近年、競技空手の組手競技は、消耗品が増えています。

一番消耗が激しいのは、コンビネーションキック。



安全で、とても良い防具なのですが、消耗します。
中段逆突きを打つ選手は、つま先部分が消耗するでしょう。
中段を打たない選手でも、表面が劣化してきます。インステップとシンガードのつなぎ目が削れてくる。

だから、海外のように、インステップの替えを販売してもらいたい。
99A9272A-8927-4DCA-AF4B-9BC2229C91C8


そこで、増税前に、予備で新しいコンビネーションキックを購入することにしました。
まぁ、一番安かったのは、ヤフーショッピングのリュウジンスポーツ。ブランドはアディダス。
ポイントを加味すると、東海堂のものよりやや安い。送料も、無料だし・・・。

でも、意外にWKFだけの防具ってニーズがないことに気が付きました。
まぁ、コンビネーションキックは、メンホールールでも使えるので、まだ良い。指なしの拳サポなんて、練習と昇段審査でしか使えない。

大学生は、学連の防具でないとダメだから、アディダスのWKF品は使えない・・・。

上手く統制が取れている。

小学生から高校生は、メンホーに金がかかります。
インステップやシンガードは、安いもん。インステップなんて1200円くらい。安全面だけでなく、蹴りを上手くなりたかったら、練習と時からインステップだけでもつけるべきと考えています。

何だかんだで、お金がかかります。
まぁ、もっとお金がかかるスポーツは、たくさんあると思うけど。
お金がかかるようになったのは、昔に比べての話です。

競技空手界の防具も、利権が絡みます。
小学生から高校生の防具はミズノ。
かろうじて既得権益を維持できています。小学生から高校生の防具も、WKF仕様に統一できない一因なのだろう。

ちなみに、最近知ったのだが、正道会館の新ルール:フルコンプラスというものがあるようだ。フルコンと全空連ルールの中間ルールの競技。
そこでは、指ありのWKFグローブが使えそう。
先日、糸川さんの選挙に角田さんが応援演説して不思議に思っていたが・・・
正道会館と全空連が近づいている。こんな動画まであった。