実は、先週・今程、ところどころで弊社サイトの修正を行いました。

売れ筋原料一覧ページに追記

まぁ、上記のように情報の追記だけでなく、ところどころの修正で、集客の方向性(;セグメント)を変更しました。

弊社の顧客が成功している理由や条件をより鮮明に表すようにしました。
弊社から見込み客へのメッセージを変えています。

今期の方針として、弊社は、自社原料や得意な原料を用いたOEMに特化していく道を選択していこうと考えています。
セグメントを強めることで、OEMの問い合わせ数は、意図的に減らそうと思います。

結局、先日紹介した弊社が与えることができるメリットや顧客の成功というものを考えると、自社原料を中心としたOEMに特化していくべきだろうと考えました。

OEM会社の成功条件:リピート率の高い商品の供給

なんだかんだで、それが成功への近道なんだろう。

実は、オンリーワンの原料であればあるほど、自社原料を用いたOEM供給→市場拡大→自社原料の供給量アップという正の循環を生むことがわかっています。

弊社の売上を見てみても、原料事業は安定的な微増、OEM事業は増加という状況が続いています。
今後も、同様な傾向が強まっていくだろう。

一早く原料採用してくれたOEM顧客がインフルエンサーマーケティングなどを行えば、必然的に市場は活発化する。
ちょうど今、まめ鉄がそういった状況だろう。

世界初の新原料なんて、そうそうない。
しかも、超有名大学発なんて、これからしばらく、出てこないだろう。

今後は、そういったマーケティングに注力していければと考えております。