この度は、競技空手の足さばき(歩法・運足)について。
空手は、多岐にわたる立ち方は、よくまとまっているのだが、足さばきが意外にまとまったページがなかったので。

剣道と空手の基本の構えは逆です。剣道は右足が前、空手は左足が前。近代、空手は、両方の構えを駆使するようになりました。
足さばきは、非常に似ています。

統一された用語など、空手の足さばきより、剣道の足さばきの方が的確に説明されている傾向があります。この度、剣道の足さばきの解説をベースに、空手の足さばきについて、まとめてみました。
参考:Web剣道(イラストは参考になります)

1. 歩み足
歩み足とは、日常の歩き方と同じです。空手の場合、追い突きの時に用いる他、近年では、スイッチ攻撃の時にも用いられます。
意外に、投げ技にも活用できる足さばきだったりもします。

ちなみに、私は、送り足で近づき逆半身で抑えてから、歩み足で移動しながら逆突きで極める際に利用しています。

2. 送り足/寄り足
移動する方向に対して、近いほうの足を先に動かします。例えば、左足が前の構えの場合、前に進む時は、左足(前足)を先に動かし、その後に右足(後足)を左足(前足)にひきつけます。空手でも、最も多く使う足さばきです。

レベルが高めですが、この動画の最初の部分で送り足が行われています。


多く使う理由は、間合いを詰めたり取ったりするための主たる足さばきだからです。

近年、競技空手では、四股立ちの真半身の構えが主流となりつつあります。左右の幅がないだけで、基本的な足さばきは同じです。

小学生の指導を行っていてわかること:
相手に攻撃が届かない子供達の多くは、この送り足の足さばきができていません。一方、剣道経験者の子供達は、この足さばきができ、かつ最初から逆構えなので、空手の試合でも短時間で勝てるようになりやすいです。

あと、弱小チームほどできていない。強くなるためには、送り足から始め、より多くの足さばきのマスターは必須。でも、過去の私も含め、多くの指導者は、灯台下暗しで気が付きにくいです。

3. 継ぎ足(寄せ足)
後足を前足近くまで引き付け、飛び込みます。送り足で近づかなくても、後足を引き付けることで勢いが付くので、遠間に高速の攻撃が可能です。

近年の空手では、状態をブラさず前足に隠したり、送り足の移動に隠して用いられています。後者は、送り足→継ぎ足というか、前後の足が歩幅を変えずに同時に移動するような感じです。世界チャンピオンの多くが活用している技術です。

ダグラス・ブロスの動画(21分過ぎ)が参考になります。


私は、男性より脚力が弱い女性や子供は、必須の足さばきだと考えています。

送り足の移動に隠して用いられる継ぎ足は、送り足の変形とも継の足の変形とも言えると思います。

その足さばきは、ヨーロピアン空手のベースになっており、フットワークの基礎トレーニングでも見られます。
前足と後足の幅を変えず前後にフットワークします。

ついでに、バックする時、反撃を速く行えるよう、やや猫足立ちになる。

勢いがついていて速いし、反撃も速いので待たれると厄介。
ヨーロピアン空手の怖いところ。

4. 開き足
身体を左右にさばく時に使います。開き足はスムーズに身体の向きを変えることができ、身体全体で相手の攻めをかわしたり、違った角度で相手を攻めるのに有効です。

柳生神影流等の古流剣術の体捌きを加えて創始されている和道流には、潰し・抑えの技術同様、体裁きの技法として多く存在する足さばきです。

西村誠司先生の動画には、開き足の足さばきも紹介されています。

西村拳選手のお父さんです。和道流。

その他の足さばき
空手には、足技(蹴りや足払い)があるため、剣道にない足さばきも存在します。
例えば、その場でのスウィッチです。
前後の足を同時に入れ替えます。
近年、国際化の影響もあり、様々な形でスウィッチする選手が増えて来たので、競技空手の攻撃バリエーションも多彩になってきています。
今や、刻み突きの後に安全ゾーンを確保するためスウィッチする時代ですからね。スウィッチは、勝っていくために不可欠な足さばきです。

また、近年、、両足で蹴って飛び込み、後足の着地と同時に蹴る、跳ぶようなスライド回し蹴りの技術が一般化し始めています。
松濤館流の騎馬立ちからの横蹴りがベースになっていると考えています。交差立ちの時間が極端に短い動きです。
名前はないと思いますが、蹴りに特化した足さばきです。

これも空手(競技空手)特有の足さばきかな?と思う特殊な足さばきもあります。
前足の回し蹴りなどに用いられる軸足の回転によるスライド移動です。
間を詰めながらのフェイントとして、用いられる場合もあります。

上記2つの足さばきは、蹴りのポイントが大きくなり、前足の蹴りが多用されるようになったため、進化して生まれた足さばきなのかもしれません。

競技空手では、これら足さばきが主に活用され、近年は、足さばきも進化し、送り足に継ぎ足を隠す足さばきが中心になりつつあると思います。
ボクシングに近い部分も存在します。

私は、(平行立ちに近い)真半身の構えと継ぎ足を20年前の大学生時代から活用しており、手は短いけど遠間から攻撃できたので、試合を有利に進めることができておりました。それが常識となりつつある今、嬉しい反面、非常に困るなぁと思っていたりもしています。