弊社へのアクセスが伸びているのは、事実だ!
でも、売込みばかりで、OEM問い合わせは、アクセスの伸びほど来ない状況・・・。
一方、既存顧客からの原料問い合わせが増えた♪♪♪

F780205F-B3B8-416E-994B-0D07464A6F94

理由は、明確だろう。
明らかに、市場動向が影響している。

以下の理由だと思っている。

問い合わせフォームでのセグメント
ゴミ商品排除のクリエイティブ

原料受託バンクからの流入が増えている

市場動向として、新規参入の絶対数が減っているだけでなく新規顧客の質も低下しているのだと考えています。

まぁ、地方格差も影響していると思う。
東京は、何だかんだで景気が良いので、無視してまでIT系企業はリスクのある健康食品・サプリメント事業に参入する必要がない。一方、西のエリアは、無理にでも参入しようとする。
結果、近年のGoogleの追跡機能などの影響で、西の会社の方が問い合わせが多くなる・・・という状況もあるのだろう。

話は戻り・・・
基本、コピペで複数社に問い合わせて、各社の良いところ取りする案件泥棒の会社が増えているので、うちのような面倒な問い合わせフォームの会社には問い合わせてこない。

そして、そういった顧客に限って、ゴミ商品を作る。
そうすると、当然、弊社のセグメントでもすり抜ける。問い合わせてくる顧客は、Webの内容に目を通していない顧客ばかりだ。

ちょうど今、福岡を中心に、新規参入しようとしている会社は、こういった上記のような特徴の会社が多い。
全体的に、顧客の質が低下している。
基本、儲かれば、商品は何でも良いという考え方の顧客がほとんどである。

その背景には、ネット通販では、真っ黒な広告で展開する会社が勝っているかのように見える状況があるからだろう。
実は、そんなことないんだけど・・・。
ほとんどの会社は、利益が出るリピート購入回数まで定期購入を縛れないのが現状です。

私の持論、絶対に!リピートが取れる高LTVの商品でしか、リピート型通販は決して儲からない。

仮に、黒いことやって儲けても、課徴金制裁で頑張り損になるだけである。今後、薬機法でも課徴金制度が始まるため、この傾向が加速化する。

消費者を騙せば、必ず成敗される。

そういった状況もあり、東京の会社を中心に多くの会社は、状況を見守っている会社も多いのが実情だと思います。

後日、紹介しますが、今見えている勝ちモデルは、本当の勝ちモデルではない!
一定の人達に都合良く作られた勝ちモデルの虚像です。

余談だが・・・
某王子は、先日、テレビを利用して、今回の事件に関しても虚像を作ろうしましたが、見事失敗!
ネットの社会ほど実のあるテレビは甘くない。

また、隠し金もあるだろうし、一部の業界の人たちは、他にも収益源があることを知っているから、バレバレだ。
行政の心証は、ますます悪くなり、余罪を追及されるだけだと思う。

過去、質は違うが同じく失敗をして、今、陰で成功している偉大なITの革命児を真似ようとしているのだろうが、格が違うと思う。

何れにしても、健康食品・サプリメント業界も、小悪党や銭ゲバが幅を利かせる嫌な時代になりました。モラルや社会貢献性というものが欠如している。
今後、少しでも良い時代になるように、みんなで努力していかなければならないと思います。