プロフィール
栗山雄司
博士(水産学) 46歳 富山県滑川市出身 現 東京海洋大学卒
(株)アンチエイジング・プロ COO
SloIron Inc. Derector / Technical Advisor
順天堂大学医学部 総合診療科 研究員
Y'sサイエンスクリニック広尾 顧問
クリニカメディカ東京 学術顧問

営業は天職、通販化粧品会社や広告代理店での所属経験がある異色のコンサルタント。OEMの営業もすることもあますが、基本、OEM事業の管理、原料営業、学術業務、研究開発、特許戦略、原料輸入仕入れなど幅広く行う。

どんな優先順位で仕事しているかは、以下ページを参照。



OEM事業では、勝ち残る商品開発を目指しています!
得意分野は、医療機関ルートと通販ルート。近年は、権威を利用したクロスセル商品に力を入れています。

弊社はレスベラトロールやジオスゲニンのトップ原料メーカー。原料レベルからのクリエティブ作成を特徴としており、様々なポジションから販売もサポート。また、原料を知り尽くしたOEM会社である強みから、体感型のサプリメントも供給。年間50商品を超える新商品を世に送り出す。

適切な業界育成(ゴミ商品撲滅)を目的に、支持し続けられる健康食品をテーマに騙されないための健康食品情報を発信!

ちなみに、週3でボクシング、週2で空手道と、大量のアミノ酸を飲みつつ練習に明け暮れる格闘技バカのおっさんでもある。ただし、ただ今、コロナの影響で自粛中・・・。

※現在、2院のクリニック・1社の原料研究開発のコンサルをさせていただいておりますが、通販のコンサルは、休止しております。

経歴詳細
東京水産大学(現 東京海洋大学)にて、海洋ゴミを中心とした海洋環境の研究し、博士号を取得。GCMSなどを用いて、微量分析なども行っていた。空き缶の賞味期限データと統計解析を用いて、東京湾海底におけるゴミの流入と除去について数値化した論文で、日本水産学会論文賞を受賞。

某大学の助手の話も来ていたが、一方、この業界に足を踏み込んでいたので、この業界で突き進むことを決心。

プラセンタ会社(化粧品が中心の通販・原料会社)→原料会社(輸入事業)→広告代理店(OEM事業、コンサル)を経て、今に至る。

プラセンタ会社では、通販事業にも絡み、独自ドメインを取得し、2003年に当時珍しいショッピングカートを設置していた。今でも使用されている古巣のブランドドメインは、私が取得したものである。
当時の上司が女性誌のキャラバンに連れまわし、同時に(社長と一緒に医者の相手をしながら)治験を業務も行ったのも、良い経験になっており、今の自分を作り上げています。

原料会社では、大手MLM会社向けの原料輸入事業に取り組む。いきなり海外に(メールだけでなく)電話するなどの濃い経験をした。
海外の最新の商品開発に触れることができ、多くを学べた。日本んと海外の規格基準の違いなども学べた。
一応、国内営業も行っており、某最大手サプリメント会社に4原料入れさせていただいた実績がある。

広告代理店は、通販を中心としていたので、レスポンス広告からアウトバウンドによるCRMまで一通り学んだ。人脈を活かして、(同期・部下に投げたが)広告やアウトバウンドの大口案件も取っていたりもした。
広告(クリエイティブ)と商品開発、アウトバウンドと商品開発、その連動の重要性を学んだ。

研究実績は以下ページを参照。



大学の研究実績と、弊社での研究実績の両方を記載してあります。
また、現在、以下のようなサイトの監修も行っています。

監修サイト:
健康食品OEM製造 情報局
レピールオーガニックスジャーナル
葉酸博士のサプリラボ

エビデンス重視で、情報発信し続けています!

現在の目標
・弊社の健康食品OEM製造の情報サイトを利便性の高いサイトへ成長させる!
 -素材の有効性を報告した論文が一発でわかる。
 -市場の最新トレンドがわかる。
 -売れる商品開発のノウハウを得れる。
・エビデンス型マーケティングで大きな収益を得る!
・もう一つ、博士号を取得する!



こんな止まると死んでしまうようなオヤジです。
人生、一生懸命に楽しんでいます。

この記事の筆者:栗山 雄司 (博士)

kuri photoM2株式会社アンチエイジング・プロ COO/順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

広告にも精通し、日々、売れる商品(;顧客の成功)のことを考え、健康食品サプリメントの機能性原料開発やOME製造を行っています。