最近、真っ黒広告の撲滅活動を行うきっかけとなったブロリコの広告が出てこなくなった。

消費者を守る活動:真っ黒広告★撲滅活動 ガンを謳う卑劣なブロリコ

どうしたのかな?
と思って調べたら、以下のようにお詫びの社告を行っていました。

EA860037-7802-4A74-972B-E93ACB801349

消費者庁の調査が入った?という記事(通販新聞)も見ました。
まぁ、こんな広告を行っていた訳だから、当然だろう。

0119410A-851D-425D-B421-FF41EC432F7B

これで、終わりだろうか?

6月から薬機法でも課徴金制度が始まる。
何となく、それを待っているようにも思える。


この商品は、医者のなりすましたアフィリエイトで販売された商品としても、知られている。

医師と詐称しブログで健康食品を販売していた男性、現在の胸中を語る「将来への備えが…」
出典:BuzzFeedNews

こんなことしてまで儲けたいのだろうか?

やっぱり、処罰されて当然の会社だと思う。
騙した人たちに返金すべきだと思う。

今後、常にウォッチしていかないといかないなぁと思っています。

この記事の筆者:栗山 雄司 (博士)

kuri photoM2株式会社アンチエイジング・プロ COO/順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

日々、売れる商品(;顧客の成功)のことを考え、健康食品サプリメントの機能性原料開発やOME製造を行っています。