先日、健康産業新聞でサケ由来機能性素材の特集がありました。

73B3422F-FB5A-493F-9531-0EF5E029ADDC

まぁ、弊社が一次代理店を行っているリナイスさんの広告が出ていたので、問い合わせもボチボチって感じです。

サケ鼻軟骨由来プロテオグリカン市場は、

大手企業 vs 中小企業

となりつつあります。

私の個人的見解ですが、大手さんは一部の化粧品では成功していても健康食品では成功していないと思います。
機能性表示食品も、さほど売れていないと思います。

ちなみに、中小企業は、上手く行っている会社と上手く行っていない会社に開きあります。上手く行っているところは、上手く行っている。その差の要因は、クリエイティブ力でしょう。必然的に、原料メーカーとの距離感も影響してくる。

化粧品でも、今後、決定的な差を生むクリエイティブが用意されているので、市場の勢力図は変化していくでしょう。

結局、大手さんが販売している商品に勝っていくには、差別化戦略が不可欠であり、その差別化ポイントをクリエイティブで明確に見せていく必要があります。

まぁ、大手さんの商品開発担当の多くは、自分で原料を探すのではなく、未だOEM会社さんの提案に頼り切りなところがあります。
そういった会社は、会社の大小に関わらず、ヒット商品を作れないでしょうね。
商品開発というものは、創造力が求められますからね。
だから、中小企業にもチャンスが残されている。

弊社としては、地道に中小企業を攻めつつ、育てていくしかないんだと思います。