新型コロナウイルスは、世の中に大きな影響を与え、新しい生活様式によって多くを変化させてしまいました。

今、どの市場も大きく変化しつつあります。

それは、非常に変化が少なかった健康食品サプリメントの原料業界でも起こり始めています。

まず、タイトルのような変化(移行)は、かなり起こり始めています。
昨日、私も、広告原稿を作って、出稿の手続きを行っていました。

まぁ、コロナ禍でアナログな営業が行いにくいため、Webでできないと新規の顧客が獲得できないので、ビジネスが先細りする一方です。
成長していくためには、常に集客し続けなければいかない!

また、同時に、今回の変化により、

プッシュ型営業 からプル型営業

へと、勝てる営業スタイルも変化しました。
必然的に、営業力より製品力で勝負していた会社さんの方が成果が出ているでしょう。どれだけ製品に投資し続けたかが問われます!
集客ができなくて、製品力もなければ、淘汰 されるだけ。
盛者必衰、それがもの凄く早く起こる時代、力がなければ、あっという間に淘汰されていきます。

今まで、どのような営業スタイルで営業を行ってきたかによって、勝ち負けの差も顕著に表れ始めているように思えます。
いや、きっと、差が出ているでしょう。

私は、今後、更に差が開くと予想しております。

やっぱり、Web集客戦争も激化するので、なかなか成果が出にくくなっていきます。それは、多くの企業が集客戦争に参入する度に、激化していきます。

弊社も、アクセスや資料ダウンロード数は伸びていても、OEM問い合わせのコンバージョンが伸びていない現実があります。
そのコンバージョンは、数多あるOEMというサービスで、選ばれるだけの強いスキームがないことを意味しており、集客を一人で行っている私自身、焦りを感じています。

何が何でも集客で結果を出していかないと、求人募集でも明言している「飛び込み営業・電話営業は原則禁止」という方針が継続していけなくなります。



私の責任は、非常に重い。

ちなみに、コロナ禍では、新規参入が少ないため、他社のOEMからのスウィッチまで求められるため、コンバージョンが上がらない背景もあるでしょう。それは理解しているのですが・・・。
でも、その厳しい環境の中でも勝っていかなければならないため、日々、いろいろなことを試しています。
しかし、結果がすべてです。

何れにしても、これからも必死で集客していきたいと思います。

この記事の筆者:栗山 雄司 (博士)

kuri photoM2株式会社アンチエイジング・プロ COO/順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

広告にも精通し、日々、売れる商品(;顧客の成功)のことを考え、健康食品サプリメントの機能性原料開発やOME製造を行っています。