緊急事態宣言が出され、今までテレワークに移行していなかった企業も、テレワークへと移行し始めています。
案内を見ていると、以下のような案内が目に付きます。

 受注は本メールアドレスへ
 連絡は直接営業マンへ
 出荷業務は通常通り

受注はメールでも良いのですが、eFaxを導入しなかったから、こうなっちゃうよなぁと思いました。
まぁ、PDF編集がボトルネックになったんだろう。
Acrobat Proを入れなくても、PDF-XChange Viewerなどフリーソフトを利用すれば良いのに。
不効率で、勿体ない。

おそらく、受注用のメールアドレスに届いた発注書付きメールが転送設定で複数人の担当者に転送されるようになっているものと予測されます。
基本、それでも良いと思います。
ただし、テレワークから通常営業に戻った際、ちょっと面倒かもしれないです。いっそ、Fax受注を廃止するのも一手。

問題点は、メール添付で発注できない、超アナログな会社さんに対してでしょう。
実際、健康食品サプリメント製造業界では、未だ存在する。
やっぱり、受注だけでもeFaxを導入するのがベストな判断だと思う。

次に。
案内で、連絡先の各担当の電話番号を開示している会社もありました。

これ、問題ないかぁ?

と思っちゃいました。
それも、090や080など、様々な番号が混ざっていたので、個人の携帯番号だろうなぁと思いました。

公開するなら、SUBLINEでも入れてあげればええのに・・・と思っちゃいました。
大してコストがかからないのに・・・。

何だかんだで、このマニュアルは、活かされなかったんだろう。ちょっと残念。



この健康食品サプリメント業界、Chatでの業務遂行なんて、未だ程遠い・・・。

まぁ、各社の事情って、ありますからね・・・。

でも、今からでも遅くないので、うまくマニュアルを活用していただければと思います。

弊社も、テレワークに移行していますが、90%問題なく移行できています。

問題というのは、Dropboxで複数人データ共有した際の競合の問題。
また、今、私のパソコンを用いてサーバーと同期させているので、私がいないと、同期されない問題も生じています。

後者については、出勤日の本日、解決させています。
余っているパソコンを活用することにしました。
時間は有限なので、取り急ぎの設定にしていますが、後程、新しいメアドとマイクロソフトID登録が必要が必要になるだろう。
緊急事態時、それは、後回し。

そして、この記事を書きながら、

ただ今、設定完了!
問題なく、機能しています。

この後、トラブルが行ないことを祈ります・・・。

コロナに負けるな!