平成27年4月に食品表示が施行され、食品の表示方法が新しくなりました。そして、その変更の猶予期限が平成32年;今年3月末に定められています。
猶予期限間近の現在、多くのOME会社では、新表示への変更に追われていると思います。ラストスパート状態。

弊社も、表示変更地獄です・・・。

実際、どんな表示が必要になって来るかを、弊社の商品(栄養機能食品)の事例で示してみました。主に赤で示した部分が変更点。

sample

上から。
1. 原産国表示
2. 食品添加物との区分け
3. 製造所固有記号(新ルールの表示方法)
4. 栄養成分表示の文言と内容量の枠内表示化
5. ナトリウム→食塩相当量
6. 強調表記における含有量担保の厳密化
7. 栄養成分の指定桁数の設定


一番配合量の多い食品添加物以外の原材料に対して、原産国表示が求められるようになりました。

原産国表示については、最終加工国のルールなども明確化されました。リパックだけでは、最終加工国として表示できなくなりました。まぁ、対応しきっていない原料メーカーもあるので、過去、この様な記事も書いております。



食品添加物と食品添加物以外の原材料(いわゆる食品原料)の区分けは、スラッシュ以外にも、段を変えたりしても良いです。

製造所固有記号は、販売者さんによってWebから登録される必要性が出てきました。平成27年3月以前に取得された製造所固有記号は、使用できなくなりました。すなわち、新規取り直しの必要性が出てきました。

まぁ、マニュアルを渡しても登録できなお客様も多いので、IDとパスワードだけ取得してもらい、弊社で登録するケースも少なくありません。

また、表示方法も変更させれています。
固有記号の製造所の問い合わせ先の表示も必要になり、記号の前に「+」を付けなければならなくなりました。

食塩相当量は、次の式を用い、

ナトリウム(mg)×2.54÷1,000=食塩相当量(g)

ナトリウムの値から算出する必要が出てきました。
ゼロ表示基準に注意する必要があり、小数点の桁数がとんでもないことに・・・。

強調表記における含有量担保の厳密化と書かれていますが、この画像では、示せません。
主に経時変化で減衰するビタミンが対象ですが、減衰も加味して、表示値を設定しなければなりません。弊社では、ビタミンについて、加速試験まで推奨しております。
ミネラルは経時変化しないので、一回の確認分析だけ。

最後の栄養成分の指定桁数の設定については、知らない方も多いようです。
なので、ここが一番見落としがちかな・・・。
注意すべき栄養素は、以下のものです。

亜鉛 小数第1位
鉄 小数第1位
銅 小数第1位
ナイアシン 1の位
パントテン酸 小数第1位
ビタミンB1 小数第1位
ビタミンB2 小数第1位
ビタミンB6 小数第1位
ビタミンB12  小数第1位
ビタミンD 小数第1位
ビタミンE 小数第1位

例えば、ビタミンB1を10mg配合していたら、なかなか10.0mgって表示しないでしょう。
盲点になりがちなので、ご注意ください。

まぁ、その他にも、ちょこちょこ変わっているのですが、焦点がボケてしまうので、今回は、この程度に留めておこうと思います。

皆さん、猶予期限間近です。
備えてください!!

P.S.
今回は、強調表示の表示値保証は、ビタミンとミネラルに限定されましたが、一部の行政では、栄養素以外の強調表示にも、表示値保証を求めています。消費者庁も、相談すると、同様な見解を示しております。
未だ指導例などはないですが、機能性表示食品制度が導入され、機能性関与成分の表示が行われるようになり、有効成分に該当するような強調表示成分は、今後、一定の管理が求められてくるとも予測されます。
また、LPなどの広告表現では、ビタミン・ミネラルの強調表記を行いつつ、商品には栄養成分量が記載されていない例などについても、指導が入ってくる可能性があります。
みなさま、十分にご注意くださいませ。

この記事の筆者:栗山 雄司 (博士)

kuri photoM2株式会社アンチエイジング・プロ COO/順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

広告にも精通し、日々、売れる商品(;顧客の成功)のことを考え、健康食品サプリメントの機能性原料開発やOME製造を行っています。