この度は、ジオスゲニンの最新研究のご紹介です。
ジオスゲニンが長寿遺伝子の1つの伝達経路を媒介して軟骨代謝(アポトーシス阻害など)に影響を与え、変形性関節炎を防ぐという論文です。

ジオスゲニンの抗炎症の論文でもあり、アンチエイジング効果の論文でもあります。

以下のように、要旨も翻訳してみました。ざざっと翻訳しただけなので、細かい言い回しなどの間違えは、お許しください。
原文は、残念ながら中国語だったため、図表を眺めただけです。

--------------------------
タイトル:軟骨細胞の代謝における変形性関節炎に対するジオスゲニンのSIRT1シグナル伝達経路を媒介した効果
Sirtuin type 1 signaling pathway mediates the effect of diosgenin on chondrocyte metabolisms in osteoarthritis

要旨(翻訳:栗山)
変形性関節炎(OA)の病因におけるSIRT1シグナル伝達経路とジオスゲニン(Dgn)の関係性を明確にするため、軟骨細胞の代謝とミトコンドリアの酸化ストレスにおけるサーチュン遺伝子タイプ1;SIRT1伝達経路を調べた。
方法:OAのC57BL/6マウス(13.5~18.0g)モデルを用いた。軟骨細胞は、ランダムにOA群、Dgn+OA群、Dgn+Sirtinol(SIRT1経路遮断薬)+OA群、Sirtinol+OA群のに4群に分けた。そして、各群においてSIRT1、転写因子1(Ac-FOXO1)に関係したアセチル化、Baxタンパク質の発現をウェスタンブロット法で検出した。4群のミトコンドリアにおけるコハク酸脱水素酵素、シトクロムCオキシダーゼ、スーパーオキシドジスムターゼ(SOD)のおける変化を測定した。
結果:OA群と比較し、DgnはSIRT1発現レベルを有意に増加させ(P<0.05)、Ad-FOXO1とBaxタンパク質発現を減少させたが(P<0.05)、SDHとCOXタンパク質発現レベルとSOD含有量を増加させた(P<0.05)。しかし、OA+Dgn群と比較し、Sirtinolは、SIRT1発現を減少させ、Ac-FOXO1タンパク質とBaxタンパク質発現を増加させ、SDHとCOXタンパク質発現を減少させた(P<0.05)。結論:SIRT1シグナル伝達経路とOAは軟骨細胞のアポトーシスに密接に関連し、Dgnは、軟骨細胞のアポトーシスを阻害と軟骨におけるミトコンドリアの酸化ストレスキャパシティーを増加することでSIRT1シグナル伝達経路を活性化し、抗OAにおける保護的作用をもたらすのであろう。
--------------------------

まぁ、まだマウス実験の段階なので、次の段階でヒト臨床試験に進んでいかないと、この変形性関節炎への効果は、確定的ではないです。最適な摂取目安量も定かでない。
一方、過去のモニター試験(ジオスゲニンとして50mg摂取)で、抗炎症的な効果がアンケートで確認できているので、可能性はなくはないと思います。

でも、この報告を見ると、治療的な作用でなく、予防的な作用の方が強そうな感じがする。その場合、特別なマーカーで軟骨細胞の破壊を検証したりする必要があるだろう。

近年、中国でジオスゲニンの研究が進んでいます。
研究のレベルも高い。
漢方研究の延長だろう。

元々、中国という国は、不老長寿(不老不死);アンチエイジングに執着する国でもある。
歴代の皇帝など権力者達は、不老長寿(不老不死)を追い続けていた経緯を見れば、一目瞭然です。紀元前からプラセンタ;紫河車も利用していたくらいです。

山薬も中国最古の草学書 「神農本草経」にて

虚弱体質を補って早死にしない。胃腸の調子をよくし、暑さ寒さにも耐え、耳、目もよくし、長寿を保つことができる。

とされ、多くの漢方処方に利用されてきました。

そして、弊社の懐山芋抽出物:ジオパワー15の懐山芋も、最高峰の山薬山芋として周の時代から皇帝に献上され続けました。

結局、八角(スターアニス)はタミフルの出発原料になっていますし、山薬のジオスゲニンもホルモン剤の出発原料に用いられています。

今、漢方素材(生薬)の研究が中国で盛んになっています。本気で、科学のチカラで漢方素材の効果を解き明かそうとしています。
ジオスゲニンは、オートファジーという最先端の研究もなされています。ほんと、マルチな成分だ。
参考:オートファジー系成分:レスベラトロール・ジオスゲニン・フェリチン鉄

近い将来、アンチエイジング医学が進み、老化をコントロールできる日が来るのでしょう。ジオスゲニンを改良したとんでもない新薬ができるかもしれない。
今後、こういった研究結果に注目です!