長年、原料販売を行ってきているが、近年、大きな変化が生じ始めています。

それは、顧客の広告が原料販売に大きく影響 するようになったことです。

特に、Web広告で、大きな影響が出ます。

理由は、競合会社に限らず、OEM業界の人達の目にも付きやすいからでしょう。
売れてそうな商品や売れていることがバレている商品は、すぐにハイエナのように群がってコピー商品が作られようとします(笑)
これがEC商品の特徴。

例えば、近年で言えば、弊社のジオパワー15も、ネット系の増大サプリの影響が色濃く出ています。
c1705a61418aa28f42d6d0772d7c33ee_l

まぁ、レスの出るクリエイティブの作り方や本当に売れている理由がわかっていないから、多くの会社がコピー品を作って失敗していますけどね・・・。

そして、今、一番色濃く影響が出ているのは、まめ鉄 です。
一般の顧客からも、問い合わせが来ます。
同時に、OEMの問い合わせも来ます。
もちろん、原料販売していないのに原料販売の問い合わせも。

まぁ、ゴミ商品ばかり売っている会社からの問い合わせが多く、希望価格は難しいとレスし瞬間、連絡が途絶えます(笑)

本当に商品力の高い商品や何らかのコピー商品対策されている商品って、こういった部分で、コピー商品が作られるのをガードできてしまうんですよね・・・。
だから、必然的にLTVが長くなり、儲かる仕組みが構築されてしまうんですよね・・・。

実は、先述の増大サプリも同じです。この商品も、結構、原価率が高いです。
それは、コピー商品で勝負しようとしたとき、すでにWebの広告費が高騰してしまった後で、リピートや定期購入がないと、広告費用対効果が合わない状況で新規獲得の勝負をしなければならないためです。
それが真実。
でも、多くの人が広告代理店やコンサルに騙される。

何れにしても、たくさんWeb広告がされて露出が増えると、原料メーカーの売上にも良い影響が出ます。
それは、どなたも想像がつくでしょう。

一方、コピー商品が多く出回ると、一瞬でライフサイクルが成熟期に移行してしまい、原料市場が死んでしまう可能性もあるので、注意が必要です。
特に、HMBやシトルリンのような添加物系原料の場合、それが顕著です。
誰も儲からない。

NMNなんて、ブームが起こる前から価格の下げ合いが起こっていて、どうしようもない・・・。非常に残念な最低の市場になりかけている。

だから、原料メーカーは、少しでもオリジナリティ(独自性)の高い原料で勝負しなければならないのです!

弊社が徹底している部分です。
すぐに芽は出なくても、芽が出るようにコツコツ育てます。

そういった生育プロセスで成長した素材は、高い確率で良い市場ができあがります。

近年のように市場全体が成熟した中、きちんと市場の育成まで考えて、コツコツ原料(の研究開発)に投資していかないと、原料事業での成功はない!のです。

弊社は、単回投与の急性毒性試験から始まり、エームス試験や28日反復投与毒性試験などの毒性試験を実施し、ヒト臨床試験も段階的に行ってきています。

実際、ブームが起こったレスベラトロールも、コツコツ原料に投資を行った弊社の赤ワインエキス末だけが競合を寄せ付けずに生き残っています。
ぶっちゃけ、レスベラトロールブームで儲かったほとんどの会社は、原料への投資をしませんでした。論文投稿レベルのヒト臨床試験を実施したのも弊社くらいです。
そして、LPSリッチを可能にする二段発酵製法という、更なる一手で優位性の強化が行われています。
トップシェアを守り続けている理由です。

これで、健康食品サプリメントの原料事業というのは、研究開発への投資ビジネスであることがわかったのではないでしょうか?

私は、日々、こういった見えない仕事をコツコツと行っています。
今は、英語の資料や翻訳資料を作りまくっています。
そういったコツコツが重要なのです。