突き技で、最も重要なポイントが、この2つの動画で紹介されています。





ステップイン時の後ろ足の寄せである。

ステップインしても、足幅を変えてはいけない。むしろ、寄せる。
ルフェーブル先生は、ワンツーの前にインする時も、しっかり寄せさせているのがわかる。

私は、前足の移動より後ろ足の寄せの方が速く、先に寄せられるイメージと表現して教えます。それくらいのイメージの方が、上手く寄せれます。

極当たり前にデモンストレーションしていますが、実は、言葉で表していない重要ポイントも示されています。

それは、ステップインのスピードです。

まぁ、当たり前のことと言えば当たり前のことであるが、意外に見落としがちの部分でもあります。一流選手は、意識しなくても自然にできてる。
できれば、浮かずに、滑るようにインできるとええかなぁと考えています。体が浮くと、良くない。

インするスピードが速くなければ、間合いに入れない。
このスピードが速くなれば、突きも速くなる。

カウンターも合わせにくい。
ちなみに、この足運びの応用で前足の蹴りも速くなる。

今の競技空手は、間合いが遠くなってるので、このステップインがとても重要になっている。

なので、すり足ステップダッシュは、徹底しなければならない。
できるだけ腰を落としたまま、できるだけ速く!!
そして、その前進するステップインのスピードを上げる練習方法を、実はさらりと的確に紹介しているのが、このDVDです。



紹介されているワンツーダッシュなどは、奥が深い。
あの内容だけでは、最重要ポイントは、わからないだろう。そこは、ノウハウとして、あえて詳しく紹介されていないのだろう。

研究すれば研究するほど面白いDVDだ。

このノウハウと、ルフェーブル先生のステップトレーニングは、本質は同じだ。
どちらにも、それぞれの良さがある。
上手く両方を行っていくのが理想なんだろう。

この記事の筆者:栗山 雄司 (博士)

kuri photoM2株式会社アンチエイジング・プロ COO/順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

日々、売れる商品(;顧客の成功)のことを考え、健康食品サプリメントの機能性原料開発やOME製造を行っています。