タイトルは、原料が売れるために非常に重要なポイントである。今回は、我ながら上手く書けた記事だと思う(笑)

原料が売れる先には、商品が売れるというミッションが必ず存在する!
そのミッションを意識せずに原料販売を行っても、成功はない!


オンリーワンではない添加物系の原料は、商品が売れることを求めると、どうしてもコスト合戦に行き着いてしまう。
だから、私は、力を注ぐことはない。

一方、エキス系の原料は、粗原料、製造方法、研究開発やクリエイティブ開発で様々な展開ができる。
オンリーワンの要素をどれだけ作れるか?がポイントです。

実際問題、商品の売り方が見えないと、原料の正しい売り方も理解できないだろう。
それは、お客と向き合っていないからだ。

原料の営業マンは、採用した際のメリットを顧客にイメージさせなければならない!

たまに、原料を使用することで得られるメリットを紹介せず形式的にプレゼンし、その後、単に買ってほしいしか言わない営業マンもいるが、そんな営業マンには二度と会うことはないだろう。どんなに良い原料でも、買いたくなくなる。

優れた原料の営業マンは、お客と向き合い、ニーズ情報を引き出しつつ、必ず顧客を通して売り方や魅せ方を学んでいる。その学びが営業マンの成約率の高いセールストークを生んでいく。
単に顧客のニーズを拾うだけでは不十分なのだと思う。得た情報を活かせて初めて、情報に価値が出ます。

極論、通販を勉強したければ、広告代理店さんやコンサルさんに学びにいけば良い。
某大手受託加工会社のクレイジー級のトップ営業マンは、九州電通に出入りしていた。まぁ、双方にメリットがあったのだろう。

そして、さらにその先がある。
顧客から得た情報やニーズを的確に原料開発へ反映させることができる会社ほど強い!

原料開発のデータ取りを取っても、いろいろなものがある。
有効性・安全性のデータ、差別化のデータ、クリエイティブ用のデータなど。
すべてのデータを取れれば良いのだが、開発予算などを考えると、優先順位の高いデータから取っていく必要がある。
また、データを取るために、どんな試験や検査を行えばよいのかが理解できないといけない。さらに、どんな方法で、どれくらいのコストがかかるかまで理解できるのが好ましい。

この健康食品・サプリメント業界、理系の技術営業マンや売り方(広告)がわかる営業マンが活躍しやすい理由は、ここにあるのだろう。
私の場合、通販事業に携わったり、広告代理店に所属できたのは、非常に幸運なことだったと思う。感謝だ。博士という人間、普通では、ありえない。

まぁ、経験がなくても、経験はできる。予算を決めてテスト的にでも自社商品を作って売ってみれば良い。今の時代、通販なんて、誰にだってトライできます。
それが学べるものが一番多いだろう。
ただし、苦労しなければ学べない。苦労すればするほど学ぶものも多いだろう。

今でも、私がやってきていることでもあります。
いろいろなものが見えてきます。

予算は、少額でも良いと思います。
広告代理店からの営業をかわすのが大変だと思うが、通販のセミナーにたくさん出席してみるの一手だ。
まずは、トライしてみるべきだと思う。

一方、部下にさせるだけでは、あまり意味がない。自分で通販なんてやったことないのに、担当者に丸投げで成果だけを望む経営者がよくいる。自分で苦労しようとしないケース。それは、最悪なケースだと思う。