今日は、報道の通りで、23区内は、人が多っかた・・・。
かなりの企業で、テレワーク体制を緩和し続けています。この健康食品サプリメント製造業界でも、出勤してそうな会社さんが見受けられます。
電話の着信番号から、よくわかります。

まぁ、この業界は、あまりデジタル化が進んでおらず、未だFAXで受発注している古い業界です。

そこは、よく理解しているので、弊社は、あまり急激にデジタル化しないように気を付けています。デジタル化してもアナログ対応できる部分を中心にデジタル化を進めています。
良い例は、eFAX でしょう。



顧客は、アナログのまま。

弊社は、デジタルで処理。


どうしても、各社で格差があるので、仕方ない。IT業界の方から笑われることもあるのだが、未だ手書きの注文書がFAXで届くくことがあります。

また、今、電話も、代表番号への連絡から個人IP電話の番号への連絡に切り替えてもらっている。
個人のスマホで受けるので、スマホ手当てを出すことにしています。
導入して3ヶ月、通信費は落ちました。
それ以上に、取り次ぎの人件費は、かなり落ちたと思います。やっぱり、この人件費メリットの方が大きいです。

一方、どうしても、デジタル化できない部分がある。
できても、しない方が良い部分も。

例えば、請求書の取りまとめとチェックです。

本日、出社した理由の1つです。
この部分は、会計ソフトが統一書式になって、電子でも処理しやすくならないと、解決されないだろう。
また、弊社は断っていますが、支払い条件が金額によって変化したり、手形という支払い条件が存在したりもするので、なかなか難しいでしょう。

これも印鑑文化の代表例なんでしょう・・・
やっぱり、ここ10年内でデジタル化することはない!と思います。

あと、何より、この健康食品サプリメント製造業界は、新しいシステムやツールに、あまり積極的でない!

まぁ、業界自身、若い人が少なく、老齢化し始めていますからね・・・。
例えば、経験上、eFAXで受けたFAXのPDF加筆など、40代後半の事務員さんは、なかなか対応してくれないですからね・・・。

他にも、サンプルの受け取り・発送やパッケージの色目の確認など、どうしてもデジタル化で出来ない業務が存在します。
ものを扱っているが故のジレンマです。

まぁ、インターネット販売系の会社さんは、試作品(時には商品すら)を見ようとしないですけどね・・・・。

弊社では、こういったデジタル化できな業務を行うためだけに、交代で出社している現状があります。
これは、今後も、変わらないでしょう。

まぁ、やることをやっていくだけです。

P.S. 独り言
一方、Webマーケティングに関しては、行う会社さんが増えてきました。
まぁ、ちょうど今、弊社のWebが冬の時期から脱することができないで、脱した時にスタートダッシュできるように淡々と備えています。
ようやく、脱する方法もわかってきたので、もうちょっとのしんぼうです。