近年、オートファジーという言葉をよく聞くようになりました。東京工業大学の大隈教授が2016年に受賞されたノーベル賞の研究分野でもあります。

オートファジー-ノーベル賞を受賞した大隅栄誉教授の研究とは

老化した細胞は人体にとって有害となります。細胞に備わるオートファジーと呼ばれる掃除(自食)機能により細胞に蓄積するダメージ源が消去されます。
(オートファジーとも密接な関係でもあるアポトーシスによって、細胞死という形でも処理されます。)
しかし、老人や疾患者は、オートファジーの機能効率が低下していることがわかっています。そのため、心臓発作や、炎症性疾患、ガン(悪性新生物)、アルツハイマー病など、疾患から回復する力が衰えるのだと考えられています。

加齢性の疾患とも密接です。すなわち、アンチエイジングとも非常に密接なのがオートファージ―だったりもします。

弊社が取り扱う原料も、アンチエイジングをテーマとしているため、オートファジーとは少なからず関係性があります。

レスベラトロール(赤ワインエキス末)
例えば、カロリー制限(摂取カロリーを20%制限)を行いながら、レスベラトロールを摂取するとオートファジーが促進する効果が動物実験で示されています。

Dutta D, Xu J, Dirain ML, Leeuwenburgh C. Calorie restriction combined with resveratrol induces autophagy and protects 26-month-old rat hearts from doxorubicin-induced toxicity. Free Radic Biol Med. 2014;74:252-62.

また、オートファジー活性化に、PPARα活性化やcAMPが関与することが報告され、レスベラトロールのcAMPを介するPPAR活性化と関連していると予想されてもいます。

Lee J.M., Wagner M., Xiao R., Kim KH., Feng D., Lazar M.A., Moore D.D.: Nutrient-sensing nuclear receptors coordinate autophagy. Nature. 2014;516(7529): 112–115.
20) Chen M.L., Yi L., Jin X., Liang X.Y., Zhou Y., Zhang T., Xie Q., Zhou X., Chang H., Fu Y.J., Zhu J.D., Zhang Q.Y., Mi M.T.: Resveratrol attenuates vascular endothelial inflammation by inducing autophagy through the cAMP signaling pathway. Autophagy. 2013;9(12): 2033-2045.


ジオスゲニン(ヤマイモ抽出物)

現在、中国では、ジオスゲニンのオートファジー活性化作用による疾患治療の可能性が模索されています。例えば、前立腺がん細胞を用いて、試験などが行われています。

Nie C, Zhou J, Qin X, Shi X, Zeng Q, Liu J, Yan S, Zhang L. Diosgenin‑induced autophagy and apoptosis in a human prostate cancer cell line. Mol Med Rep. 2016;14(5):4349-4359.

今後の研究の行方が非常に楽しみなのですが、お国柄を考えると、特許の面などで不安がやや生じます。国家戦略として進んでしまうと、手が出せなくなってしまいます。

フェリチン鉄(大豆抽出物)

食事から摂取された鉄は、貯蔵鉄であるフェリチン鉄として、脾臓や肝臓に蓄えられます。また、大豆由来のフェリチン鉄は、エンドサイトーシスによって体に取り込まれることがわかっています。
この貯蔵鉄であるフェリチン鉄は、必要に応じて、オートファジー機能によって鉄を放出され、体が利用できるようになります。

増田 太郎, 川端 浩:鉄代謝のキープレイヤー・フェリチンの鉄給源としての可能性について フェリチン鉄は「第三」の栄養鉄形態か?化学と生物 2017; 55(8) 514-517.

その他、スペルミジン・ビタミンDなど、様々な成分で研究が進められています。

2000年代前半からサーチュイン遺伝子活性化によるアンチエイジング効果が非常に注目を浴びましたが、今後、2010年代後半からは、オートファジー活性化作用によるアンチエイジング効果が注目されると考えております。

是非、オートファジーというキーワードに注目してみてください!

>> 続 オートファジーを増強する成分:EGCGやクルクミンなど