今、いろいろなものを見直しています。
今回、見直しているのは、会社用携帯電話や個人のクレジットカード。
今回は、会社用の携帯電話について、ご紹介です。

会社用携帯電話は、2台持ちするのも嫌ですし、もう少し便利にならないかな?と思っていたので、SUBLINEという050電話アプリ(IPフォン)を利用することにしました。

sublineSUBLINE


費用は、基本料金が5番号まで500円/月・20番号まで2000円/月・100番号まで5000円/月、番号取得料:300円/1番号、番号利用料/月:利用番号×300円です。

受信には、お金がかかりません。基本、通信量だけ。Wifi環境があれば無料。
発信には、お金がかかるんですが、通常の携帯キャリアの1/4~1/2くらいです。

この見直しを行った最大の理由は、取り次ぎの人件費削減です。

このコストって、結構バカにならないですし、意外に社員の負担になっています。
過去、一部のIT会社では代表電話番号を名刺に書かないなどの取り組みを行っていることをテレビ番組でも人件費削減例を紹介していました。

弊社でも、名刺に、携帯電話の方を大きく書いていたのですが、なかなか根付きませんでした。そしたら、そんな社用携帯なんていらないなぁと思い始めました。

なお、このSUBLINEですが、以下のようなメリットもありそうです。

・営業時間外のアナウンス
・電話帳の共有
・退職者の電話番号管理
・利用状況なども全部Web上で管理


まず、使っていて便利だなぁと思ったのは、着信設定を自由に選べる点です。
営業時間外は、留守電にすることも可能です。会社用携帯以上にプライバシーは守られます。私のような経営者は不要ですが、社員には必要なことです。

また、商談中や会議中など電話に出れない時の設定なども可能です。いろいろなパターンの案内が可能です。

まぁ、この機能は、使う人次第。

次に、電話帳を「共有連絡先」「個人連絡先」に分けて登録できること。
共有連絡先は、新しく電話番号を追加しても、すぐに共有されます。

あと、退職者の電話番号は、転送設定にしたり、新しい担当者に紐づけて引き継がせることも可能です。

まぁ、営業マンの入れ替わりの激しい会社さんには、便利でしょうね。
社員の入れ替わりがほとんどない弊社には無縁な使い方ですが・・・。

その他、あまり必要ないかもしれませんが、録音機能も付いていたりします。

こういった便利なサービスが出てきています。
みなさまも、是非、ご活用いただければと思います。