原料受託バンクでのアクセスで、10万を超えるOEM資料ばかり注目を浴びがちですが、実は、モンスター資料は、他にも存在します。

それは、弊社の赤ワインエキスです。

r5

2万以上ダウンロードされている資料が複数あります。

弊社からすると、本原料は、

売上が落ちない素材

流石に、ブームが起こった2011、2012年の売上には敵いませんが、安定した売り上げがあります。
主材から副材へと利用のされ方も変わっています。

その理由は、やっぱり、原料に投資し続けているからでしょう。



安い類似原料も増えてきていますが、特許やヒト臨床試験データ・安全性データの方が評価されているんだと思います。

主に利用し続けていただいているのは大手受託加工会社さんなので、コンプライアンス面を考慮しての結果なのでしょう。先日も、某受託加工会社さんが安い類似原料の使用を採用しないように社内通達していただけました。

まぁ、この原料は、マーケティング的に見て、

ブームが去った原料 レスベラトロールブームとして
でも
副材としては活躍し続けている原料

なので、W特許のクリエティブ、写真素材や安心して使えることが重要視されやすいんだと思います。
副材で多く配合されることは少ないですし、多少コストが高くても、クリエイティブ面を考慮すると、弊社原料を採用するメリットの方が大きいのでしょう。
意外に、今人気のLPSも含まれていますし・・・。

こういった部分を見ても、原料メーカーの勝ちモデルって、原料に投資続けて信頼を勝ち取ることが大事なんだなぁと改めて実感します。



日本の原料ビジネスの特徴。
海外勢が入ってきにくい理由でもあります。

弊社は、そういった信頼を勝ち取る努力を淡々と行っていくだけです。
夏休みも関係なく、淡々と。

この記事の筆者:栗山 雄司 (博士)

kuri photoM2株式会社アンチエイジング・プロ COO/順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

広告にも精通し、日々、売れる商品(;顧客の成功)のことを考え、健康食品サプリメントの機能性原料開発やOME製造を行っています。