幸せ笑顔を作るアンチエイジングライフ研究所★栗山雄司

年中、健康食品やサプリメントの製造や販売に関わっている代替医療事業クリエイターのブログです。医療機関向けサプリメントを得意とし、エビデンス型の商品開発を重要視しております。健康メディア用コンテンツ提供、騙されない健康食品の選び方や競技空手・ボクシングの格闘オヤジ日記、新宿ランチ紹介も。

介護のない幸せ笑顔あふれる世の中を作ることがです。そのためには、アンチエイジングを意識したセルフメディケーション;予防が不可欠です。健康食品・サプリメントも重要なツールの1つです。
また、健康食品業界を良くしていくため、消費者を騙しながらゴミ商品を販売している健康食品を撲滅しようと奮闘中!

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーターとして、日々、健康食品・サプリメントを作ってます。
ビジネスでは市場創造を重要視しております

仕事のご依頼がございまいたら、弊社までお気軽にお問い合わせください。

販売戦略

赤ワインの機能を最大限に引き出す二段発酵製法

弊社の赤ワインエキスは、赤ワインの渋み抜きカラムから分離抽出されています。

私が現地フランスで確認しているので、間違えありません!!
写真も撮影してきています。

現地に行くと、いろいろなことがわかります。
(ローヌから南フランスへの産地の拡張だけでない・・・)
実は、抽出されている赤ワインは赤ワインでも、調味料用の赤ワインです。
しかも、日本向けの赤ワインの。マリネの調味液など、加工食品に利用されています。

さて、調味料用の赤ワインは、普通の赤ワインと何が異なるのでしょう?

それは、搾り粕から赤ワインが作られていることです。

要するに、二番搾りの赤ワインなのです。

今まで、あまり公開してきていませんでしたが・・・
だから、本原料は、二段発酵製法なのです!

通常の嗜好用の赤ワインで発酵され、再び調味料用の赤ワインで発酵されます。クリエイティブでレスが取れる二段発酵製法とは、ものの言いようです(笑)
まぁ、レスが取れればええのです♪ 大事なのはレス!

ちなみに、流石に三番搾りはなく、二回搾ると、肥料になるそうです・・・。

二番搾りの赤ワインの製造は、酵母の投入条件や温度条件を見ると、短時間で成分を絞り出すように製造されているので、やや荒いかなぁって感じです。
強制発酵って感じです。

まぁ、だから、発酵ポリフエノールであるオリゴメリックプロアントシアニジン:OPCも多いのだろう。基本、OPCは、発酵の工程で生まれます。
発酵の工程で、カテキンなどの単量体タンニンが2~4量体のタンニン;OPCへ変化するのでしょう。
じゃなきゃ、ポリフェノールのほとんどが適度に重合したOPCにならんだろう。

詳しくは:赤ワインはフルボディを選ぶべし!

そして、我々は、実は新規発見もしている。
そこは、弊社の強み!
二回も発酵させているので、酵母産生物も多いことがわかっています。

それが、リポポリサッカライド: LPSです!
免疫ビタミンとも呼ばれる多糖類の1つです。

そして、その赤ワインエキス末中のLPS量は、白米の約175倍、豊富に含まれる代表格である金芽米の約30倍です。

酵母による2度の発酵工程で、OPC変換だけでなく、LPS量の面でも機能性が高められているのです。

まさに発酵のチカラ!

まさに、弊社の赤ワインエキス末は、赤ワインの機能性を最大限に高められた原料なのです!

本原料は、レスベラトロールブームは去っても、(他社は落ちる中)毎年伸び続けている理由の1つなのでしょう!

そして、そういった要素を提供し続けているからこそ、安い模倣原料が出回る中、弊社がレスベラトロール原料トップシェアを維持し続けることができている理由なのでしょう!
自画自賛(笑)

ヒト臨床データだけではない!
安全性データだけではない!
最新研究データ紹介だけでない!
弊社の誠意あるクリエイティブサポートだけではない!

私は、こういった努力を決して惜しまない!

今後も、二段発酵製法で作られた赤ワインエキスとして多くの商品に活用いただければと思います。
我々は、さらに使いやすい原料に育てていくため、努力あるのみです!続きを読む

勝ち組しか知らない!健康食品ネット通販 勝ち組の条件

とても挑発的なタイトルだが、実際、ネット系のビジネスで成功している会社しかわからないノウハウって存在する。

弊社グループは、OEM事業での接点で情報が入るだけでなく、原料事業でも情報が入ってくる。
情報量は、非常に多い。
また、広告や売り方を知っていると、1つの情報で周辺まで理解できてしまうため、得られる情報は必然的に多くなってしまう。同じ情報でも、人によって得られる情報量って違うものです。

さて、タイトルの条件だが、まさに

なかなかわからない売り方で販売していること

である。

ほんと、どうやって売っているかわからない会社さんほど、長期間、安定的に商品を販売し続けている。
ほんと、わからん会社さんほど、アホみたいに売っている。
誰も知らないような会社さんもある。

反対に、すぐにわかってしまうような王道の売り方で販売している会社さんは、たくさん売っていても、実は儲かっていないことが多々ある。
Amazonでの販売も、代表例の1つなのだろう。基本、手堅いが薄利多売だ。

ちなみに、広告費用対効果が合わなくても、商品だけバラまいているケースがある。まぁ、弊社のように商品供給している会社からすると、これほどおいしい案件はない(笑)
最終的に、顧客は資金切れになる。これじゃぁ良いことないから、私は、高LTVの商品開発の重要性を訴え続けている。

過去、楽天で完全成果報酬で商品を販売してくれる楽天OB会社さんも存在した。
売り方がわからないケースは、

何らかの秘密のスキーム(既得権益)

をもっている可能性が高い。

これは、情報化社会の勝ち組のセオリーなんだろう。
健康食品通販に限らず。

いつの世も、本当の秘密は隠されるものなのだろう。

例えば、ホリエモンさんこと堀江さんが、なぜ??ロケット飛ばせるんだろう?と疑問に思って、その秘密を解き明かせば、成功しているIT企業の本質が良く見えてくる。
みんな世話になっているはずなのに、ほとんどの人が知らない。
ほんと、これがネット系の本質だと思う。

情報化社会って、とんでもないスピードでゲームの理論が働く

漏れている儲かりスキームに人が群がる。
儲かってそうなところに人が集まるのは、いつの世も同じである。
そして、今は、漏れちゃうと、すぐに儲からないスキームへと変化しています。陳腐化が速い。


ビットコインも良い例です。
儲かってる情報が漏れる=もうあまり儲からない
を証明してくれただろう。

まぁ、我々業界では、広告代理店さんやコンサルさんの儲かりスキームが代表例です。
だから、広告代理店さんやコンサルさんに頼り切る会社さんは、成功できない。そんな擦り切れた情報がベースでは、儲からない。

反対に負け組の条件は、他力本願とも言えるだろう。
時には、顧客同士で争わせて、広告費を意図的に吊り上げているケースもある。
そんな他力本願な会社が王子の今でも周りに群がっているから笑える。その道は、成功にはつながっていない。

ネットでの販売は、原則、広告代理店さんやコンサルさんがばらまく前に実行していることが不可欠である。

私は両方を経験しています。
結果、上記のようなセオリーを理解してしまったからこそ、私はコンサル業を止めたのだと思います。この健康食品業界は、ノウハウや情報への対価を払わない会社が多すぎるしね。
ちなみに、他力本願の会社さんが成功しない、一番の理由でもある。

まぁ、一方で、普遍のセオリーというものも存在する。
それも、弊社サイトで公開し尽くした。あとは、閲覧者の活かし方次第だろう。

近年、勝ち残る商品は、数や質のクリエイティブ+量のクリエイティブも求められるのは、間違えないだろう。

数のクリエイティブだけの商品は、必ず後発商品に負ける。結果、大きな利益が出る前に、商品が売れなくなる。
少しでも長く売っていくためには、他社が真似しにくいような量のクリエイティブも必要なのだろう。実際、アホみたいに原料を買い続けてくださる会社の商品を見ていても、そのセオリー通りに商品設計が行われている。

ちなみに、このセオリーは、近い将来、一般化するだろう。
それは、弊社が原料受託バンクないでノウハウを公開し、恐ろしい勢いでダウンロードされているからです。1ヶ月強で1000回越え。
今後、多くのOEM会社さんも、このノウハウを利用し始めるからです。

実は、こういった市場誘導が私の本当の目的だったりします。

コントロールしながら情報を発信して、情報をマネージメントする。
先述の通り、ネット集客の本質ですからね♪

DHCのCMで森高千里が意味するもの

皆さん、我々世代の方は、このCMをついつい見てしまわないだろうか?
でも、あんな50代はいない。40代と言っても、誰も疑わんだろう。
このCMで気がつくこと。



DHCさんの顧客層も変化してきている。
40代の内田有紀さん以降、そう感じている。

顧客年齢層が顧客の加齢と共に上がっているのだろう。
過去、20代30代がコア層だったのが、今や、おそらく、40代がコア層、次いで30代、20代が多いのではないだろうか?
もしかすると、50代が20代より多いのでは?とも思ってしまいます。

こういったことは、女性誌でもよくあること。
例えば、講談社の女性誌:withなんて、もともと20代後半の雑誌ったが、今や30代の雑誌だ。過去、CanCanは、購読者の年齢を考慮してAneCanなども創刊している。姉Agehaという雑誌も生まれた。

また、新たにWEB顧客として流入してきている50代半ばや60代も取り込んでいく意図もありそうです。
Webとテレビのクロスメディアを狙っているのだろう。

すっかりママイメージまで付いた森高千里さんの起用は上手いと思います。
結婚後、メディアへの露出も控え、スキャンダルもない。我々世代の女性からの好感度も上がっているのではないだろうか?
穴の美魔女タレント。

CMのタレントさん起用ってタイミングが重要だと思う。
DHCさんと言えば、人気が一番ピークのタレントさんを使わない。悪く言えば、落ち目だったり、知っているけどパッとしないタレントさんが多いけど、内田有紀さん以降、起用タレントさんが上手うハマっているような感じがする。
内田有紀さんも森高千里さんも、まだ安くはないだろう。また、多くの方は、森高千里さんがDHCさんのCMにOKするとは思わんかっただろう。
(私は、もしや離婚が近いのか?と勘繰ったくらいです。)
実は、DHCさんは、結構、勝負していたのかもしれない。

一方、20代の新規顧客層獲得には、意外に苦労しているのかもしれない。
ブランドイメージも、高くなってきているからだろう。

実は、こういった広告検証は、私の趣味のようなもので、大学時代から常に私自身の心の中だけで行ってきたことでもあります。
今後、通販メディアに絡めて、行っていくのも良いかな?と思っております。
どんな感じで続けるかは、この記事の反響次第♪
仕事のガイド
30万アクセスを超える前のノウハウを凝縮したブログ記事ガイド
ブログガイド

SEOの関係上、弊社サイトへのリンクは外しました。弊社にご興味がございましたら、是非、Googleでアンチエイジング・プロと検索してみてください!
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

趣味のガイド
競技空手研究
国内外を問わない空手の動画の解説や練習方法、グッツの紹介など
今のテーマはヨーロピアン空手
>> 國際松濤館 若草支部


ボクシングシューズ&コンプレッションまとめ
オススメの1足・1着を紹介!

新宿ラーメンバナー
新宿にお越しの際は、是非、参考に!
記事検索
著書&顧問先
ヘルシー&ビューティー4
ヘルシー&ビューティー vol.4でプロテオグリカンの記事を書かせていただきました。

秘密の赤ワイン
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。


弊社顧問 吉田先生ブログ

<わたしの顧問先>
クリニカメディカ/髪のクリニックSeed
Y'sサイエンスクリニック
顧問先Y'sサイエンスクリニック
プロフィール

博士(水産学) 45歳 富山県滑川市出身  (株)アンチエイジング・プロ COO 現 東京海洋大学卒 順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

営業は天職、通販化粧品会社や広告代理店での所属経験がある異色のコンサルタント。
博士論文は海洋プラスチックごみがテーマ。
プロフィール詳細は、カテゴリー最下段より。

カテゴリ別アーカイブ
サプリに対する想いです。初めての方は、是非、読んでもらいたいです! ブログガイド 健康食品業界に20年近くいると、時代の流れというものも強く感じます。サプリメントは、市場の成熟と共に役割や環境も変化しています。社会に貢献できるサプリメント道というものを必死に模索しております。

近年、儲け主義だけで社会的貢献意識やモラルがない会社さんが増えております。そういった想いより、真っ黒な広告で消費者を騙す商品は、許せない!撲滅したい!という気持ちも強いです。
そういった背景より、真っ黒広告の撲滅活動なども行っております。
アフィリエイトプログラム
本ブログは、Amazon アソシエイト・プログラムやバリューコマースを利用しています。オススメ書籍やスポーツ用品を示すのに活用しております。+マーケティング調査のためです。

良い商品はオススメしても、本プログラムで儲けるつもりはないため、スポーツ用品などは、Yahoo!ショッピングや楽天も含め、最も安いショップでご購入いただければ幸いです。
ギャラリー
  • 集団左遷!!の横山と青汁王子
  • 蹴り技の位置付け
  • アクセスと問い合わせ数から予測できる市場動向
  • 植物性葉酸と合成葉酸の構造の違い
  • Googleビジネスの閲覧数変動と特性
  • 原料受託バンク原材料ランキングから見えるもの2019年5月