1年半ぶりの本ブログガイド更新です。
市場は、大きく変動しています。その時その時で、伝えたいことの重要度が異なってきます。
そして、今回は、要点を絞り、コンパクトにいたしました。

また、本ブログの内容が乱雑になっているため、勝ち残る商品開発セオリーについては、弊社コンテンツサイト(初心者でもわかる健康食品OEM製造マニュアル内)に移動しています。

OEM製造って何?まずキャッチのフックを考えろ!製造決定後の販売準備

OEM製造を希望される方は、まずは、このフローを見ていただきたいです。セオリーの概要は、このページを見ていただければと思います。

完成している勝ち残る商品開発のセオリー
見えてきた機能性表示食品制度の本質

日々、詳細をフォローしていますが、言っていることの核は同じです。機能性表示食品も本質が見てきました。
勝ち残る商品作りのセオリーは不変の部分が多いためでしょう。

あとは、本ブログでいえば、勉強がてら、以下のページを読んでいただければと思います。

成熟期における適正原価率の変化と設定基準
私が頻繁に使う通販統計/マーケティング用語の説明
複合処方ノウハウ:商品設計者は演出家

暇があれば、弊社サイトの初心者でもわかる健康食品OEM製造マニュアルでも読んでいただければと思います。製造の局面毎のなかなか教えてもらいにく疑問点なども紹介されています。

人気サプリを斬る! 騙されない健康食品のシリーズだけでなく、以下のページは、本ブログでも良く読まれているページです。

規制緩和後の医療機関におけるサプリメント販売での注意点
レスベラトロール  トップシェアの原料メーカーですから・・・。
ジオスゲニン 特に研究紹介があるページ
葉酸  理系ママの読者多し!
実は2種類あるプロテオグリカン原料 ピンポイントに!

素材系は、当然でしょうね。
弊社は、クリニックや薬局の顧客も多いので、それは、医療機関向けサプリの記事などが影響しているのでしょうね。