介など
今のテーマはヨーロピアン空手

ボクシングシューズ&コンプレッションまとめ
オススメの1足・1着を紹介!

今の一押し!

新宿ラーメンバナー
新宿にお越しの際は、是非、参考に!
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
著書&顧問先
ヘルシー&ビューティー4
ヘルシー&ビューティー vol.4でプロテオグリカンの記事を書かせていただきました。

秘密の赤ワイン
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。


弊社顧問 吉田先生ブログ

<わたしの顧問先>
クリニカメディカ
Y'sサイエンスクリニック
head_logo
プロフィール

博士(水産学) 44歳 富山県滑川市出身  (株)アンチエイジング・プロ COO 現 東京海洋大学卒 順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

営業は天職、通販化粧品会社や広告代理店での所属経験がある異色のコンサルタント。
プロフィール詳細は、カテゴリー最下段より。

カテゴリ別アーカイブ
厳選おすすめ書籍

業界人ならびに健康食品関係の企業は携帯必須。東京都のマニュアル最新版。今回は、若干厚い・・・。


神田昌典さんの本で一番好きな一冊。分厚いけど、あっという間に読めちゃう一冊。Kindle版もあり。


記事でも紹介しましたが、広告に関わる方だけでなく商品開発の担当者にも読んでいただきたい一冊。


いつになっても古びない通販のマニュアル本。通販始めるなら、まず読んでもらいたい。


表現を変えるだけで、レスポンスが変わります。健康食品通販では、広告費用対効果が変わってきます。
本ブログは、Amazon アソシエイト・プログラムやバリューコマースを利用しています。オススメ書籍やスポーツ用品を示すのに活用しております。+マーケティング調査のためです。
良い商品はオススメしても、本プログラムで儲けるつもりはないため、スポーツ用品などは、Yahoo!ショッピングや楽天も含め、最も安いショップでご購入いただければ幸いです。
  • ライブドアブログ