私のスマホ版の広告スペースに、葉酸のランキングサイトのバナーがでる。非常に気分が悪い。葉酸の記事を書いているためだろう。

自然派ママのための葉酸サプリランキング

ステルスマーケティング(Stealth Marketing)とは、消費者に宣伝と気づかれないように宣伝行為をすること。
まぁ、詐欺のようなもの。

一時、ペニーオークション問題で、ステルスマーケティングが問題視されたが、インターネット上では、未だステルスマーケティングが横行している。
ただ形を変えただけ。

そのステルスマーケティングの形の変え方の1つがランキングサイト!
今回は、その仕組みや手口を紹介します。年々、手口も巧妙になってきています。

まず、上記のランキングサイトを含め、ランキングサイトの購入ページへのボタンなどの上にスクロール(マウスのポインターを移動)していただければわかるのですが、基本、ランキングの上位の商品だけ、アフィリエトのタグが組み込まれています。

露骨にアフィリエイトのタグが貼られているものは、

バリューコマース:http://ck.jp.ap.valuecommerce.com/・・・
例:PCサイトのボクシングシューズ写真

A8:https://px.a8.net/・・・
例:



などと、アフィリエイトサービスのタグが組み込まれています。実際に、バナーなどをスクロールしていただくと、リンク先が表示されます。
(私は、本当に良いものしか紹介しないし、広告であることも明確にする。)

そして、ランキングサイトを経由して商品が購入されると、成果報酬がサイト運営者に振り込まれます。
要するに広告なんです。
だから、ステルスマーケティングに位置付けられる!

ランキングサイトの調査結果は、その目的の結果に導かれている。もしくは、すべて自作データ。比較されると都合の悪い商品は比較されない。

基本、ランキングサイトは利益目的であり、信じてはいけない!
確実に利益相反がある。
米国のように、広告であることを明記させるべきだと思う。

特定の上位ランキング商品にアフィリエトのタグが付いているようであれば、確信犯です。
そして、近年注意すべきは、妊活サプリランキングでも利用されている広告管理ツールを利用されているケース。

リンク先はhttps://ac.ebis.ne.jp/・・・と表示される。

このツールの特徴。

1. アフィリエイトサービスのドメインを隠せる
2. 広告主と直接契約して報酬や広告費を請求できる


どこを経由してどのように購入されたかがわかるので、広告管理しやすい、便利なツール。
一方、手数料が取られるアフィリエイトサービスを挟まないで、顧客と直接契約ができる。実際、成果報酬にしなくても、純広告として定額で顧客から広告費を受け取っても良いのです。

こういった広告管理ツールは、悪用されれば、ステルスマーケティングを隠すためのツールにもなりえます。

やはり、消費者を騙して儲ける手口は使うべきではないと思います。

一方、近年の消費者庁の動きを見ていると、ランキングサイトも、規制対象になってくると思います。消費者庁が見逃すはずない。

私は、こういった悪質な広告を見つけると、マメに通報している。AdWordsの以下の手順で。

AdWords に関する質問や苦情、意見→AdWords 広告についてのご意見から、苦情を出すようにしています。

広告がその他の AdWords ポリシーに違反している→ヘルスケア・医薬品→その他情報で薬機法に抵触する旨のコメント

あまりにも酷い場合、消費者庁の景品表示法違反被疑情報提供フォームを活用することもある。

きちんと成果も出始めています。
例えば、このサイト。
関節痛サプリ人気ランキング2018 | 本当に良い関節痛サプリ1位は?

Googleで「関節 サプリ」と検索すると、広告表示される。それも、このままのタイトルで。当然、アフィリエイトが用いられている。
関節痛という表現がされており、確実に薬機法に抵触する。ランキングサイトを経由した薬機法逃れの集客手法とも言えるだろう。
過去は、この中には、サプリメントも含まれていた。
通報後、アフィリエイトのタグが貼られていたサプリはなくなりました。

やはり、業界の適正化のためにも、健康食品に関わる人達みんなで通報していく必要があると思います。そうしなければ、健康食品市場は、信用されなくなってしまうでしょう。

意外に、こういった情報って紹介されない。
公開されると都合が悪い人がたくさんいるから。
でも、違法なことがされている訳だから、しっかり情報を発信していくべきだと思う。そして、こういった情報ほど、シェアして拡散されるべきだと思います。