以前より使いたくてもなかなか使えなかった乳酸菌が利用できるようになりました♪ 嬉しい!
某原料メーカーさんが取り扱いを開始されたおかげです。ヒト臨床試験データもあり、機能性表示食品化の可能性も秘めている。そして、死菌なので使いやすい。

さて、論文は、ある程度、集めた。
あとは、どう売っていくかだ!
ここからが重要。

アンチエイジング乳酸菌というクリエイティブでは、本質は伝わるのですが、販売には適していないです。
関連法規もパスしてキャッチーでフックとなるクリエイティブを創造することが課題です。
結局、新規原料は、この壁を如何に突破するかが重要となります。

また、体感が出やすい組み合わせも考えないと!
やっぱり、単味だと面白みに欠ける。
この乳酸菌の特徴を活かすような組み合わせが必要だと思います。

イメージ素材の主材の力を借りて、副材として利用するのも一手だと思います。

ベタに考えると、私なら、肌保湿のデータがあるプレ・ヒアルロン酸;アセチルグルコサミンと合わせて、甘く美味しく作っても良いと考えています。

できれば、この原料は、弊社の汎用原料にしたい!
頑張って提案しないと!