とても挑発的なタイトルだが、実際、ネット系のビジネスで成功している会社しかわからないノウハウって存在する。

弊社グループは、OEM事業での接点で情報が入るだけでなく、原料事業でも情報が入ってくる。
情報量は、非常に多い。
また、広告や売り方を知っていると、1つの情報で周辺まで理解できてしまうため、得られる情報は必然的に多くなってしまう。同じ情報でも、人によって得られる情報量って違うものです。

さて、タイトルの条件だが、まさに

なかなかわからない売り方で販売していること

である。

ほんと、どうやって売っているかわからない会社さんほど、長期間、安定的に商品を販売し続けている。
ほんと、わからん会社さんほど、アホみたいに売っている。
誰も知らないような会社さんもある。

反対に、すぐにわかってしまうような王道の売り方で販売している会社さんは、たくさん売っていても、実は儲かっていないことが多々ある。
Amazonでの販売も、代表例の1つなのだろう。基本、手堅いが薄利多売だ。

ちなみに、広告費用対効果が合わなくても、商品だけバラまいているケースがある。まぁ、弊社のように商品供給している会社からすると、これほどおいしい案件はない(笑)
最終的に、顧客は資金切れになる。これじゃぁ良いことないから、私は、高LTVの商品開発の重要性を訴え続けている。

過去、楽天で完全成果報酬で商品を販売してくれる楽天OB会社さんも存在した。
売り方がわからないケースは、

何らかの秘密のスキーム(既得権益)

をもっている可能性が高い。

これは、情報化社会の勝ち組のセオリーなんだろう。
健康食品通販に限らず。

いつの世も、本当の秘密は隠されるものなのだろう。

例えば、ホリエモンさんこと堀江さんが、なぜ??ロケット飛ばせるんだろう?と疑問に思って、その秘密を解き明かせば、成功しているIT企業の本質が良く見えてくる。
みんな世話になっているはずなのに、ほとんどの人が知らない。
ほんと、これがネット系の本質だと思う。

情報化社会って、とんでもないスピードでゲームの理論が働く

漏れている儲かりスキームに人が群がる。
儲かってそうなところに人が集まるのは、いつの世も同じである。
そして、今は、漏れちゃうと、すぐに儲からないスキームへと変化しています。陳腐化が速い。


ビットコインも良い例です。
儲かってる情報が漏れる=もうあまり儲からない
を証明してくれただろう。

まぁ、我々業界では、広告代理店さんやコンサルさんの儲かりスキームが代表例です。
だから、広告代理店さんやコンサルさんに頼り切る会社さんは、成功できない。そんな擦り切れた情報がベースでは、儲からない。

反対に負け組の条件は、他力本願とも言えるだろう。
時には、顧客同士で争わせて、広告費を意図的に吊り上げているケースもある。
そんな他力本願な会社が王子の今でも周りに群がっているから笑える。その道は、成功にはつながっていない。

ネットでの販売は、原則、広告代理店さんやコンサルさんがばらまく前に実行していることが不可欠である。

私は両方を経験しています。
結果、上記のようなセオリーを理解してしまったからこそ、私はコンサル業を止めたのだと思います。この健康食品業界は、ノウハウや情報への対価を払わない会社が多すぎるしね。
ちなみに、他力本願の会社さんが成功しない、一番の理由でもある。

まぁ、一方で、普遍のセオリーというものも存在する。
それも、弊社サイトで公開し尽くした。あとは、閲覧者の活かし方次第だろう。

近年、勝ち残る商品は、数や質のクリエイティブ+量のクリエイティブも求められるのは、間違えないだろう。

数のクリエイティブだけの商品は、必ず後発商品に負ける。結果、大きな利益が出る前に、商品が売れなくなる。
少しでも長く売っていくためには、他社が真似しにくいような量のクリエイティブも必要なのだろう。実際、アホみたいに原料を買い続けてくださる会社の商品を見ていても、そのセオリー通りに商品設計が行われている。

ちなみに、このセオリーは、近い将来、一般化するだろう。
それは、弊社が原料受託バンクないでノウハウを公開し、恐ろしい勢いでダウンロードされているからです。1ヶ月強で1000回越え。
今後、多くのOEM会社さんも、このノウハウを利用し始めるからです。

実は、こういった市場誘導が私の本当の目的だったりします。

コントロールしながら情報を発信して、情報をマネージメントする。
先述の通り、ネット集客の本質ですからね♪