皆さん、急に寒くなりましたが、体調を崩しておられませんでしょうか?
私は、ようやく熱は下がったものの、寒さにやられてしまい体調が優れない日々が続いています。それでも、こういう時に限って、原稿もたまっているし、仕事がたくさん舞い込むので、気合でこなしてます。

私のブログでは、気合 努力 という言葉がたびたび出てくると思います。

それは、タイトルにもある松井秀喜さんの名言「努力できることが才能である」という言葉大好きだからです。
ちなみに、松井さんが父から贈られた言葉とも言われています。

松井さんは、良い名言をたくさん残しています。
Youtubeには、こんな動画もあるくらいです。



私は、この名言を心に十何年も努力し続けているのですが・・・
年を重ね、努力できない人や努力することを学んでこなかった人に求めても、逆効果だとも考えています。
求めても、苦しむだけ。
それから、私は、部下に多くを求めなくなりました。

そして、私の努力だけで、誰でも努力しなくても結果が出せる環境を作ることに注力するようになりました。

業界の読者が多いため、意外に人気記事でもある以下の記事のような体制で運営し続けています。



だからと言って、弊社は、暇な訳ではありません。
効率化されているからこなせるものの、他社より仕事量は多いと思います。

努力できるかどうかは、結局、若い時にどれだけ自分を追い込んだか?によると思います。
一番良い例が、受験。
受験戦争を経験してきた者は、それなりに強いです。

仕事や勉強に限らず、スポーツでも同じ。
結果を出すため、どれだけ追い込んだか?が大事です。そこは、体育会系を評価する理由です。

そして、どんな追い込み方をしたかの経験によって、努力できる分野も変わってくるでしょう。

また、仕事に限らず、役割 って大事だと思います。
だから
会社を回す人も大事。
事業を開拓する人も大事。
会社を守る人も大事。

そのバランスを取るのが会社の役割だと思います。マネージメントする人は、バランスを取り、最大限の成果を出せるようにすることが仕事。そして、個々は、その役割毎で努力すればよいと思います。
そして、会社は会社で、役割や成果に応じた評価をするだけだと思います。
萩生田文部科学相ではありませんが・・・・役割や成果という身の丈に応じた評価というものも存在し、的確に評価することも重要なのでしょう。

私も私で、自分のフィールドで努力するだけです!