昨日の抗うつ作用に続き、レスベラトロールの最新研究の紹介です。
公益財団法人がん研究会がん研究所が以下のような報告をしています。乳がんの抑制が研究のメインですが、抑制物質の1つとしてレスベラトロールが用いられています。



【概要】
乳がんの約7割は、女性ホルモンのエストロゲンと結合してがんを増殖させるエストロゲン受容体(ER)を多く生産するER陽性型です。そのため、エストロゲンの作用を抑える内分泌療法が効果的ですが、治療中に細胞の中で遺伝子の使われ方が変遷することがあり、その効果がなくなり再発することが問題です。これを解決するために、がんのゲノムDNAの性質、特に立体的な構造を詳細に理解して再発乳がんの特性を読み解くことは、世界的にもまだ新しく、重要な取り組みです。

がん研究会の斉藤典子らの研究グループは、熊本大学、九州大学、理化学研究所らとの共同研究により、長期の内分泌療法中に治療が効かなくなり、再発した乳がんのモデル細胞にて、タンパク質をつくらない非コードRNA分子であるエレノアの役割を調べました。その結果、エレノアは、細胞が死ぬために使うFOXO3遺伝子と増殖のために使うESR1遺伝子(ERをつくるための遺伝子)を立体的に近づけて、どちらも使われるようにしているという、一見相反する現象を明らかにしました。

エレノアを消失させると、近接していた遺伝子同士が離れ、ESR1遺伝子は細胞内で使われなくなりました。その一方で、FOXO3遺伝子は使われたままとなり、その結果、細胞死が誘導されました。これらの結果は、がん細胞が治療環境をかいくぐって増殖するためには、エレノアを使ってゲノムの立体構造を変換し、遺伝子の使い方を変えて細胞死を克服する、という再発乳がんで今まで知られていなかった新しい仕組みを示します。

エレノアをターゲットにした核酸医薬やレスベラトロールは、遺伝子の使われ方のバランスを崩してがん細胞を死の方向に導くため、再発乳がんの治療につながる可能性があります。
----------

過去、レスベラトロールは、発がんを抑制したり、がん細胞をアポトーシス誘導する作用でも、注目を浴びています。
科学雑誌サイエンスでも紹介されています。

サイエンスでは、Jangらの報告(1997年)では、レスベラトロールにがんの発現を抑制する効果があることを報告しています。
その報告では、発がんの初発期(イニシエーション)、促進期(プロモーション)、悪性化(プログレッション)の3段階すべてをレスベラトロールが抑制することが報告されています。
cancer
引用文献:Jang M, Cai L, Udeani GO, Slowing KV, Thomas CF, Beecher CW, Fong HH, Farnsworth NR, Kinghorn AD, Mehta RG, Moon RC, Pezzuto JM. Cancer chemopreventive activity of resveratrol, a natural product derived from grapes. Science. 1997 Jan 10;275(5297):218-20.

また、ポッター教授らの報告(2002)では、レスベラトロールは、がん細胞だけを死滅化し、がんを抑制する効果があると報告されています。
腫瘍細胞中に存在する「CYP1B1(シトクロムP450)」という酵素が、レスベラトロールを代謝すると、「ピセアタンノール(Piceatannol)」という、がん細胞を死滅させる物質に変化させることが試験管実験で明らかになっています。ピセアタンノールが滞留した部位では、健全な細胞は全く無傷のまま何とガン細胞のみが死滅するという結果が示されています。
後々、この研究がサルベストロールへとつながっていきます。

引用文献:Potter GA et al., The cancer preventative agent resveratrol is converted to the anticancer agent piceatannol by the cytochrome P450 enzyme CYP1B1. British Journal of Cancer (2002) 86, 774-778.



ちなみに、サルベストロールに関しては、過去のイギリスの取引先がオーナーだったので、約12年前、たくさん勉強させてもらいました。
製造している工場にも訪問させていただきました。
今は、こんな本まで出ているんですね。



結局、サルベストロールは、有機野菜と大きな関係が出てきます。
オーガニック思想の根幹の研究だったりします。

まぁ、レスベラトロールは、アンチエイジングだけでない!んです。