昨日は、非常にジオスゲニン含有の懐山芋抽出物:ジオパワー15の問い合わせが非常に多い一日でした。
なので、昨晩、ジオスゲニン市場の調査を行いました。

ん~♪ どうやら、このリリースが影響しているようです。ジオスゲニンでニュースを検索すれば、一目瞭然だ。

吉野家、夏季限定商品『牛皿麦とろ御膳』がパワーアップ
文面でジオスゲニンが紹介されている。

このリリースにも山芋のジオスゲニンの紹介がされています。

残念ながら、この商品には、過去、弊社が供給して添加されていた懐山芋抽出物が添加されていないのだが・・・。

なので、以下の記事でも書いている通り、ジオスゲニンの遊離体としては含有しておらず、ジオスゲニン配糖体でしが含有していない。

山芋にジオスゲニンは入っていない!?

厳密には、景品表示法に抵触するようにも思えるのだが・・・。

何れにしても、ジオスゲニンへの注目度が上がっているのだろう。
今回、ジオスゲニンを強化されていないことは残念だが、良い影響が出ているので、良しとしよう!

また、過去に麦とろ御膳でジオスゲニンが紹介された時と異なり、今回は、富山大学のヒト臨床試験の研究データも出ている。
そして、そのヒト臨床試験ではジオパワー15が使用されている♪

その差は大きいと思う。
そういった関係で、注目度と信頼度が劇的に上がっているのだろう。
実際、一般消費者からも問い合わせがある始末・・・。

過去と違い、ジオスゲニンのワードは圧倒的に強くなっている。
インターネット上では、このワードの強さが非常に重要なのだ。

まぁ、これで、機能性表示食品が通っていたら、もう少し注目度は上がっていただろう。
もう少し我慢だろう・・・。

何れにしても、今後、注目度がさらに高まるだろう。ほんと、ラッキーな時は、こんなラッキーなことが続きます。
まぁ、このジオスゲニンは今年が勝負!なのだろう。
今後、気を引き締めて、販促を強化していこう!

P.S.
業界紙を除く、健康雑誌さんからの取材、大歓迎です!
お気軽にご連絡くださいませ。
過去実績
監修料はかかりますが、記事の監修医師などもご紹介させていただきます。